About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

革新性をテーマにした
Adobe MAX 2007が開催


Adobe AIR技術を採用した新たなデスクトップアプリケーションや
新バージョンのAdobe Media Playerを披露


【2007年10月2日】


米国イリノイ州シカゴ発(2007年10月1日)Adobe Systems Incorporated(NASDAQ:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、デベロッパーとデザイナーを対象とした同社最大のイベントであるAdobe® MAXにおいて、リッチインターネットアプリケーション(RIA)技術を活用して構築された次世代のアプリケーションや、ホステッドソフトウェアサービスの展示を行います。Adobe MAX 2007では、世界中のさまざまな業界の先進企業から、新しいAdobe AIR™技術による最新アプリケーションの発表、大手放送局やコンテンツプロバイダーとのコラボレーションによるAdobe Media Playerを通じた高品質ビデオの提供、新しいホステッドサービスの発表など、アドビ システムズ社のRIA技術に対する業界からの意気込みを反映した数々の展示が行われます。

アドビ システムズ社のプラットフォーム事業部担当シニア バイスプレジデント兼チーフ ソフトウェア アーキテクトであるケビン リンチ(Kevin Lynch)は、「MAXは、デザイナーやデベロッパーによる活発なコミュニティが集まって業界の専門家に出会い、最新のテクニックや最先端技術に触れ、また互いに刺激を与えることによって創造力を極限まで高めるイベントです。MAXは年を追う毎に規模が拡大しています。アドビ システムズ社は、Adobe AIRをこの方向性を導く技術として位置付け、お客様やパートナーがWebとデスクトップアプリケーションの再構築を行なう際に活用できる、独自の価値提案を行っていきます」と述べています。

画期的なアプリケーションを実現するアドビ システムズ社のRIA技術
アドビ システムズ社は、企業がWebからデスクトップ、携帯機器にいたるまで、リッチで魅力ある体験の開発と提供を可能にする、Adobe Flex、Adobe AIR、Adobe Flash® Playerなどの包括的なRIAプラットフォームによって業界をリードしています。Anthropologie、AOL、Business Objects、eBay、NASDAQ、Nickelodeon’s Nick.com、PayPal、Philips Lighting、QVC、salesforce.com、SAP AG、Yahoo!などの業界における先進企業は、Adobe AIRを利用して次世代のデスクトップ体験を構築しています。これらのアプリケーションは、Adobe MAX 2007で展示される予定です(本日発表の別リリースをご覧ください)。

また、アドビ システムズ社はAdobe AIRによる同社初のアプリケーションであり、複数のソースからのフィードをひとつにまとめ、ビデオコンテンツに対する視聴者によるコントロール機能をさらに強化し、オンラインとオフラインの両方でお気に入りの番組を楽しむことができるAdobe Media Playerのプレリリース版の提供も開始します(別途リリースをご覧ください)。エミー賞を受賞したAdobe Flash技術を活用したAdobe Media Playerは、主要な放送局やCBS、PBS、Yahoo! VideoなどWebビデオのプロバイダーから配信されるコンテンツを楽しむことができ、カスタマイズされたビデオの視聴やお気に入りの番組の管理が可能となります。アドビ システムズ社はユーザからWebで最も普及した動画フォーマットであるAdobe Flash Playerに対応した動画コンテンツについて強い要望を得ており、Adobe Media Playerは、その要望を踏まえブラウザの外でも再生可能な機能も実現しています。

アドビ システムズ社はまた、Webアプリケーションとして提供される画期的なワードプロセッサであるBuzzwordを保有するVirtual Ubiquity社を買収する最終合意書に調印したと発表しました。BuzzwordはAdobe Flexで構築されAdobe Flash Player上で動作し、かつ、まもなく発表されるAdobe AIRを活用した、複数の作成者がいつでもどこからでも文書の編集やコメントの挿入ができるコラボレーション機能を内蔵した洗練されたワードプロセッサです(本日発表の別リリースをご覧ください)。このアプリケーションはAdobe AIR上でも動作するため、オンラインかオフラインかを問わず、サーバにホストされた文書とローカルに保存された文書のどちらも扱うことが可能になります。

次世代RIAを構築するための新しいデベロッパー、デザイナー向けリソースを提供
アドビ システムズ社は、Web、デスクトップ、携帯機器で、リッチで魅力ある体験を提供するデベロッパーやデザイナーを対象に、2つの新しいWebサイト「Adobe Developer Connection」と「Adobe AIR Marketplace」を発表しました。「Adobe Developer Connection」( http://www.adobe.com/go/adc )は、デベロッパーやデザイナーがコミュニティと関わり、アイデアを交換し、最新技術を学ぶための無料のポータルサイトです。「Adobe AIR Marketplace」( http://www.adobe.com/go/marketplace )は、デベロッパーがAdobe AIRアプリケーションの公開やプロモーションを行うことのできるWebサイトです。

アドビ システムズ社は、RIAデベロッパーが音声やコラボレーション、画像処理、文書のやり取りに活用できる新たなホステッドサービス構想も発表しました。この新しいプロジェクトは、既存のWebアプリケーションにリアルタイムのコミュニケーション機能を、迅速かつ簡単に組み込むための新たな方法、RIAへのAdobe Acrobat® Connect™コンポーネントの簡単な組み込みを可能とする新しいコラボレーションAPI、動的な画像処理に対応した、カスタムRIAの開発が可能なAdobe Scene7オープンAPI、人々が文書をオンラインで共有、パブリッシュ、管理できる新しいファイル共有サービスをデベロッパーに提供するものです。

Adobe AIRランタイムのベータ版、Adobe AIR SDK、Adobe Flex Builder 3、Adobe Flex 3 SDKは本日から提供が開始されます。パブリックベータ版は無償でhttp://labs.adobe.com/からダウンロード可能です。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。