About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

大手TV局とコンテンツプロバイダが、
Adobe Media Playerを利用したコンテンツ配信を開始


Adobe AIRアプリケーションを通じて、世界の視聴者に高品質なビデオを提供


【2007年10月2日】


米国イリノイ州シカゴ発(2007年10月1日)Adobe Systems Incorporated(NASDAQ:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、CBS、PBS、Yahoo! Video、Meredith、Blip.tv、Fora.tv、Motionbox、MyToons、StimTVなどの大手TV放送局やコンテンツプロバイダがアドビ システムズ社と協業し、最新のAdobe® Media Playerを利用したビデオコンテンツの配信を行うと発表しました。Adobe Media Playerは、リッチインターネットアプリケーション(RIA)をデスクトップに拡大する、異なるOSのアプリケーションランタイムであるAdobe AIR™を基盤に構築された初のアプリケーションです。エミー賞を受賞したFlash®技術を利用することにより、視聴者はこれらのTV放送局が放映する番組やWebビデオプロバイダーが配信するコンテンツを楽しめるようになります。オンラインとオフラインの両方で好きな番組を視聴でき、カスタマイズされた魅力的なビデオ体験が可能になります。

アドビ システムズ社ダイナミックメディア部門のバイスプレジデントであるジム ジェラルド(Jim Guerard)は、「リッチでインタラクティブなWebビデオ体験の先駆者であるアドビ システムズ社は、次世代のビデオ配信技術と、テレビとインターネットの融合を推進してきました。Adobe Media Playerによって、当社はコンテンツプロバイダとのコラボレーションが可能となると同時に、コンテンツプロバイダに対しては、ストリーミングとダウンロードの両方が可能な高品質なビデオコンテンツを制作、配信し、利益を得るための新たな方法を提供することができます。アドビ システムズ社と、有力なメディア企業やエンターテインメント企業との協業は、視聴者にとっても、いつでもどこでも番組を視聴できる自由度が広がることを意味しています」と述べています。

柔軟なコンテンツ配布
Adobe Media Playerはハードウェアへの負担が少ないデスクトップアプリケーションとして、視聴者とコンテンツ管理者の両方に役立つ新機能を実装しています。視聴者はオンラインでコンテンツを見たり、ビデオをダウンロードしてオフライン環境で視聴したりすることができます。また、フルスクリーンでの再生も可能です。優れたサブスクリプション機能を備えているため、好きな番組やポッドキャストの視聴契約も簡単に行え、その後は新しいエピソードが追加されるたびに自動で受信できます。Adobe Media Playerは、RSSやSMILを含むオープンスタンダードに基づくクロスプラットフォームに対応しているため、ブラウザに依存しないビデオフォーマットとしてWebで最も人気の高いAdobe Flash Playerに対応したビデオ再生にも最適です。

PBS社のインタラクティブ部門のシニアバイスプレジデントであるジェイソン セイケン(Jason Seiken)氏は「アドビ システムズ社と協力し、Adobe Media Playerを通じて、文化、科学、歴史、ニュース、公共問題などの分野における受賞番組から、さまざまなコンテンツをデスクトップ向けに提供できることを楽しみにしています。最新の教育コンテンツをよりと多くの人に視聴してもらうことは、PBSの非常に大切な使命と考えています」と述べています。

Yahoo! Videoのジェネラルマネージャーであるマイク フォルナー(Mike Folgner)氏は、「Adobe Media Playerを使ってYahoo! Videoの人気ビデオフィードを提供すれば、視聴者はこれらのビデオを好きなときに視聴できるようになります。しかも、Yahoo!ブランドに沿った一貫性のあるサービスを提供することが可能です」と述べています。

ビジネス、ブランド、ビデオコンテンツの構築に向けた新機能
Adobe Media Playerによって、コンテンツプロバイダは、新しい方法による動画配信と、効果測定、および動画コンテンツを核としたビジネスの構築が可能になります。視聴者を重視した、躍動感ある広告を含むビジネスおよびブランド構築の幅が広がり、ブランドやビデオコンテンツのテーマに合わせてソフトウェアの外観をカスタマイズすることも可能です。また、高度な手法による視聴状況のデータ測定、ストリーミングの暗号化、コンテンツの整合性の維持、IDによる保護を含むコンテンツ保護オプションも提供されています。

提供開始時期と価格について
Adobe Media Playerのベータ版は現在、Adobe LabsのWebサイトhttp://labs.adobe.comから無償でダウンロード可能です。Windows®版とMacintosh®版が提供され、言語は英語版のみでの提供です。最終版の提供は2008年初めに開始される予定です。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。