About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

NTTドコモとノキアの新しい携帯電話端末に
Adobe Flash Lite 3が採用


Flash Videoの視聴をはじめ、
よりリッチなコンテンツやアプリケーションの操作が実現


【2007年10月31日】


アアドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ(Garrett J. Ilg)以下、アドビ システムズ)は本日、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、NTTドコモ)と、ノキア・コーポレーション(以下、ノキア)から新たに提供される携帯電話端末に、携帯端末向けに特別に開発されたAdobe® Flash® PlayerであるAdobe Flash Lite™ 3が採用されたと発表しました。

Flash Lite 3が搭載されたことにより、ユーザはAdobe Flashの動画フォーマットであるFlash Videoの視聴や、Flashが使用されているWebサイトの閲覧をはじめ、魅力あるインターフェイスや携帯端末向け情報および、アプリケーションのダウンロードや操作が行えるようになります。また、Flash Videoの再生機能はReal Time Messaging Protocol(RTMP)経由でAdobe Flash Media Serverからストリーミングされるビデオはもちろん、Webサイト上のプログレッシブダウンロードにも対応しています。これにより、携帯端末メーカーや通信事業者、コンテンツプロバイダは、新しいビジネスモデルとして製品やサービスの差別化が可能になります。

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの執行役員プロダクト&サービス本部マルチメディアサービス部長である夏野 剛氏は、「NTTドコモでは世界で最初にFlash Lite 3に対応した携帯端末を出荷することで、アドビ システムズ社との協力を継続できることを嬉しく思っています。NTTドコモでは、よりリッチで魅力的なモバイル アプリケーションをお客様に提供することで、当社のサービスをさらに差別化できるものと期待しています」と述べています。

アドビ システムズ社はFlashのオーサリングツールやFlash Liteランタイム、さらに100万人を超えるデザイナや開発者によるコミュニティなど、Flashの強力なエコシステムを有していることから、Flash Liteは競合ソリューションと比較して大幅な実装コストの削減が可能となり、実装までにかかる時間を最速で5分の1に短縮することが可能になりました。携帯端末および家電製品向けのFlashに関する詳しい情報は、 http://www.adobe.com/jp/products/mobile/ をご覧ください。

アドビ システムズ 株式会社では、アドビ システムズを含めIT関連企業の合計8チームのフットサルチームが参加する「Adobe MAX Cup 2007」を主催しています。11月1日(木)に行なわれるAdobe MAX Japan 2007の会場では、同日開催されるAdobe MAX Cup 2007決勝戦の模様が、株式会社Jストリームの技術協力のもと、Adobe Flash Media Serverによってライブストリーミング配信される予定です。このライブストリーミング配信は、PCでの視聴と同時にFlash Lite 3を搭載したノキアの携帯電話端末でも視聴することが可能です。なお、Flash Lite 3を搭載した携帯電話端末向けのライブストリーミング配信は、日本初となります。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jp に掲載されています。