About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

アドビ システムズ社、PDFによるコミュニケーションを革新するAdobe Acrobat 9を発表

PDFポートフォリオ、Flash Videoのネイティブサポートやリアルタイムコラボレーション機能で、
多様な情報の効果的な共有を実現

【2008年6月3日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2008 年6月2日)Adobe Systems Incorporated(NASDAQ: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、電子文書の作成と共有プロセスを革新し、PDFによる全く新しいコミュニケーション方法を実現する「Adobe® Acrobat® 9」(アドビ アクロバット ナイン)を発表しました。Acrobat 9には、リッチメディアを含むさまざまな種類のコンテンツを、ひとつのコンパクトなPDFポートフォリオに統合できる機能や、Adobe Flash®のネイティブサポート、Adobe PDF文書をリアルタイムに共有できるサービスへのアクセスなど、数多くの新機能を搭載するとともにさまざまな機能強化が図られています。

Adobe Acrobat 9 日本語版は、2008年7月上旬より、アドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて提供が開始されます。「Adobe Reader 9」(アドビ リーダー ナイン)日本語版は、7月上旬よりアドビ システムズ社のWebサイトから無償でダウンロード提供されます。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

Acrobat 9には、文書やビデオ、音声、3次元データなど、さまざまな種類のコンテンツをひとつのコンパクトなPDFポートフォリオに統合する新機能が搭載されました。表現力豊かでインパクトのあるテンプレートが用意されているため、ユーザはコンテンツの統合やナビゲーションの設定を短時間で行うことができ、洗練されたPDFポートフォリオを作成できます。また、用途に応じてロゴ、色彩、画像や連絡先情報などをレイアウトすることで、簡単に独自のテンプレートを作ることができるため、説得力のある提案資料、法務文書、製品カタログなどを作成することができます。

Adobe Acrobat 9ではAdobe Flash技術がサポートされ、Adobe PDF文書に埋め込まれたFlash Videoをユーザーの環境に依存せずに再生することが可能です。Adobe PDFに埋め込まれたコンテンツは、無償のAdobe Reader® 9さえあれば閲覧が可能であり、静的な文書もダイナミックなコミュニケーションコンテンツとして活用できるようになります。

また、Acrobat 9ではAdobe PDF文書のリアルタイムコラボレーション機能が搭載されています。この機能は、アドビ システムズ社が無償パブリックベータ版として本日発表した新たなホステッドサービス「Acrobat.com」を使用した機能です。例えば、Acrobat 9を使って契約文書を顧客に送付した場合、送り手と受領者がAcrobat.comにアクセスすれば、リアルタイムに文書の表示を同期させることができます。送り手と受領者が同じ画面を見ることができるので、効率的な議論を進めることが可能になります。

また、Acrobat 9では、Acrobat.comを通じてファイルの保存や共有、PDFフォームを利用したデータ収集や処理ができるほか、共有文書レビューでコメントを収集することもできます。

Adobe Acrobat 9製品ファミリーは、新たなラインナップとして加わったAcrobat Pro Extended(Windows®版)、Acrobat 9 Pro(Windows版/Macintosh®版)そしてAcrobat 9 Standard(Windows版)から構成されています。Acrobat 9製品ファミリーの最上位機種であるAcrobat 9 Pro Extendedには、Adobe Presenterが同梱されたことから、e-ラーニングコンテンツや、Microsoft® PowerPointプレゼンテーションからマルチメディアを含むPDFファイルとして簡単に変換することが可能になりました。

アドビ システムズ社のビジネスプロダクティビティ ビジネスユニット担当のシニアバイスプレジデントであるロブ ターコフ(Rob Tarkoff)は、「職場におけるコミュニケーションやコラボレーション改善への取り組みは日々その重要性を増しています。企業や組織が抱える課題を克服して、メッセージをより効果的に伝える方法は、かつてないほどに重要視されています。Adobe Acrobat 9は、これらの企業や組織、そしてチームが抱える課題に対するソリューションであり、電子文書を用いたコミュニケーションとコラボレーション方法を根本から革新します」と述べています。

株式会社 情報システムエンジニアリング 代表取締役 黒田 聡氏は、「Acrobat 9では、以前のバージョンよりもWebページからPDFへの変換精度が向上したので、この機能はWebコンテンツのチェック作業にも応用することができます。また、新機能であるPDFポートフォリオは、PDFの活用に新しい可能性を提供します。画面上でページをめくるというPDFの閲覧方法に、“見栄えのよいPDFを楽しみながら閲覧する”という新しい形態の提案につなげることができます。FlashコンテンツもAdobe Readerで閲覧できるようになったことで、e-ラーニング教材など動的要素を持ったコンテンツへの展開が期待できます。既存のテンプレートに加えてユーザがカスタマイズした形式を使えるようになっているので、創作物としてのオリジナリティを強化できることも魅力です」と述べています。

大日本印刷株式会社 情報コミュニケーション研究開発センター 副センター長 五味 英隆氏は「当社は、製造業を中心としたお客様に三次元CGデータ(3D)を活用したPDFドキュメントのソリューションを提供しています。製造業では製品の機能の高度化により、そのコンセプトや機能、使い方をわかりやすく伝達するニーズが高まっています。グローバル化が進む中、海外を含む子会社や関連企業に対しても、同様の課題解決が望まれています。Acrobat 9 Pro Extendedでは、3Dやビデオ、音声を簡単にPDFに取り込めるだけでなく、Adobe Readerさえあれば誰とでも共有できるという点で、グローバル化が進む環境でのコミュニケーション向上に貢献できます。プロジェクトを進める場合には、画像、図面、表計算データなど、様々なフォーマットのドキュメントを交換するケースが多く、その管理が課題になっています。PDFポートフォリオを活用すれば、さまざまなデータやコメントを直感的に、交換できるようになるため、より効率的にプロジェクト推進が可能になります。広く普及しているAcrobatを活用してドキュメントを交換することで、情報コミュニケーションが円滑に進められるものと期待しています」と述べています。

協和発酵工業株式会社 医薬研究開発本部開発推進部 都丸 淳之氏は「有効で安全な医薬品を患者様に提供する社会的使命を担う製薬産業では、医薬品の承認審査に必要な文書数は数百件あり、それらは数万ページに及びます。製薬産業は、文書に依存している産業の代表格であり、日々、多くの証明データを文書として蓄積しています。電子申請の規格でPDFの利用が義務化されていることからも、製薬産業はAcrobatに高い信頼感を持ち、絶大な期待があります。医薬品承認後の情報公開資料作成時に一部の情報を恒久的に削除する墨消し機能は非常に有効です。Acrobat 9でさらに強化されたレビュー機能は特筆に値します。単一の文書上にチームメンバーが電子的にチェック・コメントでき、参照しあうことができる共有レビューでは、今回から期限を変更したり、レビューを終了できるため、進捗管理を行いやすくなりました」と述べています。

アドビストア提供価格(送料別)
Adobe Acrobat 9 Pro Extended日本語版(Windows版)
■ 通常版 89,565円(本体価格 85,300円)
■ 特別提供版/アップグレード版※1 29,400円(本体価格 28,000円)
■ アカデミック版 29,400円(本体価格 28,000円)
※ 1 特別提供版の対象ユーザは、Acrobat 6.0 Professional、Acrobat 7.0 Professional、Acrobat 8 Professional、Acrobat 9 Pro日本語版の正規登録ユーザです。アップグレード版の対象ユーザは、
Acrobat 3D、Acrobat 3D Version 8日本語版の正規登録ユーザです。

Adobe Acrobat 9 Pro日本語版(Windows版 / Macintosh版)
■ 通常版 57,540円(本体価格 54,800円)
■ 特別提供版/アップグレード版※2 21,735円(本体価格 20,700円)
■ アカデミック版 21,735円(本体価格 20,700円)
※ 2 特別提供版の対象ユーザは、Acrobat 6.0 Standard、Acrobat 7.0 Standard、Acrobat 8 Standard、 Acrobat 9 Standard日本語版(Acrobat 8および9はWindows版のみ)の正規登録ユーザです。
アップグレード版の対象ユーザは、Acrobat 6.0 Professional、Acrobat 7.0 Professional、
Acrobat 8 Professional日本語版の正規登録ユーザです。

Adobe Acrobat 9 Standard 日本語版(Windows版)
■ 通常版 36,540円(本体価格 34,800円)
■アップグレード版※3 13,125円(本体価格 12,500円)
※ 3 アップグレード版の対象ユーザは、Acrobat 6.0 Standard、Acrobat 7.0 Standard、Acrobat 8 Standard日 本語版の正規登録ユーザです。

必要システム構成
Adobe Acrobat 9 Pro Extended日本語版
Windows版

  • 1.3GHz以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft® Windows XP (Service Pack 2または3、32bit版および64bit版)Home、Professional、Tablet PC Edition日本語版、Windows Server® 2003 (Service Pack 2、64bitバージョン) 日本語版、Windows Vista® (Service Pack 1適用または非適用、32bit版および64bit版) Home Basic、Home Premium、Business、Ultimate、またはEnterprise 日本語版
  • Internet Explorer 6.0
  • 512MB以上のRAM
  • 2.06GB以上の空き容量のあるハードディスク
  • 1,024x768以上の解像度をサポートするディスプレイ
  • DVD-ROMドライブ
  • ビデオハードウェアアクセラレーション(オプション)

Adobe Acrobat 9 Pro日本語版
Windows版

  • 1.3GHz以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft Windows XP (Service Pack 2または3、32bit版および64bit版) Home、Professional、Tablet PC Edition日本語版、Windows Server 2003 (Service Pack 2、64bitバージョン) 日本語版、Windows Vista (Service Pack 1適用または非適用、32bit版および64bit版) Home Basic、Home Premium、Business、Ultimate、またはEnterprise 日本語版
  • Internet Explorer 6.0
  • 256MB以上のRAM (512MB以上を推奨)
  • 1.77GB以上の空き容量のあるハードディスク
  • 1,024x768以上の解像度をサポートするディスプレイ
  • DVD-ROMドライブ
  • ビデオハードウェアアクセラレーション(オプション)
  • ライセンス認証用にインターネット接続環境

Macintosh版

  • PowerPC® G4、G5、またはインテル®プロセッサ
  • Mac OS® X v.10.4.11または10.5 日本語版
  • 256MB以上のRAM(512MB以上を推奨)
  • 1.19GB以上の空き容量のあるハードディスク
  • 1,024×768以上の解像度をサポートするディスプレイ
  • DVD-ROMドライブ
  • ライセンス認証用にインターネット接続環境

Adobe Acrobat 9 Standard日本語版
Windows版

  • 1.3GHz以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft Windows XP (Service Pack 2または3、32bit版および64bit版) Home、Professional、Tablet PC Edition日本語版、Windows Server 2003 (Service Pack 2、64bitバージョン) 日本語版、Windows Vista (Service Pack 1適用または非適用、32bit版および64bit版) Home Basic、Home Premium、Business、Ultimate、またはEnterprise 日本語版
  • Internet Explorer 6.0
  • 256MB以上のRAM (512MB以上を推奨)
  • 830MB以上の空き容量のあるハードディスク
  • 1,024×768以上の解像度をサポートするディスプレイ
  • DVD-ROMドライブ
  • ビデオハードウェアアクセラレーション(オプション)

Adobe Reader 9日本語版
Windows版

  • 1.3GHz以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft Windows 2000 (Service Pack 4), Windows XP (Service Pack 2または3、32bit版および64bit版) Home、Professional、Tablet PC Edition 日本語版、Windows Server 2003 (Service Pack 2、64bitバージョン) 日本語版、Windows Vista (Service Pack 1適用または非適用、32bit版および64bit版) Home Basic、Home Premium、Business、Ultimate、またはEnterprise 日本語版
  • 128MB以上のRAM (256MB以上を推奨)
  • 170MB以上の空き容量のあるハードディスク
  • ファイルキャッシュ (推奨) 用に追加で145MB以上の空き容量が必要
  • 800x600以上の解像度をサポートするディスプレイ(1,024x768以上を推奨)
  • Internet Explorer 6.0, Internet Explorer 7.0, Firefox 1.5, Mozilla 1.7
  • ビデオハードウェアアクセラレーション (オプション)
  • ライセンス認証用にインターネット接続環境

Macintosh版

  • PowerPC G4、G5、またはインテルプロセッサ
  • Mac OS X v.10.4.11または10.5 日本語版
  • 128MB以上のRAM (256MB以上を推奨)
  • 200MB以上の空き容量のあるハードディスク
  • 800x600以上の解像度をサポートするディスプレイ(1,024x768以上を推奨)

Acrobat 9製品ファミリーに関する詳細情報については以下のWeb サイトをご参照ください。
http://www.adobe.com/acrobat

■ アドビ システムズについて
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jp に掲載されています。