About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

Adobe Acrobat 9製品ファミリーの国内提供を開始

PDFポートフォリオ、リアルタイムコラボレーション機能、
Flashのネイティブサポートに対して市場から高い評価を獲得

【2008年7月10日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ、以下アドビ システムズ)は本日、電子文書の作成と共有プロセスを革新する「Adobe® Acrobat® 9」(アドビ アクロバット ナイン)日本語版の国内での提供を2008年7月11日(金)から開始すると発表しました。Acrobat 9が提供する革新性によって、企業や個人は魅力的で効果的なコミュニケーションが可能となります。Acrobat 9には、Adobe Flash®のネイティブサポート、リッチメディアを含むさまざまな種類のコンテンツを、ひとつのコンパクトなPDFポートフォリオに統合できる機能、チームメンバーとAdobe PDF文書をリアルタイムに共有できるサービスなど、さまざまな新機能が搭載されています。

Adobe Acrobat 9 日本語版は、先行して提供が開始されているアドビストア、ならびに2008年7月11日(金)からは、全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて提供が開始されます。「Adobe Reader® 9」(アドビ リーダー ナイン)日本語版は、7 月2 日(火)よりアドビ システムズ社のWeb サイトから無償でダウンロード提供が開始されています。

世界最大級の建築プロジェクトの管理企業であるヒル インターナショナル社のプロジェクト管理システム兼開発担当ディレクターであるショーン プレスリー(Shawn Pressley)氏は、「迅速で信頼性の高いコミュニケーションは当社のプロジェクトの成功に不可欠な要素です。さまざまな種類のコンテンツをサポートし、コラボレーション機能も向上したAcrobat 9を活用することで、必要に応じていつでもどこからでも、正確な情報を適切な人に提供することが可能です。提案書、画像、CADモデルや、Flashコンテンツなどを、ひとつのPDFポートフォリオに統合することができるため、国内の関係者のみならず世界に広がるチームメンバーが必要とする情報を、確実に伝達することが可能です」と述べています。

Acrobat 9は現在のビジネス環境において求められる、世界中に広がるチームメンバー、パートナーや顧客との説得力のあるコミュニケーション実現するソリューションです。印刷業界、製造業界、金融サービス、政府機関、法務部門における先進企業、組織である大日本印刷株式会社、協和発酵工業株式会社、アリアンツ社、EDS社、伊クレモナ裁判所、ペンギン グループは、Acrobat 9を高く評価しています。

Acrobat 9は、Adobe Flash技術をネイティブサポートしたことにより、Flash Videoコンテンツや、FlashアプリケーションファイルをPDF文書に埋め込むことができます。例えば、マーケティング担当者はAcrobat 9を利用して、マルチメディアコンテンツが含まれるWebページをPDF文書に変換することが可能です。また、無償のAdobe Reader 9を使用してチームメンバーとのPDF文書や注釈コメントの共有が可能となりました。前バージョンと比較して起動時間が半分になりました。

Acrobat 9には、さまざまな種類のコンテンツを洗練されたPDFポートフォリオとして統合する機能が搭載されました。PDFポートフォリオは、複数のメディアをひとつの圧縮されたPDFファイルへ統合することができるほか、表現力豊かなレイアウトや自社のロゴ、デザインを利用するなど、オリジナリティを持たせることも可能です。また、顧客向けに作成する提案資料には、図表、表計算シート、画像、ブランドの紹介、および経営者の製品説明ビデオなどのコンテンツをひとつのPDF文書にまとめることもできます。

さらに、Acrobat 9はPDF文書によるリアルタイムコラボレーションを行う機能も搭載されています。これは、現在パブリックベータ版として利用可能な新たなホステッドサービスである「Acrobat.com」とAcrobat 9とを組み合わせて使用することで実現する機能です。この機能を使用することによって、チームメンバーが参照すべきPDF文書の箇所をリアルタイムでナビゲーションでき、効率的な意見交換が可能です。

Adobe Acrobat 9製品ファミリー日本語版は、新たなラインナップとして加わったAcrobat 9 Pro Extended 日本語版(Windows®版)、Acrobat 9 Pro日本語版(Windows版、Macintosh®版)、およびAcrobat 9 Standard 日本語版(Windows版)から構成されています。Acrobat 9製品ファミリーの最上位機種であるAcrobat 9 Pro Extendedには、Adobe Presenterが同梱されたことから、Microsoft® PowerPointプレゼンテーションをマルチメディアを含むPDFファイルに簡単に変換することで、eラーニングコンテンツを手軽に作成することが可能になりました。

アドビストア提供価格(送料別、税込価格)

Adobe Acrobat 9 Pro Extended日本語版(Windows版)
■ 通常版 89,565円(本体価格 85,300円)
■ 特別提供版/アップグレード版*1 29,400円(本体価格 28,000円)
■ アカデミック版 29,400円(本体価格 28,000円)

*1 特別提供版の対象ユーザは、Acrobat 6.0 Professional、Acrobat 7.0 Professional、Acrobat 8 Professional、Acrobat 9 Pro日本語版の正規登録ユーザです。アップグレード版の対象ユーザは、Acrobat 3D、Acrobat 3D Version 8日本語版の正規登録ユーザです。

Adobe Acrobat 9 Pro日本語版(Windows版 / Macintosh版)
■ 通常版 57,540円(本体価格 54,800円)
■ 特別提供版/アップグレード版*2 21,735円(本体価格 20,700円)
■ アカデミック版 21,735円(本体価格 20,700円)

*2 特別提供版の対象ユーザは、Acrobat 6.0 Standard、Acrobat 7.0 Standard、Acrobat 8 Standard、Acrobat 9 Standard日本語版(Acrobat 8および9はWindows版のみ)の正規登録ユーザです。アップグレード版の対象ユーザは、Acrobat 6.0 Professional、Acrobat 7.0 Professional、Acrobat 8 Professional日本語版の正規登録ユーザです。

Adobe Acrobat 9 Standard 日本語版(Windows版)
■ 通常版 36,540円(本体価格 34,800円)
■アップグレード版*3 13,125円(本体価格 12,500円)

*3 アップグレード版の対象ユーザは、Acrobat 6.0 Standard、Acrobat 7.0 Standard、Acrobat 8 Standard日本語版の正規登録ユーザです。

Acrobat 9製品ファミリーに関する詳細情報については以下のWeb サイトをご参照ください。
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/

■ アドビ システムズについて
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jp に掲載されています。