About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

アドビ システムズ社、ADOBE CREATIVE SUITE 4 DESIGN PREMIUMを発表

クリエイティブツールの追加とワークフローの簡素化でクロスメディアデザインの効率を向上

【2008年11月11日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:クレイグ ティーゲル(Craig Tegel))は本日、「ADOBE® CREATIVE SUITE® 4 DESIGN PREMIUM(アドビ クリエイティブ スイート 4 デザイン プレミアム)」および各構成製品の提供が、2008年 12月中旬から、アドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

Adobe Creative Suite 4 Design Premiumは、印刷物、Web、インタラクティブメディア、モバイルに対応した最先端のデザインツールであり、Adobe InDesign® CS4、Adobe Photoshop® CS4 Extended、Adobe Illustrator® CS4、Adobe Flash® CS4 Professional、Adobe Dreamweaver® CS4、Adobe Acrobat® 9 Pro、Adobe Fireworks™ CS4という強力な製品の最新バージョンを 1つに統合したパッケージです。このうち、Adobe Fireworks CS4は、Webサイトやアプリケーションのプロトタイプを短時間で作成するため、Creative Suite 4 Design Premiumに同梱されました。

また、アドビ システムズ社は本日、「Adobe Creative Suite 4 Design Standard(アドビ クリエイティブ スイート 4デザイン スタンダード)」もあわせて発表しました。Adobe Creative Suite 4 Design PremiumとDesign Standardには、インテル®および PowerPC®のシステムに対応した Macintosh版と、Microsoft® Windows® XPおよび Windows Vista®に対応した Windows版があります。

アドビ システムズ社クリエイティブ ソリューション ビジネスユニット担当シニア バイス プレジデントのジョン ロイアコノ(John Loiacono)は、「Creative Suite 4製品ファミリーには、インタラクティブデザインのパワーと潜在力をフルに引き出す機能が満載です。革新的なワークフローを取り入れ、先進の機能を活用することで、制作活動を促進し、優れた成果物を短期間で作り上げることができます。印刷物、Web、モバイルデバイスなど、様々なメディアから消費者に届く大量のメッセージは、統一感に欠けることが多々あります。Creative Suite 4なら、統一感のある上質の作品を複数のメディアから発信できます。メディアの違いに左右されずに、作り手の思いをきちんと伝えることが可能です」と述べています。

クロスメディアに適したワークフローで作業を円滑化
メジャーバージョンアップを果たした Creative Suite 4 Design Premiumは、一歩進んだクロスメディアを実現する強力な新機能を搭載しています。Photoshop、Illustrator、InDesignから、Flash、Dreamweaver、Fireworks、Acrobat 9 Proにプロジェクトをすばやく移行して、修正や開発を進めたり、印刷、Web、モバイル向けに高品質な出力を行うことができます。たとえば、InDesignのレイアウトを XFLファイルにエクスポートして Flashで開き、テキストやグラフィックを編集してから、インタラクティブ要素を追加すれば、目を見張るようなダイナミック ドキュメントの作成も簡単です。あるいは、レイヤーを利用した Photoshopや Illustratorのアートワークを Fireworksに取り込んで、Webサイトや Webアプリケーションのプロトタイプを作成することもできます。Flashには、オブジェクトベースのアニメーション機能が新たに追加され、他のクリエイティブアプリケーションに近い操作性で直観的なデザイン制作が可能です。静的なデザイン要素の扱いに慣れた印刷デザイナも、Flashをすぐに使いこなすことができます。

アニメーションと 3D処理の新機能を搭載
2Dから3Dへの移行に適した新機能も備わっています。短時間で習得できる簡単な操作で、プロジェクトをアニメーションに変換できます。Flashに搭載されたオブジェクトベースのアニメーション機能では、他のクリエイティブアプリケーション同様のわかりやすい操作で簡単なデザインが可能。アニメーション全体をワンステップで新しい位置に動かすことができ、オブジェクトの移動、回転、サイズの変更もマウスのドラッグで自由自在です。また、Photoshop CS4 Extendedには、3Dのペイントや合成に対応した新機能が搭載され、3D画像の編集、加工、操作が容易になりました。2D画像を、立方体、円柱、球などの標準的な 3D形状に変換したり、3Dモデルに直接ペイントすることも、強力な画像編集ツールを使えば簡単です。

Budweiser社、Diesel社、MTV社、BMW社などの顧客企業を持つスペインのクロスメディアデザイン会社の Vasava社 共同創業者でクリエイティブディレクターであるブルーノ セレス(Bruno Selles)氏は、「当社では、最初のデザインコンセプトを Adobe Illustrator CS4や Photoshop CS4で作成してから、それを複数のメディアに展開するという手順を踏むことがよくあります。Adobe Creative Suite 4 Design Premiumなら、効率的なワークフローによるチーム作業を実践できます。印刷、グラフィックアニメーション、インタラクティブプロジェクト、ビデオなどの形で、作成した素材の再利用や応用が可能です。当社が担当する案件では、複雑なアイデアと複数の出力形態を扱いますが、Adobe Creative Suite 4 Design Premiumなら、チームのすべてのメンバーが各自の担当作業を個別に進めてから、それぞれの成果物を統合できます。納期をふまえて効率のよいワークフローに従って作業を進められます」と述べています。

Creative Suite 4でクリエイティブなワークフローを実現
Adobe Creative Suite 4ファミリー製品には、Adobe Creative Suite 4 Design Premium/Standard、Adobe Creative Suite 4 Web Premium/Standard、Adobe Creative Suite 4 Production Premium、Adobe Creative Suite 4 Master Collectionがあります。オンライン上のサービスへのアクセス機能も搭載されており、デザイナーや開発者がオンラインで共同作業を進めやすくなっています。Acrobat.comのサービスである Adobe ConnectNowは、InDesign CS4、Illustrator CS4、Photoshop CS4 Extended、Flash CS4 Professional、Dreamweaver CS4、Fireworks CS4、Acrobat 9 Proからアクセスでき、無償で3名までの同僚あるいは顧客とリアルタイムでコラボレーションできます。また、Adobe Kuler™ は、InDesign CS4、Illustrator CS4、Photoshop CS4、Photoshop CS4 Extended、Flash CS4 Professional、Fireworks CS4からアクセスし、複数のデザイナで配色を共有できます。その他にも、Adobeコミュニティヘルプ(技術的な疑問への回答が得られるリソース)、リソースセンター(動画や音声関連の製品のニュースやチュートリアル、Soundbooth®のスコア、サウンドエフェクト、その他のメディアを集めたリソース)、Adobe Bridge Home(ヒント、チュートリアル、ニュース、アイデアなどを集めたカスタマイズ可能なリソース)などのオンラインリソースがあります。Adobe Device Central CS4では、Creative Suite 4の各製品でデザインしたモバイルコンテンツを簡単に検証できます。主要メーカーのモバイル機器のプロファイルを450種類以上登録した、検索可能なライブラリが用意されており、プロファイルは随時更新されます。

製品に関する詳細な情報は以下の URLをご参照下さい。
http://www.adobe.com/jp/products/creativesuite/

アドビストア提供価格(送料別)

ADOBE CREATIVE SUITE 4 DESIGN PREMIUM(Windows 版/Macintosh版)
■通常版 298,200 円 (本体価格 284,000 円)
■アップグレード版「A」
Adobe Creative Suite 3.xからのアップグレード
118,650 円 ( 本体価格 113,000 円)
アップグレード対象ユーザーは、Adobe Creative Suite 3.x Master Collection日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Design Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Design Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Web Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3 Web Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3 Production Premium日本語版の正規登録ユーザー
■ アップグレード版「B」
Adobe Creative Suite 3より前のバージョンからのアップグレード:
2009年6月30日までの発売記念価格 118,650円 (本体価格 113,000円)
2009年7月1日以降の価格 163,800円 (本体価格 156,000円)
アップグレード対象ユーザー、Adobe Creative Suite 1/2 Standard日本語版、Adobe Creative Suite 1.x/2.x Premium日本語版、Adobe Design Bundle日本語版、Adobe Web Bundle(Creative Suiteもしくは Studio 8の権利を使用)日本語版、Macromedia Studio MX 2004/8日本語版の正規登録ユーザー
■ アップグレード版「C」
単体製品からのアップグレード(特別提供) 249,900 円( 本体価格 238,000 円)
アップグレード対象ユーザーは、Macromedia Dreamweaver MX 2004/8日本語版、Adobe Dreamweaver CS3/CS4日本語版、Macromedia Flash MX 2004日本語版、Macromedia Flash MX Professional 2004日本語版、Macromedia Flash Professional 8日本語版、Macromedia Flash Basic 8日本語版、Adobe Flash CS3/CS4 Professional日本語版、Adobe Illustrator CS/CS2/CS3/CS4日本語版、Adobe InDesign CS/CS2/CS3/CS4日本語版、Adobe Photoshop CS/CS2/CS3/CS4日本語版、Adobe Photoshop CS3/CS4 Extended日本語版、Video Collectionに含まれるAdobe Photoshop CS/CS2日本語版の正規登録ユーザー
■Adobe Creative Suite 3.3 からのアップグレード版
96,915円 (本体価格 92,300円)
アップグレート対象ユーザーは、Adobe Creative Suite 3.3 Master Collection日本語版、Adobe Creative Suite 3.3 Design Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3.3 Design Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3.3 Web Premium日本語版(アドビカスタマーサービス、ライセンスでの取り扱いのみ)の正規登録ユーザー
■ アカデミック版 118,125円 (本体価格112,500円)
構成製品:Adobe InDesign CS4日本語版、Adobe Illustrator CS4日本語版、Adobe Photoshop CS4 Extended日本語版、Adobe Acrobat 9 Pro日本語版、Adobe Flash CS4 Professional日本語版、Adobe Dreamweaver CS4日本語版、Adobe Fireworks CS4 日本語版

ADOBE CREATIVE SUITE 4 DESIGN STANDARD(Windows 版/Macintosh版)
■通常版 198,450 円 (本体価格 189,000 円)
■アップグレード版「A」
Adobe Creative Suite 3.xからのアップグレード 84,000円 (本体価格80,000円)
アップグレード対象ユーザー、Adobe Creative Suite 3.x Master Collection日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Design Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Design Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Web Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3 Web Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3 Production Premium日本語版の正規登録ユーザー
■アップグレード版「B」
Adobe Creative Suite 3より前のバージョンからのアップグレード:
2009年6月30日までの発売記念価格 84,000円 (本体価格80,000円)
2009年7月1日以降の価格 108,990円 (本体価格 103,800円)
アップグレード対象ユーザー、Adobe Creative Suite Standard 1.0/2.0日本語版、Adobe Creative Suite Premium 1.x/2.x日本語版、Adobe Design Bundle日本語版、Adobe Web Bundle日本語版の正規登録ユーザー
■アップグレード版「C」
単体製品からのアップグレード(特別提供) 126,000円 (本体価格120,000円)
アップグレード対象ユーザー、Adobe Illustrator CS/CS2/CS3/CS4日本語版、Adobe InDesign CS/CS2/CS3/CS4日本語版、Adobe Photoshop CS/CS2/CS3/CS4日本語版、Video Collectionに含まれるPhotoshop CS/CS2の正規登録ユーザー
■Adobe Creative Suite 3.3 からのアップグレード版
62,265円 (本体価格 59,300円)
アップグレード対象ユーザーは、Adobe Creative Suite 3.3 Master Collection日本語版、Adobe Creative Suite 3.3 Design Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3.3 Design Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3.3 Web Premium(アドビカスタマーサービス、ライセンスでの取り扱いのみ)日本語版の正規登録ユーザー
■アカデミック版 79,800円 (本体価格 76,000円)
構成製品:Adobe InDesign CS4日本語版、Adobe Illustrator CS4日本語版、Adobe Photoshop CS4日本語版、Adobe Acrobat 9 Pro日本語版

Creative Suite 3製品からの無償アップグレードについて
2008年11月11日(Creative Suite 4正式発表日)以降にCreative Suite 3製品(全Suiteならびに単体製品を含む)をご購入いただいた方々は、無償でCreative Suite 4製品にアップグレードができます。詳しい情報はアドビのWebサイト(http://www.adobe.com/jp/special/didyouknow/)でご覧いただけます。

必要システム構成

ADOBE CREATIVE SUITE 4 DESIGN PREMIUM
Macintosh版

  • PowerPC® G5、またはインテル® マルチコア プロセッサ
  • Mac OS X v10.4.11–10.5.4 日本語版
  • Adobe Version Cue® Server を利用するにはJava™ Runtime Environment 1.5 が必要
  • 1GB以上のRAMを推奨
  • 10.3GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、フ ラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280 x 800以上を推奨)、および16-bit以上のビデオカード
  • GPUを利用する一部の機能ではShader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.4.5 日本語版
  • 付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

Windows版

  • 2GHz以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft® Windows® XP(Service Pack 2)日本語版(Service Pack 3を推奨)、またはWindows Vista® Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)日本語版(Windows XP、Windows Vistaともに32-bit版のみ対応)
  • 1GB 以上の RAM を推奨
  • 9.3GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280 x 800以上を推奨)、および16-bit以上のビデオカード
  • >
  • GPUを利用する一部の機能ではShader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要
  • Adobe Bridgeの一部の機能を使用するには、DirectX 9互換の64MB以上のVRAMを備えたグラフィックカード
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.4.5 日本語版
  • 付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

ADOBE CREATIVE SUITE 4 DESIGN STANDARD
Macintosh版

  • PowerPC G5、またはインテル マルチコア プロセッサ
  • Mac OS X v10.4.11–10.5.4日本語版
  • Adobe Version Cue Serverを利用するにはJava™ Runtime Environment 1.5が必要
  • 1GB以上のRAMを推奨
  • 8.2GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、 フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280 x 800以上を推奨)、および16-bit以上のビデオカード
  • GPUを利用する一部の機能ではShader Model 3.0とOpenGL 2.0 対応のグラフィックカードが必要
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.4.5日本語版
  • 付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

Windows版

  • 2GHz以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft Windows XP(Service Pack 2)日本語版(Service Pack 3を推奨)、またはWindows Vista Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)
    日本語版(Windows XP、Windows Vistaともに32-bit版のみ対応)
  • 1GB以上のRAMを推奨
  • 7.7GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280 x 800以上を推奨)、および16-bit以上のビデオカード
  • GPUを利用する一部の機能では Shader Model 3.0とOpenGL 2.0 対応のグラフィックカードが必要
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.4.5日本語版
  • 付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

※ ブロードバンドインターネット接続をご使用であれば、オンラインで提供される特定の機能(以下「オンラインサービス」という)を本製品から利用できる場合があります。オンラインサービス、およびその機能は、国・地域、言語、通貨によっては提供されていない場合があり、その全体または一部が予告なく中止となることもあります。オンラインサービスのご利用には、個別の利用規約およびアドビのオンラインプライバシーポリシーが適用され、ユーザー登録が必要となります。当初は無償で提供されるサービスも含め、一部のオンラインサービスには、別途料金が発生する場合があります。詳細情報ならびに利用規約とオンラインプライバシーポリシーをhttp://www.adobe.com/jpにてご確認ください。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。