About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

アドビ システムズ社、強力な新機能を搭載した ADOBE INDESIGN CS4を発表

洗練されたレイアウトを作成し、印刷物、インタラクティブ PDF、Flashファイルとして出力可能に

【2008年11月11日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:クレイグ・ティーゲル(Craig Tegel)、以下アドビ システムズ)は本日、「ADOBE® INDESIGN® CS4(アドビ インデザイン CS4)」の提供が、2008年12月中旬から、アドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

強力な新機能を搭載し、様々な改良を施した InDesign CS4は、生産性と作業効率をさらに高めることができます。自動処理を利用して長文ドキュメントの作成を円滑に進めることも可能です。また、出力可能なファイル形式が増え、インタラクティブ(動的に操作できる)PDFや Adobe Flash®ファイルに保存できるようになりました。さらに、先進のコラボレーションサービスにも対応しました。短時間で多くのデザインを制作したり、制作ミスを減らしてコストの無駄を抑えたりすることができます。複数メディア向けの個性的なコンテンツを効率よく作成し、同僚や顧客との円滑な共同作業を実現します。

InDesign CS4は、単体製品として提供されるほか、Adobe Creative Suite® 4 Design Premium/Standardと Adobe Creative Suite 4 Master Collectionの構成製品として提供されます。

アドビ システムズ社クリエイティブ ソリューション ビジネスユニット担当バイス プレジデントであるデビッド バーケット(David Burkett)は、「InDesign CS4には、様々な改良や新機能が盛り込まれています。見栄えのいい独創的なレイアウトを作成し、オンラインとオフラインの両方で公開できます。出版社、編集プロダクション、デザイン会社などは、高品質のデザイン制作でビジネスの成長を実現しながら、クロスメディアへの対応により新たな利用者を獲得できます。また、その一方で、生産性の向上により制作コストを抑えることも可能です」と述べています。

円滑なワークフローで生産性を向上
Adobe InDesign CS4には、円滑なワークフローと効果的なコラボレーションを実現し、インタラクティブなコンテンツをオンラインまたはオフラインで公開するなど、様々な新機能があります。新しいライブプリフライト機能では、制作上の問題となり得る箇所をレイアウト内でリアルタイムに示してユーザーに解決を促すので、作業時間の短縮と制作コストの削減につながります。また、カスタマイズ可能なリンクパネルで、ドキュメントに配置したファイルの検索、整理、管理を行ったり、サイズ、解像度、回転などの属性を確認したりすることができます。ファイルの識別もサムネールで迅速に行えます。

リッチなインタラクティブドキュメントを作成
今回のバージョンでは、InDesignの強力なページレイアウト機能と、Adobe Flash CS4 Professionalのインタラクティブなオーサリング機能の連携が強化され、アニメーションなどが付加されたリッチなドキュメントを作成できるようになりました。たとえば、InDesignドキュメントを XFLファイルとして書き出してから、Adobe Flash CS4 Professionalで開き、洗練されたインタラクティブ機能、アニメーション、ナビゲーションなどを追加すれば、魅力的なオンラインコンテンツを制作できます。また、ページめくり効果、インタラクティブなボタン、ハイパーリンクなどを取り入れたドキュメントを作成して、インタラクティブなパンフレットやビデオが埋め込まれたプレゼンテーションなどのオンライン資料を作成することもできます。成果物は、SWFファイルに書き出して Adobe Flash Playerで視聴したり、インタラクティブな PDFファイルとして活用できます。

リッチメディア制作、エディトリアルデザイン、Web開発を手がけるデザイン会社のDanilo Black社 社長兼 CEOであるエドゥアルド ダニーロ ルイス(Eduardo Danilo Ruiz)氏は、「Adobe InDesign CS4からAdobe Flash CS4 Professionalにレイアウトを書き出せるという新機能は、まさに我々が待ち望んでいたものです。レイアウトを JPEGに書き出す現在のやり方では、ページ上でアニメーションをオーバーレイする必要がありました。新バージョンでは、InDesignのコンテンツを Flashに直接変換してアニメーションを作成することが可能です。当社がInDesignで長年使ってきた文字体裁やレイアウトの機能を生かしながら、インタラクティブメディアのワークフローの効率を大幅に高めることができます」と述べています。

長文ドキュメントの執筆と制作を簡素化
InDesign CS4には、マニュアルや教科書などの長文ドキュメントの作成や管理の生産性を高めるための機能もあります。新機能の条件付きテキストでは、多言語ドキュメントや、教師用と学生用に分かれた教材など、用途が異なる複数バージョンのドキュメントを迅速に作成できます。特定の段落、単語、文字に対して条件を適用し、文脈に応じて、その部分の表示/非表示を切り替えられます。さらに、長い文書の執筆、制作、管理に要する時間の短縮に効果をもたらす機能が相互参照機能です。参照したテキストを自動的に更新できるため、内容の変更やドキュメント内での移動を直ちに反映します。

InDesignファミリー製品と IDMLでパブリッシングワークフロー手法をカスタマイズ
Adobe InDesign CS4は、Adobe InCopy® CS4と InDesign Server CS4を含む InDesignファミリー製品の中核となる製品です。InDesignファミリー製品は市場のニーズの変化に応じて、カスタマイズ、強化、拡張することができます。単体のパブリッシングプラットフォームとして利用することも、既存のパブリッシングシステムやコンテンツ管理ツールと統合して利用することも可能です。日々の作業の速度や信頼性は、前バージョンからさらに向上しています。

ワークフローに関する問題の解決に一役買うのが、新しく採用した IDML(InDesign Markup Language)です。オープンで拡張性のある XML形式を用いて、InDesignドキュメントを作成することができます。サードパーティー開発者やシステムインテグレーターは、InDesignや InDesign Serverを使わずに、標準的な XML編集ツールを用いて、InDesignドキュメントの作成、修正、解析をプログラムにより処理できます。旧環境のワークフローを使っている出版社、デザイン会社、印刷会社にとっては、InDesignファミリー製品を利用することにより、新たなサービスや製品を展開できたり、印刷物やデジタル素材への様々なニーズに応えるビジネスチャンスが広がっていきます。

アドビストア提供価格(送料別)

ADOBE INDESIGN CS4日本語版(Windows 版/Macintosh版)
■通常版 93,000円 (本体価格 88,572円)
■アップグレード版※1 26,000円 (本体価格 24,762円)
■特別提供版 ※2 26,000円 (本体価格 24,762円)
■アカデミック版 31,300円 (本体価格 29,810円)
※1 アップグレード版の対象ユーザーは、Adobe InDesign CS/CS2/CS3日本語版の正規登録ユーザー
※2 特別提供版の対象ユーザーは、Adobe Page Maker 6.x/7.x日本語版のパッケージ版の正規登録ユーザー

ADOBE INCOPY CS4日本語版(Windows 版/Macintosh版)
■通常版 28,381円 (本体価格)※4
■アップグレード版※3 12,191円 (本体価格)※4
※3 アップグレード版の対象ユーザーは、Adobe InCopy CS2/CS3日本語版の正規登録ユーザー
※4 ESD版(6.x, 7.x)(ダウンロード販売)のみ提供なので、価格は「本体価格」のみになります

必要システム構成
Macintosh版

  • PowerPCR G5またはマルチコアインテルプロセッサ
  • Mac OS Xバージョン10.4.11~10.5. 4
  • 512MB 以上の RAM(1GB以上を推奨)
  • 1.6GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要( 大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、フ ラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 16- bitビデオカードによる 1,024×768(1,280×800を推奨)のディスプレイ
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能にはQuickTime® 7.4.5が必要
  • オンラインサービスにはインターネット接続が必要

Windows版

  • 1.5GH以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft® Windows XP(Service Pack 2)日本語版(Service Pack 3 を推奨)、またはWindows Vista® Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(ServicePack 1)日本語版(Windows XP、Windows Vistaともに32-bit版のみ対応)
  • 512MB 以上の RAM(1GB以上を推奨)
  • 1.8GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要( フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 16 -bit ビデオカードによる 1,024×768(1,280×800を推奨)のディスプレイ
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能にはQuickTime 7.4.5が必要
  • オンラインサービスにはインターネット接続が必要

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。