About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

アドビ システムズ社、ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB PREMIUMを発表

デザイナーと開発者のコラボレーションを強化し、訴求力のあるWebサイトやオンライン機能の構築をサポート

【2008年11月11日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:クレイグ ティーゲル(Craig Tegel))は本日、「ADOBE® CREATIVE SUITE® 4 WEB PREMIUM(アドビ クリエイティブ スイート 4 ウェブ プレミアム)」および各構成製品の提供が、2008年12月中旬から、アドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

Adobe® Creative Suite® 4 Web Premiumは、好評を博しているWebデザイン/開発ソフトウェアの最新版で、多彩な新機能を搭載しています。生産性を大幅に向上し、クリエイティブワークフローの徹底的な簡素化を実現しました。訴求力のあるインタラクティブなWebサイトやオンライン機能を短期間で開発できます。Adobe Creative Suite 4 Web Premiumは、Adobe Fireworks™ CS4、Adobe Dreamweaver® CS4、Adobe Flash® CS4 Professional、Adobe Photoshop® CS4 Extended、Adobe® Illustrator® CS4、Adobe Contribute™ CS4、Adobe Device Central CS4、Adobe Soundbooth® CS4の各構成製品の最新版を1つに統合したパッケージです。このうち、Adobe Soundbooth CS4は、今回初めて加わった、先進的なオーディオ編集ツールの最新版です。

また、アドビ システムズ社は本日、「Adobe Creative Suite 4 Web Standard(アドビ クリエイティブ スイート 4 ウェブ スタンダード)」もあわせて発表しました。dobe Creative Suite 4 Web PremiumとWeb Standardには、インテル®およびPowerPC®のシステムに対応したMacintosh版と、Microsoft® Windows® XPおよびWindows Vista®に対応したWindows版があります。

アドビ システムズ社クリエイティブ ソリューション ビジネスユニット担当シニア バイス プレジデントのジョン ロイアコノ(John Loiacono)は、「アドビ システムズ社のFlash技術は、Webの表現力に大きな変革をもたらしてきました。一方、Creative Suiteは、Webサイトやオンライン機能の開発ツールとして業界標準となり、その成果物は、世界中の利用者や消費者に大きな喜びを与えています。Web上で存在感を発揮することは、ブランド、製品、企業、組織が発展していく上で欠かせません。Adobe Creative Suite 4の機能を生かすことで、最も重要なコミュニケーション媒体であるインターネットを活用し、アイデアやメッセージを伝えることができます」と述べています。

デザイナーと開発者のコラボレーションを強化し、訴求力のあるWebサイトやオンライン機能の構築をサポート
Creative Suite 4 Web Premiumには様々な新機能があります。Adobe Flash CS4 Professionalには、オブジェクトベースのアニメーションモデルが新たに搭載されました。キーフレームの配置やトゥイーンの調整を手動で行う必要がありません。アニメーションをとても簡単に作成でき、容易に新規ユーザーの獲得を図ることができます。このほか、3D回転や3D変換などの3D効果機能、インバースキネマティクを利用して連鎖型のアニメーションを作成できるボーンツール、シンボルを即座にデザイン ツールに変換できるパターン描画ツールなどが新たに搭載されました。

Creative Suite 4では、構成製品のインターフェイスが統一されています。Photoshop、Illustrator、Dreamweaver、Flash、Fireworksなどのツールを切り替えたときでもシームレスな操作が可能です。また、新たに加わった複数の書き出しオプションで、デザイナーと開発者のワークフローを円滑化できます。たとえばFireworks CS4には、作成したデザインを高精度のPDFドキュメントとして書き出す機能が追加されました。作成したPDFは、クリックで操作可能なインタラクティブファイルとしてレビューできます。また、CSSに書き出す機能も追加されました。デザイナーが開発者にプロトタイプを引き渡すときに、開発者の扱いやすいフォーマットで渡すことができます。

米教育番組「セサミ ストリート」の制作など、子供向けの教育活動を行う非営利団体Sesame Workshopのインフォメーション サービス担当バイス プレジデントであるノア ブロードウォーター(Noah Broadwater)氏は、「Sesame Workshopでは8月11日にsesamestreet.orgを立ち上げました。親子ともにインターネットの利用が増えている中、情報発信のための主要チャネルの1つとしてこのサイトを長期的に運用したいと考えています。Adobe Creative Suite 4 Web Premiumには、技術力を巧みに活かすための機能が搭載されているので、これまで以上にスピーディに、テレビ番組の制作で生まれた独創的なコンテンツをWeb環境や印刷物で活用できます」と述べています。

株式会社ベースメントファクトリープロダクションは、Flash CS4Professional の対応バージョンとなる最新の Flash Player 10を利用して、トヨタ自動車の新型車「iQ(アイキュー)」サイトのリニューアルを行いました(企画/情報設計:電通、電通アベニューAレイザーフィッシュ)。当サイトではFlash CS4 Professionalを利用し Flash Player 10がサポートしている 3D効果およびPixel Benderで制作したカスタムフィルタ&エフェクトを採用しています。その他、ローカルファイルアクセスを利用したスクリーンショット機能が実現しています。株式会社ベースメントファクトリープロダクション代表取締役 北村 健氏は「最新のFlash CS4 Professional は今まで以上にPCの画面を有効に使えるため、制作を効率的に進めることができます。またFlashオーサーやデザイナーにとっては嬉しい様々な新機能によって、今までにない新しいサイト表現を実現することができます」と述べています。

Adobe Dreamweaver CS4には、様々な機能を持つ新しいワークスペースが搭載されました。関連ファイル機能とコードナビゲーターという新機能では、Webサイトの背後で動作する複数のドキュメント(外部CSSファイル、JavaScriptライブラリ、リンクされたファイル、サーバーサイドコードなど)を簡単に操作できます。新しく追加されたライブビュー機能では、単体のブラウザに匹敵する環境をDreamweaverで利用して、Webページのプレビューやインタラクティブなコード編集を行えます。この機能には、オープンソースのレンダリングエンジンWebKitが使われており、Dreamweaverとブラウザを何度も行き来して動作を確認するという手間が不要になります。

Creative Suite 4でクリエイティブなワークフローを実現
Adobe Creative Suite 4ファミリーには、Adobe Creative Suite Design Premium/Standard、Adobe Creative Suite Web Premium/Standard、Adobe Creative Suite Production Premium、Adobe Creative Suite 4 Master Collectionがあります。オンライン上のサービスへのアクセス機能も搭載されており、デザイナーや開発者がオンラインで共同作業を進めやすくなっています。Acrobat.comのサービスであるAdobe ConnectNowは、InDesign® CS4、Illustrator CS4、Photoshop CS4 Extended、Flash CS4 Professional、Dreamweaver CS4、Fireworks CS4、Acrobat 9 Proからアクセスでき、2人の同僚あるいは顧客とリアルタイムでコラボレーションできます。また、Adobe Kuler™には、InDesign CS4、Illustrator CS4、Photoshop CS4、Flash CS4、Fireworks CS4からアクセスし、複数のデザイナーで配色を共有できます。その他にも、Adobeコミュニティヘルプ(技術的な疑問への回答が得られるリソース)、Resource Central(動画や音声関連の製品のニュースやチュートリアル、Soundboothのスコア、サウンドエフェクト、その他のメディアを集めたリソース)、Adobe Bridge Home(ヒント、チュートリアル、ニュース、アイデアなどを集めたカスタマイズ可能なリソース)などのオンラインリソースがあります。Adobe Device Central CS4では、Creative Suite 4の各製品でデザインしたモバイルコンテンツを簡単に検証できます。主要メーカーのモバイル機器のプロファイルを450種類以上登録した、検索可能なライブラリが用意されており、プロファイルは随時更新されます。

アドビストア提供価格(送料別)

ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB PREMIUM(Windows 版/Macintosh版)
■通常版 226,800 円 (本体価格 216,000 円)
■アップグレード版「A」
Adobe Creative Suite 3.xからのアップグレード 92,400 円 (本体価格 88,000 円)
アップグレード対象ユーザーは、Adobe Creative Suite 3.x Master Collection日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Design Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Design Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Web Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3 Web Standard日本語版、 Adobe Creative Suite 3 Production Premium日本語版の正規登録ユーザー
■ アップグレード版「B」
Adobe Creative Suite 3より前のバージョンからのアップグレード:
2009年6月30日までの発売記念価格 92,400 円 (本体価格 88,000 円)
2009年7月1日以降の価格 123,900 円 (本体価格 118,000 円)
アップグレード対象ユーザーは、Adobe Creative Suite 1/2 Standard日本語版、Adobe Creative Suite 1.x/2.x Premium日本語版、Adobe Design Bundle日本語版、Adobe Web Bundle(Creative SuiteもしくはStudio 8の権利を使用)日本語版、Macromedia Studio MX 2004/8日本語版の正規登録ユーザー
■ アップグレード版「C」
単体製品からのアップグレード(特別提供) 176,925 円 (本体価格 168,500 円)
アップグレード対象ユーザは、Macromedia Dreamweaver MX 2004/8日本語版、Adobe Dreamweaver CS3/CS4日本語版、Macromedia Flash MX 2004日本語版、Macromedia Flash MX Professional 2004日本語版、Macromedia Flash Professional 8日本語版、Macromedia Flash Basic 8日本語版、Adobe Flash CS3/CS4 Professional日本語版、Adobe Illustrator CS/CS2/CS3/CS4日本語版、Adobe Photoshop CS/CS2/CS3/CS4日本語版、Adobe Photoshop CS3/CS4 Extended日本語版、 Video Collectionに含まれるAdobe Photoshop CS/CS2日本語版の正規登録ユーザー
■Adobe Creative Suite 3.3 からのアップグレード版
70,665円 (本体価格 67,300円)
アップグレード対象ユーザは、Adobe Creative Suite 3.3 Master Collection日本語版、Adobe Creative Suite 3.3 Design Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3.3 Design Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3.3 Web Premium(アドビカスタマーサービス、ライセンスでの取り扱いのみ)の正規登録ユーザー
■ アカデミック版 98,175円 (本体価格93,500円)
構成製品:Adobe Flash CS4 Professional日本語版、Adobe Dreamweaver CS4日本語版、Adobe Photoshop CS4 Extended日本語版、Adobe Illustrator CS4日本語版、Adobe Fireworks CS4日本語版、Adobe Contribute CS4日本語版、Adobe Acrobat 9 Pro日本語版 、Adobe Soundbooth CS4日本語版

ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARD(Windows 版/Macintosh版)
■通常版 126,000円 (本体価格120,000円)
■アップグレード版「A」
Adobe Creative Suite 3.xからのアップグレード 49,875 円 (本体価格 47,500 円)
アップグレード対象ユーザーは、Adobe Creative Suite 3.x Master Collection日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Design Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Design Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3 Web Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Web Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3 Production Premium日本語版の正規登録ユーザー
■アップグレード版「B」
Adobe Creative Suite 3より前のバージョンからのアップグレード :
2009年6月30日までの発売記念価格 49,875 円 (本体価格 47,500 円)
2009年7月1日以降の価格 69,825 円 (本体価格 66,500 円)
アップグレード対象ユーザーは、Adobe Web Bundle(Studio 8の権利を使用)日本語版、Macromedia Studio MX 2004/8日本語版の正規登録ユーザー
■アップグレード版「C」
単体製品からのアップグレード(特別提供) 78,750円 (本体価格 75,000 円)
アップグレード対象ユーザーは、 Macromedia Dreamweaver MX 2004/8日本語版、Adobe Dreamweaver CS3/CS4日本語版、Macromedia Flash MX 2004日本語版、Macromedia Flash Basic 8日本語版、Macromedia Flash MX Professional 2004日本語版、Macromedia Flash Professional 8日本語版、Adobe Flash CS3/CS4 Professional日本語版の正規登録ユーザー
■アカデミック版 47,040円 (本体価格44,800円)
構成製品:Adobe Flash CS4 Professional日本語版、Adobe Dreamweaver CS4日本語版、Adobe Fireworks CS4日本語版、Adobe Contribute CS4日本語版

Creative Suite 3製品からの無償アップグレードについて
2008年11月11日(Creative Suite 4正式発表日)以降にCreative Suite 3製品(全Suiteならびに単体製品を含む)をご購入いただいた方々は、無償でCreative Suite 4製品にアップグレードができます。詳しい情報はアドビのWebサイト(http://www.adobe.com/jp/special/didyouknow/)でご覧いただけます。

必要システム構成

ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB PREMIUM
Macintosh版

  • PowerPC® G5、またはインテル®マルチコアプロセッサ(Soundbooth はインテル®マルチコアプロセッサが必要です)
  • Mac OS X v10.4.11 - 10.5.4 日本語版
  • Adobe Version Cue® Serverを利用するにはJava™ Runtime Environment 1.5が必要
  • 1GB 以上のRAMを推奨
  • 11.2GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、フ ラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,280×900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ、および 32-bit以上のビデオカードと 16MBのVRAM
  • GPU を利用する一部の機能では Shader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.4.5日本語版
  • 付随するオンラインサービスのためにブロードバンドインターネット接続

Windows版

  • 2GHz 以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft® Windows® XP(Service Pack 2)日本語版(Service Pack 3 を推奨)、またはWindows Vista® Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)日本語版(Windows XP、Windows Vistaともに32-bit版のみ対応)
  • 1GB 以上の RAM を推奨
  • 9.1GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,280×90以上の画面解像度をサポートするディスプレイ、および32-bit以上のビデオカードと16MB のVRAM
  • GPU を利用する一部の機能では Shader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要
  • Adobe Bridge の一部の機能を使用するには、DirectX 9互換の64MB以上のVRAM を備えたグラフィックカード
  • DVD-ROM ドライブ
  • マルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.4.5 日本語版
  • 付随するオンラインサービスのためにブロードバンドインターネット接続

ADOBE CREATIVE SUITE 4 WEB STANDARD
Macintosh版

  • PowerPC G5 またはインテルマルチコアプロセッサ
  • Mac OS X v10.4.11 - 10.5.4 日本語版
  • Adobe Version Cue Serverを利用するにはJava Runtime Environment 1.5が必要
  • 1GB 以上の RAM を推奨
  • 6.1GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、フ ラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280×800 以上を推奨)、および 16-bit 以上のビデオカード
  • DVD-ROM ドライブ
  • マルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.4.5日本語版
  • 付随するオンラインサービスのためにブロードバンドインターネット接続

Windows版

  • 1GHz 以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft Windows XP(Service Pack 2)日本語版(Service Pack 3 を推奨)、またはWindows Vista Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)日本語版(Windows XP、Windows Vistaともに32-bit版のみ対応)
  • 1GB以上の RAM を推奨
  • 3.1GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280×800 以上を推奨)、および 16-bit以上のビデオカード
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.4.5 日本語版
  • 付随するオンラインサービスのためにブロードバンドインターネット接続

※最新の必要システム構成については、http://www.adobe.com/jp/products/creativesuite/web/systemreqs をご覧ください。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。