About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

アドビ システムズ社、最新のAdobe FlashプラットフォームをMAX 2008で発表

双方向リッチメディアの配信におけるアドビ システムズ社のリーダーシップを拡大する新バージョン

【2008年11月17日】

米国サンフランシスコ、ADOBE MAX 2008発(2008年11月17日)Adobe Systems Incorporated(NASDAQ: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は、本日、Adobe® MAX 2008において、さらなる進化を遂げたAdobe Flash®プラットフォームを発表しました。Adobe Flashプラットフォームは様々なツール、フレームワーク、クライアント、サーバを統合したシステムで、様々なOSやデバイスでも同じように動作するWebアプリケーション、コンテンツおよび動画を開発することができます。

アドビシステムズ社はAdobe MAX 2008においてAdobe Flash Catalyst™(コードネーム:Thermo)のテクノロジプレビューと、Adobe Flex Builderの新バージョン(コードネーム:Gumbo)のテクノロジプレビューを行います。また、Adobe® AIR® (Adobe Integrated Runtime) 1.5の提供と64-bit Linux対応のAdobe Flash Player 10のアルファ版の提供を開始したと発表しました。Adobe Flashプラットフォームは、デザインおよび開発のプラットフォームとして、多くのクリエイティブなワークフローにおいて広く使われているAdobe Creative Suite® 4ファミリーとも緊密に統合することができます。

アドビ システムズ社 プラットフォームビジネスユニット ジェネラルマネージャーであるデービッド ワドワーニ(David Wadhwani)は「Adobe Flash技術は開発者コミュニティに広く普及し、Webと人とのかかわりを革新する原動力となります。Adobe Flashプラットフォームの進化は今も続いています。基幹業務に利用されるようなアプリケーションをはじめ、インタラクティブなWebコンテンツ、表現力豊かな動画などを、Webを使うすべてのユーザーが利用できるコンテンツを短時間でデザインし、開発する際に必要となる手段を提供します」と述べています。

迅速にデザイン制作と開発が可能になり、市場投入に要する期間を短縮
今回、新しくAdobe Flashプラットフォームに追加されたのは、プロフェッショナル向けのインタラクティブなデザインツールであるAdobe Flash Catalystです。このツールは、コーディングすることなくアプリケーションのユーザーインターフェイスやインタラクティブなコンテンツを迅速に開発することが可能です。Adobe Flash Catalyst を使えば、Adobe Creative Suite 4で制作したアートワークの品質を落とすことなくインポートし、ボタンやスクロールバー、入力フィールドなどのダイナミックコンポーネントに変換したり、完成したプロジェクトは、Flash PlayerやAdobe AIRへ直接書き出すことができます。次期バージョンのFlex BuilderをAdobe Flash Catalystと組み合わせることにより、デザインと開発を同時に進めることも可能です。この際、インタラクティブな開発が行えるため、成果物の品質向上と市場投入に要する期間の短縮を両立させることができます。Adobe Flash Catalystの評価版は、サンフランシスコで開催されているAdobe MAX 2008参加者に配布されます。一般向けには、2009年上旬を目標にパブリックベータ版がAdobe Labsで提供されます。

サンフランシスコにおいて開催中のAdobe MAX 2008参加者には、Flex Builderのプレビュー版も配布されます。Flex Builderのプレビュー版はデータを中心としてリッチインターネットアプリケーションを開発する機能が搭載され、従来よりも幅広い開発者が使うことが可能です。プロジェクトの生産性向上のために、Adobe Flash Catalystとの組み合わせによりデザインと開発のワークフローを改善するとともに、デバッガ、プロファイラ、コードエディタなどの中核機能も強化しました。Flex Builderのプレビュー版に関する詳しい情報は、http://labs.adobe.com/technologies/flex/ をご覧ください。Flexフレームワークはオープンソースであり、今回のプレビュー版も、http://opensource.adobe.comで公開されています。

様々なOSやデバイスで同じ体験を提供
本日発表されたAdobe AIR 1.5は、Adobe Flashプラットフォームの中核コンポーネントで、ブラウザ以外にもリッチインターネットアプリケーション(RIA)を提供することが可能になります。Adobe AIR 1.5では、AIRアプリケーションの表現力向上を目的に、さまざまな新機能の搭載とパフォーマンスの改善を行いました。オープンソースのWebKit HTMLエンジンを採用したほか、アプリケーションのパフォーマンスを強化する新しいWebKit JavaScriptインタープリターであるSquirrelFishも採用しました。顧客のコンピュータ上にあるデータを安全に保管し、エンタープライズレベルのセキュリティコンプライアンス要件を満たす、暗号化されたデータベースも用意しました。また、カスタムフィルタやカスタムエフェクト、ネイティブ3Dの変換、アニメーション、そして拡張可能なリッチテキストなど、Adobe Flash Player 10で採用された新機能も搭載しました。Windows版とMacintosh版のAdobe AIR 1.5は無償ダウンロードすることができます。Linux対応のAIR 1.5は、年内に提供を開始する予定です。Adobe AIRに関する詳しい情報は、http://www.adobe.com/products/air/ をご覧ください。

アドビ システムズ社ではLinuxコミュニティへの支援に注力しているほか、Flash Playerのクロスプラットフォーム対応も推進しており、その一環として、今回、64-bit Linux対応のAdobe Flash Player 10のプレビュー版をAdobe Labs( http://www.adobe.com/go/linux64player )から提供します。このAdobe Flash Player 10は64-bit Linuxへネイティブインストールすることが可能なため、32-bitエミュレーションが不要となります。

MAX 2008では、Open Screen Projectの最新成果であるスマートフォン用Adobe Flash Player 10のプレビューも発表されました。リッチなスクリーン体験を提供することを目的とした業界の枠を超えたプロジェクトであるOpen Screen Projectでは、PCからモバイル端末、家電といったさまざまな機器をはじめ、オープンなWeb閲覧アプリケーションやスタンドアロンアプリケーションにおいて、まったく同じように動作するランタイム環境を提供するなど、Adobe Flashプラットフォームに関する開発を中心に活動が行われています。Open Screen Projectに関する詳しい情報はhttp://www.openscreenproject.org をご覧ください。

拡大するAdobe Flashプラットフォームによるエコシステム
Adobe Flashプラットフォームの背景には、活発的、かつ、成長を続けるエコシステムがあり、本日は、以下の参加企業からもさまざまな発表が行われました。

Acesis社は、Adobe Flashプラットフォームを活用して医師の業績を評価し、医療ミスを削減する画期的なSaaSソリューションを発表しました。
http://www.acesis.com/

Cynergy社は、メディアやエンターテイメントを取り扱う部門としてCynergy.MEを新設しました。これはAdobe Flashプラットフォームを使ってインタラクティブコンテンツやリッチインターネットアプリケーションを開発する部門です。
http://www.cynergysystems.com

Ensemble社は、Microsoft® Visual Studio®を使用し、アプリケーション用Flexフロントエンドを.NETで作ることを可能にするプラグイン、Ensemble Tofino for Visual Studioを発表しました。
http://www.ensemble.com

MicroStrategy社は、Adobe Flashプラットフォームを拡張し、Business Intelligenceを組み込んだRIAを開発できるようにするMicroStrategy 8™ソフトウェアの最新版を発表しました。
http://www.microstrategy.com

SAP社は、Flexコンポーネントを活用してSAPアプリケーション用のリッチユーザインタフェースを作成できるようにしました。
http://www.sap.com

Zend社は、アドビ システムズ社とZend社との初のパートナーシップ、およびZend Framework 1.7におけるAction Message Format(AMF)のサポートに対し、アドビ システムズ社の貢献があったことを発表しました。この新しいAMFコンポーネントは、Zend FrameworkサーバーサイドのPHPコンポーネントと、クライアントサイドのAdobe Flexコンポーネントの間における、データコミュニケーションを最適化します。
http://framework.zend.com

Adobe Flashプラットフォームは、高度なクリエイティブ機能、魅力的なユーザー体験や高度なAV再生能力と、OSを問わない広範なグローバル市場に向けたコンテンツの配信を実現します。Flash Playerのコンテンツは、インターネットに接続された98%以上のPCで再生することができます。Adobe FlashはWeb上で最も普及しているビデオフォーマットとなっており、オンラインビデオの81%以上がAdobe Flashを使用しています。Adobe Flashプラットフォームに関する詳しい情報は、http://www.adobe.com/flashplatform をご覧ください。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。