About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

アドビ システムズ社、モバイル機器とPCに対応した初のFlash Playerを発表

Open Screen Projectに参加するおよそ50社の企業が、マルチプラットフォーム対応の新たなブラウザ用ランタイムを支援

【2009年10月6日】

米国ロサンゼルス、ADOBE MAX 2009発(2009年10月5日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、Adobe® Flash® Player 10.1を発表しました。Adobe Flash Player 10.1により、スマートフォン、スマートブック、ネットブック、PCなどのインターネット対応端末を通して、Flash Platformを使用して作成されたコンテンツを、さまざまな場所のユーザーに提供することができます。

Windows Mobile®やPalm® webOS™に対応したこのブラウザベースのランタイムは、年内に開発者向けパブリックベータ版が公開される予定です。Windows、Macintosh、LinuxのデスクトップOS向けのベータは今年後半、Google® Android™とSymbian® OS向けのパブリックベータ版は、2010年前半の公開を予定しています。さらに、アドビ システムズ社とRIMは、Flash PlayerのBlackberry®スマートフォン対応を目指し協力することを発表しました。また、約50社が参加しているOpen Screen ProjectにGoogleが加わりました。

Flash Player 10.1は、Open Screen Projectで初となる一貫したランタイムであり、さまざまな機器で、表現力豊かなアプリケーションやコンテンツ、高品位(HD)動画で妥協のないWebブラウジングを実現できます。Flash Platformの生産性の高いWebプログラミングモデルを使用することで、Webデザイナーや開発者は、コードや資産を再利用し、異なるOSやブラウザ向けにコンテンツを作成、テスト、導入するためのコストを抑えることができます。Flash Player 10.1は、すべての対応プラットフォームで容易にアップデートでき、最新の機能をいち早く取り入れることで、Webの進化を実現できます。

Flash Player 10.1は、グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)の処理能力を活用し、動画とグラフィックスのアクセラレーションを実行しつつ、バッテリ寿命を節約し、リソースの利用を最小限に抑えることができます。デバイス本来の機能を活用するモバイル対応の新機能としては、マルチタッチ、ジェスチャー、モバイル入力モデル、加速度計、スクリーンオリエンテーションがあり、これによって、モバイルブラウジング体験には、比類のないクリエイティブコントロールと表現力が加わります。Flash Player 10.1は、Flash Access 2.0によるコンテンツ保護機能の搭載など、HTTPストリーミングによるメディア配信も活用します。Zeriのコードネームで知られるこの活動は、業界標準に基づくオープンなフォーマットであるとともに、コンテンツパブリッシャー、ディストリビューター、パートナーにとっては、HTTPの開発基盤を活用し、Flash Player 10.1とAIR 2.0による高品質なメディア配信の実現に必要なツールとなります。Flash Player 10.1についての詳細は、Adobe Labsに掲載されています。

アドビ システムズ社 プラットフォーム部門担当ゼネラルマネージャー兼バイスプレジデントであるデービッド ワドワーニ(David Wadhwani)は、「Flash Playerが最新のモバイルプラットフォームに対応することで、ユーザーは今後、FlashベースのWebコンテンツやアプリケーションのほぼすべてを、どこにいても体験できるようになります。Open Screen Projectでは、50社近くの業界の大手企業によって広範なコラボレーションが実現しており、世界の端末メーカー上位20社のうち19社とのコラボレーションが進行していることを非常に嬉しく思います。来年の上半期には、Android、Windows Mobile、Symbian、Palm webOSの各OSで、Flash Playerの完全版を搭載したデバイスが登場する予定であり、当社はこれを心待ちにしています」と述べています。
Googleのプロダクトマネジメント担当バイスプレジデントのサンダル ピチャイ(Sundar Pichai)氏は、「われわれは多くの期待をもってアドビ システムズと数々の業界の有力企業によるOpen Screen Projectに参加します。この取り組みは、Webをプラットフォームとして進化させること、そしてAdobe Flashに代表される技術を通じてIT業界における革新を加速させるという、共通の目標を推進するものです」と述べています。

マイクロソフトのプロダクトマネジメント担当ゼネラルマネージャーのステファニー ファーガソン(Stephanie Ferguson)氏は、「Adobe Flash技術によって、最新型のWindows携帯機器の主要な機能を実現しました。この技術を利用することでFlashを基盤とした表現力豊かなゲームや動画、その他のインタラクティブなWebコンテンツを外出中に楽しむことができます。Adobe Flash Player 10.1の新機能を、Windowsを搭載した端末のブラウザに実装できるのを楽しみにしています」と述べています。

モトローラのソフトウェアアプリケーション/エコシステム担当バイスプレジデントのクリスティ ワット(Christy Wyatt)氏は、「来年早々には、Flash Playerに対応したAndroid搭載機器をいち早く出荷できることを非常に嬉しく思います。Flash技術はWeb用で一番の動画プラットフォームで、これを採用したコンテンツで妥協のないブラウジングを実現することは、表現力豊かなモバイル体験と、今日のユーザーのモトローラへの期待を実現する上で必要不可欠です」と述べています。

Forum Nokiaの副社長であるプルニマ コチカー(Purnima Kochikar)氏は、「ノキアはアドビ システムズ社の長年のパートナーであり、従来のFlash技術を搭載したノキア端末の累積出荷台数は4億台を上回ります。携帯電話などのモバイル機器で、Flash Playerの利用が現実になることについては、非常に嬉しく思います。すべての機能が盛り込まれたFlash Playerが端末に搭載されることについては、大いに期待しており、2010年には、モバイル機器でFlash Player 10.1をサポートしたいと考えています」と述べています。

Open Screen Projectについて
アドビ システムズ社が推進役を務めるOpen Screen Projectは、様々な業界大手の約50社と協力しながら、携帯電話、PC、およびその他の消費者向けエレクトロニクスデバイスを対象に、一貫したランタイム環境の実現を目指しています。Open Screen Projectでは、幅広い種類の機器においてWebブラウジングや単体のアプリケーションにおける課題に対処し、どのような端末でもコンテンツやアプリケーションを表示する際の障壁を取り除くことに取り組んでいます。Open Screen Projectに関する詳細や動画は、www.openscreenproject.org/about/に掲載されています。

Adobe Flash Platformについて
Adobe Flash Platformは、Webのデザインと開発で業界をリードするプラットフォームであり、さまざまなOSや機器で同じように動作する表現力豊かなアプリケーション、コンテンツ、動画を開発することができ、これらはインターネットに接続された98%以上のPCで再生することができます。最新バージョンであるFlash Player 10は、初期リリースからわずか10カ月で全世界のPCの93%以上にインストールされました。comScore Media Metrixによれば、世界中で視聴されているオンラインビデオの約75%がAdobe Flash技術を使って配信されており、Adobe Flash技術はWeb上で最も普及している動画フォーマットとなっています。Disney.com、MLB.com ならびにDIRECTV などの主要放送局やメディア企業はWebでの動画配信にAdobe Flash Platformを利用しており、YouTube や MySpaceといったソーシャルネットワークサイトにおけるプラットフォームとして利用されています。Adobe Flash Platformについての詳細は、www.adobe.com/jp/flashplatformに掲載されています。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。