About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

プレスリリース

2010年4月12日
アドビ システムズ株式会社

アドビ システムズ社、
CREATIVE SUITE 5 DESIGN PREMIUMを発表

インタラクティブパブリッシングとデジタルコンテンツ作成の向上により
ベストセラー製品Creative Suiteのメジャーリリースが実現

【2010年4月12日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:クレイグ ティーゲル、以下 アドビ システムズ)は本日、ADOBE® CREATIVE SUITE® 5 DESIGN PREMIUM(Windows®版/Mac OS®版)および各構成製品の提供が、2010年5月28日(金)から、アドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。また、アドビストアでは4月12日(月)~6月30日(水)まで、CREATIVE SUITE 5各製品の発売を記念して、「アドビストア限定5大特典キャンペーン」を実施します。(http://www.adobe.com/jp/joc/store/

Adobe Creative Suite 5 Design Premiumは、印刷物、Web、インタラクティブメディア、モバイルコンテンツに対応した最先端のデザインツールです。ADOBE PHOTOSHOP® CS5 EXTENDED(別途リリース参照)、ADOBE ILLUSTRATOR® CS5、ADOBE INDESIGN® CS5(別途リリース参照)、ADOBE FLASH® PROFESSIONAL CS5、ADOBE DREAMWEAVER® CS5、ADOBE FIREWORKS® CS5と、ADOBE ACROBAT® 9 PRO、最新のAdobe CS Liveサービス(CS Liveオンラインサービスは期間限定で無償提供)の連携、コードの記述なしにインタラクティブデザインが可能なADOBE FLASH® CATALYST™ CS5(別途リリース参照)という強力な製品の最新バージョンを1つに統合したパッケージです。Design Premiumと同時に、ADOBE CREATIVE SUITE 5 DESIGN STANDARDも発表しました。

アドビシステムズ社 クリエイティブ ソリューション部門担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるジョン ロイアコノ(John Loiacono)は、「アドビ システムズ社はユーザーから最高のデザインを実現するツールの開発に加えて彼らのコンテンツが多様な端末に対応できるようにするための技術の提供を期待されています。携帯端末でのコンテンツ利用が進み、コンテンツの提供が紙以外の媒体に広がりつつある中、提供会社やデザイナーは、あらゆるメディアで表現力豊かで機能性の高い作品作りに取り組んでいます。Creative Suite 5は、こうした状況に対応できる魅力的なツールです。」と述べています。

コードを書かずにインタラクティブなデジタルコンテンツを作成
デザイナーはAdobe Creative Suite 5 Design Premiumを使い、コードを書かずにさまざまなインタラクティブコンテンツやデジタルコンテンツを制作することができます。PhotoshopやIllustratorに馴染みのあるユーザーは、このバージョンから搭載されたAdobe Flash Catalyst CS5により、作品をすぐにインタラクティブなコンテンツに変換することができます。Adobe Creative Suite 5 Design Premiumは、待望のFLASH PLAYER 10.1に先立ってリリースされました。Flash Player 10.1は、モバイル画面で高性能を実現できるよう最適化されており、端末にネイティブに搭載されている描画機能を活用することで、より表現力豊かで臨場感あふれるユーザー体験が実現できるよう設計されています。Adobe InDesign CS5の新機能は、インタラクティブ、モーション、音声、動画をともなうデザインにより、これまで以上に魅力的な手法で人とコンテンツを結び付けることを可能にするため、優れたデジタルドキュメントや出版物、プレゼンテーションを作成することができます。

Discovery Channel、GAP、Nokia、Coleman、Tahoe Mountain Resortなどの顧客企業を持ち、ブランディング、パッケージ、動画、Webサイト、印刷物のグラフィックデザインや環境デザイン、さらに戦略的マーケティングを提案するMarkatos|Mooreの社長、タイラー ムーア(Tyler Moore)氏は、「Adobe Illustrator CS5とFlash Catalyst CS5の連携により、Illustratorの作品から簡単にインタラクティブデザインを作成できるようになりました。これは、当社にとって非常に画期的な出来事です。今後は、多くのインタラクティブなデザイン要素を自分たちで作り出すことができます」と述べています。

クリエイティブコンセプトを迅速かつ直感的に、そして妥協なしに表現
Creative Suite 5 Design Premiumには新たに150種類以上の機能が追加されました。Illustrator CS5とPhotoshop CS5の高度なペイント技術や描画技術と、処理能力や精度を高めた各種機能を組み合わせることで、デザイナーは、印刷メディアおよびデジタルメディア用のクリエイティブコンセプトを迅速かつ直感的に表現できるようになりました。Photoshop CS5の新しい精細な範囲選択の機能強化により、髪や木の葉といった非常に手間と時間のかかるタイプのエッジの検出とマスキングを高精度で行いつつ、背景色の汚れを排除できるため、複雑な画像選択が可能となります。選択が終わると、その画像エレメントを取り除くことができ、失われたピクセルはコンテンツに応じた修復によって手作業の4分の1の時間で補完できます。その際、照明や色調、ノイズを合わせることで、削除されたコンテンツは、最初から存在しなかったかのように見えます。InDesign CS5には、最新ツールや強化されたツールのほかにオブジェクト上のコントロール機能が採用されており、日常的なページレイアウト作業が迅速化および簡素化されます。ユーザーは単一のツールを通じて、フレーム単位のコンテンツの選択、調整、配布、回転、再配置、切り取り、スケーリングを行い、ほぼ半分の時間でページデザインを直感的に修正できます。InDesign CS5は、EPUB*のサポート強化などの新機能を通じて、デジタルパブリッシングへの移行を支援します。Illustrator CS5には最新のストロークオプションが採用されており、可変幅のストロークを動的に作成および編集できます。

デザインのレビューとテストを効率化
Adobe Creative Suite 5 Design Premiumは、5種類のオンラインサービスで構成され、クリエイティブワークフローの主要部分を高速化する新サービス、「Adobe CS Live」と連携しています。これによりデザイナーは、最高の作品を作り上げることに専念できます。CS Liveオンラインサービスは期間限定で無償提供され、現時点ではAdobe BrowserLab、Adobe CS Review、Acrobat.com、OmnitureのSiteCatalyst® NetAverages™が利用可能です。Design PremiumユーザーはAdobe CS Reviewを使い、Photoshopの作品、Illustratorのグラフィックス、InDesignのページレイアウトのレビューを、作成元のCreative Suiteソフトウェアから迅速にWebに公開できます。スタッフや顧客は、Photoshop、Illustrator、InDesign内に自動的に表示される簡便な注釈ツールを使い、デザインの過程で閲覧やコメントを行うことができます。

株式会社スイッチの鷹野雅弘氏は、「久しぶりにアドビシステムズから『新バージョンが出ること』へのワクワク感を味わっています。中でも、Photoshopの『コンテンツに応じた修復』、InDesignの『段抜き見出し』、Illustratorの『絵筆ブラシ』に注目しています。さらにIllustratorでは『command+クリックで背面のオブジェクトを選択』、『選択ツールのままでパス連結が可能に』、Photoshopでは、切り抜き時に“三分割法”のガイドが出ることなど、新機能紹介には出てこない“細やかな改良”が日々の仕事の効率性を上げ、クリエイティブを加速させてくれます」と述べています。

製品に関する詳細な情報は以下のURLをご参照ください。
http://www.adobe.com/jp/products/creativesuite/design

アドビストア提供価格(税込)
これまでと異なり、本バージョンからは、Suite製品のアップグレード版「C」(単体製品からSuite製品へのアップグレードや、Suite製品からMaster Collectionへのアップグレード)はアドビストアのみでの取り扱いになります。
本バージョンからは、すべての単体製品の特別提供版は(Photoshop ElementsからPhotoshopへのアップグレードなど)、アドビストアのみでの取り扱いになります。
アドビストアでは、各製品のダウンロード版も提供しています。ダウンロード版は本体価格のみでご購入いただけます。

ADOBE CREATIVE SUITE 5 DESIGN PREMIUM (Windows版/ Mac OS版)

製品版
249,900円 (本体価格 238,000円)

アップグレード版「A」
98,700円 (本体価格 94,000円)
※Adobe Creative Suite 4からのアップグレード

アップグレード版「B」
134,400円 (本体価格 128,000円)
※Adobe Creative Suite 2.x、または3.xからのアップグレード(Macromedia® Studio 8 及びAdobe Creative Suite Production Studioを含む)

アップグレード版「C」
198,450円 (本体価格 189,000円)
※対象となる単体製品からのアップグレード

学生・教職員個人版
100,380円 (本体価格 95,600円)

構成製品:Adobe Photoshop CS5 Extended 日本語版、Adobe Illustrator CS5 日本語版、Adobe InDesign CS5 日本語版、Adobe Flash Catalyst CS5 日本語版、Adobe Flash Professional CS5 日本語版、Adobe Dreamweaver CS5日本語版、Adobe Fireworks CS5日本語版、Adobe Acrobat 9 Pro 日本語版

ADOBE CREATIVE SUITE 5 DESIGN STANDARD (Windows版/ Mac OS版)

製品版
198,450円 (本体価格 189,000円)

アップグレード版「A」
84,000円 (本体価格 80,000円)
※Adobe Creative Suite 4からのアップグレード

アップグレード版「B」
108,990円 (本体価格 103,800円)
※Adobe Creative Suite 2.x、または3.xからのアップグレード(Macromedia® Studio 8 及びAdobe Creative Suite Production Studioを含む)

アップグレード版「C」
140,910円 (本体価格 134,200円)
※対象となる単体製品からのアップグレード

学生・教職員個人版
67,830円 (本体価格 64,600円)

構成製品:Adobe Photoshop CS5 日本語版、Adobe Illustrator CS5 日本語版、Adobe InDesign CS5 日本語版、Adobe Acrobat 9 Pro 日本語版

*EPUBは、米国の電子書籍標準化団体であるIDPF(国際電子出版フォーラム)が開発したオープンな電子書籍形式です。

アドビ システムズ社について

アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。