About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

プレスリリース

2010年4月12日
アドビ システムズ株式会社

アドビ システムズ社、
ADOBE CREATIVE SUITE 5 MASTER COLLECTIONを発表

画期的なインタラクティブデザインツールとOmnitureの統合により、
クリエイティブコンテンツとデジタルマーケティングキャンペーンの効果を最大化

【2010年4月12日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:クレイグ ティーゲル、以下 アドビ システムズ)は本日、ADOBE® CREATIVE SUITE® 5 MASTER COLLECTION(Windows®版/Mac OS®版)および各構成製品の提供が、2010年5月28日(金)から、アドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。また、アドビストアでは4月12日(月)~6月30日(水)まで、Creative Suite 5各製品の発売を記念して、「アドビストア限定5大特典キャンペーン」を実施します。(http://www.adobe.com/jp/joc/store)

Adobe Creative Suite 5 Master Collectionは、最先端のデザインならびに開発用ソフトウェアであり、多種多様なクリエイティブワークフローに対応しています。インタラクティブ機能やパフォーマンスの向上に加え、Creative Suite 5の製品ラインアップは、昨今の多様なメディアや端末を通じたデジタルコンテンツやマーケティングキャンペーンのインパクトを最大化できます。フラッグシップのクリエイティブツールがフルバージョンアップしただけではなく、デザイナーと開発者間のワークフローが、これまで以上に強化されました。オンラインコンテンツとオンラインマーケティングの最適化機能を初めて統合し、Omniture®のサービスを別途使用すれば、Webサイトなどのソースが生成する情報をキャプチャ、保存、分析することができます。さらに、今回新しく加わったコンポーネントであるADOBE FLASH® CATALYST™により、コードを書かずにインタラクティブコンテンツの制作が可能となり、デザイナーと開発者間のコラボレーションプロセスが向上します。

さらにAdobe Creative Suite 5 Master Collection は、待望のリリースとなるFLASH PLAYER 10.1とADOBE AIR® 2向けのコンテンツやアプリケーションの開発を可能にします。これらは、モバイル端末においてさらに優れたパフォーマンスを提供し、端末本体が持つ機能を使用できるようになります。これにより、さらにリッチで魅力的なユーザー体験を提供することができるようになります。

Adobe Creative Suite 5 Master Collection は、アドビ システムズのCreative Suiteツールの全製品―ADOBE PHOTOSHOP® CS5 EXTENDED(別途リリース参照)、ADOBE ILLUSTRATOR® CS5(別途リリース参照)、ADOBE INDESIGN® CS5(別途リリース参照)、ADOBE FLASH CATALYST CS5(別途リリース参照)、ADOBE FLASH PROFESSIONAL CS5、ADOBE DREAMWEAVER® CS5、ADOBE FIREWORKS® CS5、ADOBE CONTRIBUTE® CS5、ADOBE PREMIERE® PRO CS5(別途リリース参照)、ADOBE AFTER EFFECTS® CS5、ADOBE SOUNDBOOTH® CS5―を1つのパッケージに収録したものです。これらのツールは、単体で購入することも、Creative Suiteの5つのエディションの1つとして購入することも可能です。Adobe Creative Suite 5のラインアップは、ADOBE CREATIVE SUITE 5 MASTER COLLECTION、ADOBE CREATIVE SUITE 5 DESIGN PREMIUM、ADOBE CREATIVE SUITE 5 WEB PREMIUM、ADOBE CREATIVE SUITE 5 PRODUCTION PREMIUM、ADOBE CREATIVE SUITE 5 DESIGN STANDARDと、15種類の単体製品、関連技術、最新のAdobe CS Liveサービス(CS Liveサービスは期間限定で無償提供)*で構成されています。

アドビ システムズ社の社長兼CEO(最高経営責任者)であるシャンタヌ ナラヤン(Shantanu Narayen)は、「Adobe Creative Suite 5は、これまでにないクリエイティブ機能の実現というアドビ システムズの名高い歴史を踏襲しつつ、今回のリリースで、デジタルコンテンツによって収益性の高いビジネスを構築するという、世界中のコンテンツ提供会社やクリエイターの直面する課題を念頭に開発しました。コンテンツ提供会社、デザイナー、マーケターがオンラインビジネス解析と当社のクリエイティブツールを組み合わせれば、様々なメディアや端末で魅力的なデジタル体験を作成、提供、最適化できます」と述べています。

境界のないデザイン
Adobe Creative Suite 5 Master Collection には、250以上の新機能が搭載されています。Adobe InDesign CS5は、最新のインタラクティブドキュメントと電子リーダーデバイスのサポート強化により、デジタルパブリッシングへの移行を支援します。Adobe Photoshop CS5には、短時間でマスクをきることができる優れたエッジ検出技術が採用され、画像の作成と編集が向上しました。さらにAdobe Photoshop CS5には、ひとつの画像から特定の要素を取り除くと同時に、これによって失われたピクセルを即座に補完する「コンテンツに応じた修復」も含まれています。また、Adobe Illustrator CS5ユーザーは最新のストロークオプションを使って任意のストロークを作成し、ストロークのどの時点でも幅を正確に調整できます。

より素早く、より精細に
Adobe Creative Suite 5 Master Collectionは、さまざまな部分に画期的な技術を採用しており、これらの技術を連携させることでパフォーマンスを大幅に向上させます。Adobe Photoshop、Adobe Premiere Pro、After EffectsがMac OSとWindowsの両方でネイティブの64ビットアプリケーションとなったことで、高解像度の素材を扱うプロジェクトにおける作業が劇的に高速になりました。Adobe Premiere Pro CS5ユーザーは、NVIDIA® GPUアクセラレーション対応Adobe Mercury Playback Engineによって速やかにプロジェクトを開き、エフェクトを多用したHDシーケンスにリアルタイムで手を加え、複雑なプロジェクトをレンダリングなしに再生できます。Adobe After Effectsのロトブラシツールを使用すれば、映像内のひとつの要素を、背景から切り抜くロトスコーピングも、非常に短時間で実行できます。さらにAdobe Dreamweaver CS5には人気のコンテンツ管理システムであるDrupal、Joomla!、WordPressのサポートが追加され、デザイナーは動的なWebコンテンツを正確に把握しながら、サイト開発を行えます。

新しいオンラインサービスでワークフローを高速化
Adobe Creative Suite 5の各製品は、新たに加わったオンラインサービス、「Adobe CS Live」と一緒にご利用いただくことで、ワークフローを高速化することができます。これによりデザイナーは、最高の作品を作り上げることに専念できます。CS Liveオンラインサービスは期間限定で無償提供され、現時点ではAdobe BrowserLab、Adobe CS Review、Acrobat.com、Adobe Story(英語のみで利用可能)、OmnitureのSiteCatalyst® NetAverages™が利用可能です。Adobe CS Reviewは、Creative Suite 5アプリケーションから直接オンラインでデザインレビューを実行できるサービスで、Adobe BrowserLabは、様々なブラウザやOSでWebコンテンツのテストを行うのに欠かせないサービスです。NetAveragesの提供するWebの使用状況データを利用すれば、Webやモバイル向けのデザインを行う際に、クリエイティブプロセスの早い段階でターゲットとするブラウザやOS、デバイスの優先度を決められます。Adobe Storyは台本作成のためのコラボレーションツールであり、Adobe Creative Suite 5 Production Premiumのプロダクションおよびポストプロダクションワークフローを向上させます(こちらのサービスは英語環境でのみ利用可能です)。さらに、Web会議機能のAdobe ConnectNowをはじめとするAcrobat.comサービスを利用すれば、世界中のスタッフや顧客とのディスカッションや情報交換をオンラインで行えます。

多様なモバイル端末向けの開発と配信
デザイナーや開発者は、Flash Professional CS5を使用することで、スマートフォン、タブレット、ネットブック、スマートブック、家電製品など、幅広いモバイルプラットフォームおよび端末向けに、Webコンテンツの作成、テスト、配信を行うことができます。Flash Player 10.1を使いブラウザ内のコンテンツとして実装することも、AIR 2によってスタンドアロンアプリケーションとして実装することも可能です。さらにFlash Professional CS5の構成製品であるPackager for iPhoneを使って、 iPhoneやiPad上で展開できるアプリケーションを開発することができます(Appleの要件ならびに承認に影響をうける場合があります)。将来的にはAndroid、BlackBerry、Palm webOSなどのデバイスのサポートを予定しています。

製品に関する詳細な情報は以下のURLをご参照ください。
http://www.adobe.com/jp/products/creativesuite/mastercollection/

アドビストア提供価格(税込)
これまでと異なり、本バージョンからは、Suite製品のアップグレード版「C」(単体製 品からSuite製品へのアップグレードや、Suite製品からMaster Collectionへのアップグレード)はアドビストアのみでの取り扱いになります。
本バージョンからは、すべての単体製品の特別提供版は(Photoshop ElementsからPhotoshopへのアップグレードなど)、アドビストアのみでの取り扱いになります。
アドビストアでは、各製品のダウンロード版も提供しています。ダウンロード版は本体価格のみでご購入いただけます。

ADOBE CREATIVE SUITE 5 MASTER COLLECTION (Windows版/ Mac OS版)

製品版
397,950円 (本体価格 379,000円)

アップグレード版「A」
159,600円 (本体価格 152,000円)
※Adobe Creative Suite 4 Master Collectionからのアップグレード

アップグレード版「B」
218,400円 (本体価格 208,000円)
※Adobe Creative Suite 3.x Master Collectionからのアップグレード

アップグレード版「C」
228,900円 (本体価格 218,000円)
※対象のCreative Suite 5、4、3.x、または2.x、Macromedia Studio 8などのSuite製品からのアップグレード

詳細な対象製品は下記の通りです
ADOBE CREATIVE SUITE PRODUCTION STUDIO PREMIUM
ADOBE CREATIVE SUITE PRODUCTION STUDIO STANDARD
MACROMEDIA STUDIO 8
ADOBE DESIGN BUNDLE
ADOBE WEB BUNDLE
ADOBE VIDEO BUNDLE
ADOBE CREATIVE SUITE 2.x PREMIUM
ADOBE CREATIVE SUITE 2 STANDARD
ADOBE CREATIVE SUITE 3.x / 4 / 5 DESIGN PREMIUM
ADOBE CREATIVE SUITE 3.x / 4 / 5 DESIGN STANDARD
ADOBE CREATIVE SUITE 3.x / 4 / 5 WEB PREMIUM
ADOBE CREATIVE SUITE 3 / 4 WEB STANDARD

学生・教職員個人版
125,790円 (本体価格 119,800円)

構成製品:Adobe Photoshop CS5 Extended 日本語版、Adobe Illustrator CS5 日本語版、Adobe InDesign CS5 日本語版、Adobe Acrobat 9 Pro 日本語版、Adobe Flash Catalyst CS5 日本語版、Adobe Flash Professional CS5 日本語版、Adobe Flash Builder 4 Standard日本語版、Adobe Dreamweaver CS5日本語版、Adobe Fireworks CS5日本語版、Adobe Contribute CS5 日本語版、Adobe Premiere Pro CS5日本語版、Adobe After Effects CS5日本語版、Adobe Soundbooth CS5日本語版、Adobe OnLocation CS5日本語版、Adobe Encore CS5日本語版

* 本製品を使用することで、高速インターネット接続を使用した場合、CS Liveオンラインサービス(以下、「オンラインサービス」という)を含む、オンラインでホストされる特定の機能を利用し、機能を拡張できる可能性があります。オンラインサービス、およびこれに関する一部機能は、すべての国、言語、および/または通貨では利用できない場合があるほか、全部または一部が予告なしに中止される場合があります。オンラインサービスの使用は、別個の利用規約およびオンラインプライバシーポリシーによって規定され、一部サービスの利用には、ユーザー登録が必要となることがあります。当初に無償提供されるサービスを含む一部のオンラインサービスは、追加料金が必要となる場合や、別途申し込みが必要となる場合があります。詳細ならびに適用される利用規約およびオンラインプライバシーポリシーを確認するには、www.adobe.comをご覧ください。CS Liveオンラインサービスについての詳細は、www.adobe.com/go/csliveをご覧ください。

アドビ システムズ社について

アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。