About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

プレスリリース

2010年4月12日
アドビ システムズ株式会社

アドビ システムズ社、
ADOBE ILLUSTORATOR CS5を発表

かつてない操作性の向上と多くの機能強化によって、
様々なメディアに対応した制作環境を実現

【2010年4月12日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:クレイグ ティーゲル、以下 アドビ システムズ)は本日、ADOBE® ILLUSTRATOR® CS5が、2010年5月28日(金)から、アドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。また、アドビストアでは4月12日(月)~6月30日(水)まで、ADOBE CREATIVE SUITE® 5各製品の発売を記念して、「アドビストア限定5大特典キャンペーン」を実施します。(http://www.adobe.com/jp/joc/store

Illustrator CS5は、高度な描画ツール、表現力豊かでナチュラルなブラシなど、独自のアートワークの制作を可能にする包括的なベクトルフグラフィックスソフトウェアの魅力的な最新版です。また、日常の作業時間を短縮し、ソフトウェアの効率性に大きな影響を与える機能を数多く搭載しています。

Adobe Illustrator CS5は、単体製品として提供されるほか、Adobe Creative Suite 5の各エディション(別途リリース参照)の構成製品として提供されます。 アドビ システムズ社クリエイティブ ソリューション ビジネスユニット担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるデーブ バーケット(David Burkett)は「Illustratorは、クリエイティブ分野の柱となる製品であり、Flash Catalystなどの最新製品と組み合わせることで、グラフィックスプロフェッショナルやアーティストは、インタラクティブデザインへの新たな入り口に立つことになります。制作対象が紙媒体であってもデジタルメディアであっても、Illustrator CS5は、生産性の向上と最新の強力な描画ツール、ペイントツールの間で最適なバランスを実現することで、印象的でインパクトのあるデザインの提供を実現します」と述べています。

強力なクリエイティブツール
Illustrator CS5は、最新のストローク機能とペイント機能を搭載しています。ストロークを用いたデザインは、これまで以上に強力で柔軟なものとなりました。ユーザーは、パスのどの時点でもストローク幅をコントロールでき、コーナーやパスの終端にダッシュを合わせ、ストロークパネルから矢じりを直接追加してポイント上に正確に置き、パスに沿ってブラシがどのように広がるかをコントロールできます。ペイントの画期的なコントロールを実現する最新の絵筆ブラシによって、ベクターによるペイントは、さながら現実世界のブラシストロークのようになります。また、このツールを使用することで、デザイナーは、サイズ、毛の長さ、厚み、堅さ、絵筆の形状、毛の密度、ペイントの不透明度など、ブリストルの特性を設定し、実物さながらの混ざり具合を試すことができます。 さらに、最新の透視図機能によって、デザインに深みが加わります。アーティストは、遠近グリッドを使用し、1、2、3消失点の正確な線遠近法で形やシーンを描画し、移動、スケーリング、複製と、ライブテキストやシンボルなどのオブジェクトの変形を、遠近法によって動的に行うことができます。

グラフィックスとインタラクティブアートのスタジオとして、Adidas Skateboarding、Nike Biz、GAP、ニューヨーク近代美術館、Tracy Chapmanなどの顧客を持つOrdinary Kidsのアートディレクター、アンディ ホーグッド(Andy Hawgood)氏は、「Adobe Illustrator CS5の提供する数多くの新機能によって、当社のチームは迅速に作業を行いつつ、印刷、Web、インタラクティブ、携帯のデザイン向けに、鮮明で精密なグラフィックスを提供できます。例えば、私は、ロゴのニュアンスの調整作業で、Illustrator CS5の可変幅ストローク機能を試しましたが、これには驚かされました。デザイナーは、この機能を試したくなるでしょう。」と述べています。

スムーズかつ効率的な作業を、あらゆるメディアへ提供
Illustrator CS5の新たな技術革新は、効率的な作業形態を推進します。今後は、複数のアートボードに名前を付けて、体系化し、閲覧することも簡単になりました。他のオブジェクトの後ろや中で描画するための新機能によって、マスキングとレイヤーコントロールを自動で行い、複雑なデザインを迅速に作成できます。一度のキーストロークでパスに参加し、9スライスのコントロールでシンボルを拡大するとともに、シェイプを直感的に結合、編集し、アートボードから直接埋めることができます。

デザイナーはIllustrator CS5を使用することで、事実上あらゆるプロジェクトにベクターアートワークを組み込み、様々なメディアで確実に提供できます。ADOBE FLASH® CATALYST® CS5(別途リリース参照)、ADOBE FLASH PROFESSIONAL CS5、Adobe DREAMWEAVER® CS5向けのアートワークのデザインを行う際、Illustratorユーザーは、ファイルのピクセルグリッド上でベクターオブジェクトを正確に作成し、ピクセル位置合わせをしたアートワークを提供し、ラスターイメージのシャープな外観を維持できます。さらに、Flash Catalyst CS5でIllustratorのデザインを開くことで、コードを書かずにインタラクティブコンポーネントを作り出すことができます。変更が必要な場合、ラウンドトリップ編集により、Illustrator内でアートワークの仕上げを行いつつ、Flash Catalystで追加された構造やインタラクティブなコンテンツのデザインを保てます。

Adobe Illustrator CS5は、今月すでに発表されたApple® iPad™とiPhone向けのAdobe Ideasデジタルスケッチブックに続く形で発売されます。Adobe Ideasは、Adobe IllustratorおよびADOBE PHOTOSHOP®との理想的な組み合わせを実現し、ユーザーは、どこからでもデザインコンセプトのスケッチを行い、タブレットや携帯電話上に保存された写真からカラーテーマのキャプチャ・保存を行い、PDFファイルとしてアイデアを電子メールで送信し、IllustratorやPhotoshopで編集したり、あらゆるPDFビューワで閲覧したりすることができます。主要機能としては、ベクターベースのシンプルな描画ツール、ズームコントロール、マルチタッチコントロール対応の可変サイズブラシなどがあります。

レビュープロセスの合理化
新たなツールとサービスがAdobe Illustrator CS5と連携することにより、レビュープロセスの効率化を実現できます。Adobe CS Reviewによって、ユーザーは、Illustrator CS5内からドキュメントのレビューをオンラインで作成・共有できます。Adobe CS Reviewは、5種類のオンラインサービスで構成され、クリエイティブワークフローの代表的な側面を高速化する新サービス、Adobe CS Liveの一部です。CS Liveオンラインサービスは、期間限定で無償提供され、現在は、Adobe BrowserLab、Adobe CS Review、Acrobat.com、Adobe Story(英語のみで利用可能)、OmnitureのSiteCatalyst® NetAverages™で構成されます。

イラストレーターの大賀葉子氏は「今回のIllustratorはユーザーの期待に応えられている進化を感じます。新しく搭載された遠近描画では、スムーズで正確な立体的なオブジェクトを作成でき、今まで描くことが難しかったパースの揃った絵も簡単に作成できそうです。また線の機能強化は細かい設定が揃い、ユーザーの声に応えられており、全てのユーザーが歓迎すると思います。その他、数多い機能強化の中でも私が一番使いたいのは「絵筆ブラシ」です。今までは表現が難しかった、ウェット感のあるブラシで、イラストレーターである私はこの機能にも注目しております。いろいろな意味で、これほどリリースが楽しみなバージョンは今までありませんでした、1日でも早く使って作品を作ってみたいです。」と述べています。

製品に関する詳細な情報は以下のURLをご参照ください。
http://www.adobe.com/jp/products/illustrator

アドビストア提供価格(税込)
本バージョンからは、すべての単体製品の特別提供版は、アドビストアのみでの取り扱いになります。
アドビストアでは、各製品のダウンロード版も提供しています。ダウンロード版は本体価格のみでご購入いただけます。

ADOBE ILLUSTRATOR CS5 日本語版 (Windows版/ Mac OS版)

製品版
84,000円 (本体価格 80,000円)

アップグレード版※1
26,250円 (本体価格 25,000円)

特別提供版※2
26,250円 (本体価格 25,000円)

学生・教職員個人版
26,460円 (本体価格 25,200円)

※1アップグレード版の対象ユーザーは、Adobe Illustrator CS2/3/4日本語版の正規登録ユーザー
※2特別提供版の対象ユーザーは、Macromedia FreeHand MX、10または9日本語版の正規登録ユーザー

アドビ システムズ社について

アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。