アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2011年10月4日
アドビ システムズ 株式会社

アドビ システムズ社、PhoneGapの開発元であるNitobi社の買収合意を発表

オープンソースのHTML5モバイルアプリケーションプラットフォームを通じ、HTML5とWebへの標準規格戦略を加速

【2011年10月4日】

米国カリフォルニア州ロサンゼルス発(2011年10月3日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、Adobe® MAX 2011カンファレンスにて、PhoneGapとPhoneGap Buildの開発元で株式非公開企業のNitobi Software社の買収に関する正式契約を締結したと発表しました。PhoneGapは、HTML5とJavaScriptを用いたクロスプラットフォームの高速モバイルアプリケーションを容易に開発できる人気の高いオープンソースプラットフォームです。PhoneGapが加わることにより、アドビ システムズ社は今後、ネイティブモバイルアプリケーションをクロスプラットフォームで開発しようとする開発者へ、HTML5/JavaScriptとPhoneGapを使用したソリューションと、Adobe® Flash®とAdobe AIR®を使用したソリューションという、2つの強力な選択肢を提供することになります。PhoneGapのオープンソースフレームワークの累計ダウンロード数は60万回を超え、Android、iOS、BlackBerryなどのOSに対応した各種デバイスのモバイルアプリケーションストアでは、PhoneGapを使用して開発されたアプリケーションが多数用意されています。

アドビ システムズ社 プラットフォーム担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるダニー ウィノカー(Danny Winokur)は、「HTML5開発者にとって、PhoneGapが業界の流れを決定付けるアプリケーションソリューションであることは、すでに周知の事実です。最新のWeb規格を用いたモバイルアプリケーションを幅広く開発する上で、PhoneGapは最高のソリューションであり、これはすでにDreamweaver® CS5.5とも連携しています。PhoneGapは、Adobe AIRなどのアドビ システムズ社の広範な開発者向けソリューションファミリーを完璧に補完する製品です。これによって、コンテンツパブリッシャーや開発者には、様々なプラットフォームとデバイスで画期的なアプリケーションを開発することのできる最高・最先端のソリューションを引き続きお届けできます」と述べています。

Nitobi社のCEOであるアンドレ チャーランド(Andre Charland)氏は、「アドビ システムズ社は、これまで常に、オープンソースコミュニティを大々的に支援しており、様々なデバイスの画面を対象とした、表現力豊かなWebベースのアプリケーションを実現すべく、業界の最先端を走っています。最高のモバイル/Webアプリケーションの実現について、私たちは同じ哲学を分かち合っています。業界をリードするツールとテクノロジーを持つアドビ システムズ社の一員となることで、PhoneGapと当社のお客様には、驚くべき新たな機会が開かれます」と述べています。

Nitobi社のCTOであるデイブ ジョンソン(Dave Johnson)氏は、「非常に嬉しいことに、今回は、PhoneGapのコードをApache Software Foundationに寄贈することも発表させていただきます。アドビ システムズ社は、当社の決定を全面的に支持してくださっており、開発者とオープンソースコミュニティを重視する同社の継続的な姿勢があらためて浮き彫りとなりました。Apache Software Foundationのモデルにより、コントリビューターは、オープンソースの製品開発でコラボレーションを行うことができます。アドビ システムズ社とNitobi社では、他のコミュニティメンバーと協力し、PhoneGapテクノロジーの発展ができることを嬉しく思います」と述べています。

Nitobi社本社はカナダのバンクーバーにあり、同社従業員はアドビ システムズ社の所属となる予定です。買収は、特定の完了条件を満たす必要があり、2011年10月までの完了を予定しています。なお、今回の買収条件は非公開です。

アドビ システムズ社は本日、HTML、JavaScript、CSSの最新機能を使用し、FlashのようなアニメーションをWebサイトやモバイルアプリケーション上で表示可能なHTML5対応モーション/インタラクションツールの新製品であるAdobe Edgeのパブリックプレビュー版(第3版)も公開しました。最新版には、画期的なインタラクティブ機能をはじめ、開発コミュニティの提案による各種機能が追加されており、コンテンツクリエイターは、HTML5のみのWebサイトやモバイルアプリケーションで、かつてないレベルの表現力豊かな視覚効果を簡単に制作できます。

さらに、アドビ システムズ社では、Adobe DreamweaverやFlash Professionalなどの既存のツールも拡張しており、これらのツールを使用するデザイナーや開発者に、次世代のWeb規格を提供しています。アドビ システムズ社は本日、新製品のCSS3 Mobile Pack for Adobe Fireworks®を公開しました。これによって、デザイナーは、FireworksのデザインエレメントからCSS3を簡単に抽出し、これをHTMLベースのWebサイトやモバイルアプリケーションへと素早く追加することができます。

アドビ システムズ社は引き続き、HTML5コミュニティと緊密に連携し、W3Cのほか、WebKitやJQueryなどの主要なオープンソースプロジェクトに重要な貢献を果たしていきます。同社はこのたび、Web規格を使用し、雑誌のような高度なレイアウトが可能なCSS Regionsに関する提案をマイクロソフトと共同作成し、これをW3Cに提出しました。また、ChromiumやWebKitブラウザの最新ビルドですでに利用可能なオープンソースのWebKitレイアウトエンジンに対し、CSS Regionsの予備実装を提供しています。なお、マイクロソフトは、Internet Explorer 10の最新のプレビュー版で実装を対応させています。さらに、アドビ システムズ社は本日、他のW3Cメンバーとの共同編集による、W3Cへの新たな提案を発表しました。これはCSS Shadersと呼ばれるもので、映画のような視覚効果をHTMLで表現することができます。最後に、アドビ システムズ社は、タッチ入力に最適化されたオープンソースのJavaScriptフレームワークとして好評で、同社が主要なコントリビューターを務めているjQuery Mobile 1.0が、リリース候補版(RC1)として今週提供を開始されたことを発表しました。本リリースに合わせ、ThemeRollerの最新版も公開されます。これは、アドビ システムズ社がゼロから作り直したもので、jQueryのカスタムユーザーインターフェイスのテーマを設計し、モバイルWebプロジェクトと緊密な連携を実現します。

アドビ システムズ 社について

アドビ システムズ 社は、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, AIR, Dreamweaver, Fireworks and Flash are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2011 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.