アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2011年12月22日
アドビ システムズ 株式会社

アドビ システムズ社とTIS、
Adobe Insightの日本での本格提供を開始

迅速な意思決定を支援するリアルタイム分析ソリューションを国内で本格展開

【2011年12月22日】

Adobe Systems Incorporated(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ システムズ社)は、アドビ システムズ社とTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下TIS)が、アドビ システムズ社のマルチチャネルデータ統合分析ソリューション、Adobe® Insightの提供に関する販売提携を結んだことを発表しました。

企業が扱うデータは増加の一途をたどっています。この膨大なデータをビジネスにおける意思決定に活用できるレベルにまで分析するには、従来のツールでは時間を要し、使い勝手もよいものではありませんでした。Adobe Insightは、同社が提供する解析ツールのAdobe SiteCatalyst®のようなオンラインの分析データだけでなく、コールセンター、ATM、POSシステム、キオスク端末、RFIDタグ、予約システムなどのオフラインデータまで、企業内に蓄積される膨大なビジネスデータのリアルタイムな解析を実現する最新のビジネス ソリューションです。さらにアドビ システムズ社の革新的なビジュアルインターフェースにより、膨大なビジネスデータの分析結果を利用者が理解しやすい形で提供することとなり、マーケティングやビジネスにおける迅速な意思決定を支援します。

アドビ システムズ社はこれまで、日本市場ではAdobe Insightを直販により提供していましたが、ネット事業者向けシステム開発において確かな実績を持つTISとの販売提携契約により、日本での販売の更なる強化と新たな販売チャネルを得ることになります。

今後、TISは、Adobe Insightの導入と、導入時に派生的に発生するシステム開発やインフラ構築および運用を組み合わせ、社内の膨大なビジネスデータを活用した意思決定支援など、情報を有効活用するニーズがある大手ネット系事業者向けにAdobe Insightを提供していきます。

製品に関する詳細な情報は以下のURLをご参照ください。
www.omniture.com/jp/products/multichannel_analytics/insight

Adobe Digital Marketing Suiteについて
Adobe Digital Marketing Suiteは、オンライン ビジネス最適化のための統合されたオープンなプラットフォームです。顧客インサイトを活用することで、ビジネスでの革新を促すとともにマーケティングの効率を高めることができます。この統合ソリューションは、顧客インサイトを収集・活用し、集客やコンバージョン、リテンション、およびコンテンツ作成と配信を最適化するためのアプリケーションから構成されています。例えば、マーケターはこの統合ソリューションを使って最も効果的なマーケティング戦略と広告の出稿プランを決定でき、またWebサイト、ディスプレイ広告、e-メール、ソーシャルメディア、ビデオ、モバイルなどのデジタルマーケティング チャンネルを横断して、関連性が高く、パーソナライズされ、一貫性のある顧客体験を作り出すことができます。この統合ソリューションでは、顧客とのインタラクションの改善や自動化ができるため、マーケティングROI(投資対効果)を最大化し、最終的には利益率を高めることが可能です。

アドビ システムズ 社について
アドビ システムズ 社は、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo and SiteCatalyst are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2011 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.