アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2012年3月23日
アドビ システムズ 株式会社

アドビ システムズ社の調査により、ソーシャルメディアによる
影響の価値が100%近く過小評価されていることが判明

17億回のWebサイト訪問を検証した結果、マーケターが新たなアトリビューションモデルを考慮する必要があることが判明

【2012年3月23日】

米国ユタ州ソルトレークシティ、Adobe Digital Marketing Summit発(2012年3月22日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、デジタルマーケティングに関する重要なインサイトをマーケティング、e-コマース、および小売分野のエグゼクティブに提供する、第2回となるAdobe® Digital Indexレポートの内容を発表しました。この調査では、Facebook、Twitter、Pinterest、Tumblr、Blogger、YouTube、およびYelpを含む主要なソーシャルメディアサイトからのWebサイトトラフィックの影響をマーケターがどのように測定しているかが検証されました。米国の225社を超える小売、旅行、およびメディア産業企業のWebサイトへの17億回を超える訪問が分析され、マーケターはソーシャルなトラフィックの価値を非常に過小評価しているという結論が得られました。

主な調査結果

•ラストクリックアトリビューションの使用はマーケターに最も一般的に使用されているモデルですが、ソーシャルメディアがWebサイトに与える影響について最大94%過小評価する原因になり得ます。
•ファーストクリックアトリビューションモデルの方が、購買プロセスの早い段階で顧客とエンゲージするソーシャルメディアのメリットをより正確に捉えます。
•さまざまなソーシャルメディアサイトについてファーストクリックとラストクリックアトリビューションモデルとの間には大きな差があり、これはマーケターによるソーシャルとその他のデジタルチャネルの間での予算配分に影響します。

なぜソーシャルメディアにとってはファーストクリック属性モデルの方が優れているか

ラストクリック属性モデルでは、消費者の行動に最も影響を及ぼすマーケティングチャネルは消費者が訪問または購入を行う直前のものであることが前提になっています。ファーストクリック属性モデルでは消費者が最初に接触したチャネルが最も影響を及ぼすと考えられています。ソーシャルメディアはブランドが認知を高め、購入プロセスの早い段階において見込み客や既存顧客をエンゲージすることのできる環境を作り出します。ラストクリック属性モデルではこのような早い段階のやり取りの価値が無視され、顧客が購入プロセスの後半の段階で使用するチャネルを過大評価し、認知拡大、エンゲージメント、および顧客とブランドとの間の継続的な関係を作り出す上でその他のチャネルが果たす役割が過小評価されます。これに対し、ファーストクリックアトリビューションモデルでは、このような早い段階のやり取りがより大きく評価されます。このラストクリックとファーストクリックモデルとの違いは大きく、企業がソーシャルメディアに充てる予算の配分に影響を及ぼす可能性があります。

アドビ システムズ社デジタルマーケティングビジネスユニット プロダクト&インダストリーマーケティング担当バイスプレジデントのアシーム チャンドラ(Aseem Chandra)は、「デジタルマーケターはソーシャルメディアをマーケティングミックスに早期に取り入れましたが、この複雑なチャネルを測定する新たな、より優れた手段についてはあまり考慮してこなかったかもしれません。今回の調査ではマーケターが従来の直接測定モデルを使用しがちであることが示されました。ソーシャルマーケティングをより正確に測定することができればROIも向上します。」と述べています。

Adobe Digital Index レポート

ソーシャルメディアに関するAdobe Digital Indexレポートの全文はこちらからダウンロードできます。

Adobe Digital Marketing Suite について

Adobe® Digital Marketing Suite は、ビジネス最適化のための統合されたオープンなマーケティングソリューションです。顧客インサイトを活用することで、ビジネスでの革新を促すとともにマーケティングの効率を高めることができます。この統合ソリューションは、顧客インサイトを収集・活用し、集客やコンバージョン、リテンション、およびコンテンツ作成と配信を最適化するためのアプリケーションから構成されています。例えば、マーケターはこの統合ソリューションを使って最も効果的なマーケティング戦略と広告の出稿プランを決定でき、またWeb サイト、ディスプレイ広告、e- メール、ソーシャルメディア、ビデオ、モバイルなどのデジタルマーケティングチャネルを横断して、関連性が高く、パーソナライズされ、一貫性のある顧客体験を作り出すことができます。この統合ソリューションでは、顧客とのインタラクションの改善や自動化ができるため、マーケティングROI(投資対効果)を最大化し、最終的には利益率を高めることが可能です。

アドビ システムズ 社について

アドビ システムズ 社は、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2012 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.