アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2012年9月25日
アドビ システムズ 株式会社

アドビ システムズ社、Adobe Edge ツール & サービスを発表

第一弾として、最新ブラウザーでよりリッチなエクスペリエンスを実現する
ツール群の目玉となるAdobe Edge Animate 1.0を、
Adobe Creative Cloudを通じて無償公開

【2012年9月25日】

米国カリフォルニア州サンフランシスコ発(2012年9月24日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ システムズ社)は本日、「Create the Web」イベントで、Webデザイナーや開発者向けの革新的なツールおよびサービス製品群を発表しました。これにより、HTML5、CSS3、JavaScriptなど、最新のWeb技術を使用した、美しいWebサイト、デジタルコンテンツ、モバイルアプリケーションをより簡単に作成することができます。CTOのケビン リンチ(Kevin Lynch)による基調講演で、アドビ システムズ社は、Adobe® Edge Animate 1.0、Adobe Edge Inspect 1.0(旧コードネーム「Shadow」)、Adobe PhoneGap™ Build™ 1.0、Adobe Edge Web Fonts、Adobe Edge Code(プレビュー版)の提供開始を発表しました。このほか、Adobe Edge Reflow(スニークプレビュー版)のデモを行いました。

また、Webデザイナーが最新のWebのインタラクティブ機能を活用して、より現代的なWebの制作を行うことを促進するため、Adobe Edge Animateの最初のバージョン(通常価格は499ドル、日本円の価格は未定)を無償公開することも発表しました。Adobe Edge Animateのプレビュー版のダウンロード件数は現時点で50万件を突破しており、好評を得ています。 Adobe Edge Animateとその他のAdobe Edge ツール & サービスは現在、Adobe Creative Cloud™メンバーに無償で提供されています。現在、無償・有償、両方のメンバーシップで提供されているAdobe Creative Cloudは、クリエイティブな作品の制作、共有、配信のハブとして機能し、有償メンバーは、Adobe Creative Suite® 6のすべてのデスクトップアプリケーションに加えて、Adobe Photoshop® Lightroom®やAdobe Muse™、またその他のアプリケーションもダウンロードおよびインストールすることができます。このほか、メンバー向けのオンラインサービスでは、ファイルのストレージ、共有、コラボレーションや、Web、モバイルデバイスへの配信を行うことも可能です。Adobe Creative Cloudについての詳細は、< http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud.html >をご覧ください。

アドビ システムズ社 インタラクティブデベロップメント担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるダニー ウィノカー(Danny Winokur)は、「Webデザイナーや開発者の皆様に対し、これまでにない強力なHTML5ツール群を提供できることを、非常に嬉しく思います。皆さんの手によって、美しいWebサイトやデジタルコンテンツ、モバイルコンテンツが作られ、楽しめるようになる日が、今から楽しみでなりません。クリエイティブユーザーがWeb技術で想像できるすべてのことを実現できるように当社は情熱を注いでおり、そのために、今回Webプラットフォームにおいて貢献するべくAdobe Edge Animateのリリース1.0を含む、Adobe Edge ツールおよびサービス製品群を無償公開することにしました」と述べています。

アドビ システムズ社は、規格団体やオープンソースコミュニティとの協力により、Webプラットフォームにおける貢献として積極的に無償提供を行なっており、基調講演では、その概要も明らかにされました。これらは、以下の主要分野を対象としており、より表現力豊かなプラットフォームへとWebを進化させることに貢献することを目的にしています。

• レイアウト:CSS RegionsとCSS Exclusionsにより、Webデザイナーや開発者は今後、応答性に優れ、レスポンシブで雑誌のようなレイアウトをWeb上で作成できるようになります。

• グラフィックス:CSS Transforms仕様によって、HTMLおよびSVGコンテンツへの幾何学変換を、一貫性を維持しつつ、より簡単に行うことができます。また、CSS CompositingおよびCSS Blending仕様によって、Webデザイナーは、Adobe Photoshopですでに馴染みのあるブレンドモードを使用することができます。

• 映画のような視覚効果:CSS Custom Filtersは現在、Chrome Canaryで利用することができ、高度な視覚効果によって、より表現力豊かで魅力的な体験をWeb上で実現します。このほか、Webデザイナーや開発者が自らのカスタムファイルを作成できる新たな実験的ツール、CSS FilterLab < http://html.adobe.com/webstandards/csscustomfilters/cssfilterlab/. >を本日より公開することも発表しました。

• タイポグラフィー:アドビ システムズ社は、Adobe Edge CodeとAdobe Edge Reflowで使用される2つの美しいフォント、「Source Sans Pro」と「Source Code Pro」を、オープンソース化しました。

コーディングを行うWebデザイナーや、デザインを重視するWeb開発者向けに開発されたAdobe Edgeは現在、アドビ システムズ社のツールおよびサービスの主要ブランドとなっており、HTML、CSS、JavaScriptを使用して、美しいモバイル対応コンテンツやアプリケーションを作成し、最新のブラウザーやモバイルデバイスに提供できます。Adobe Edgeブランドには、タスク重視の直感的なツールとサービスが採用されており、単体でも複数でも、他のツールとの連携でも、有効に機能します。これらの製品は、魅力的なビジュアルのコンテンツを作成したいと考えるプロフェッショナル向けの製品であり、その生産性の高いツールでは、基本的なWeb技術の利用が可能で、好みのフレームワークに対応しています。Adobe Edge ツール & サービスは、同社の市場をリードするWebサイト制作のオールインワンパッケージ、Adobe Dreamweaver® CS6を補完するものであり、本日公開されたDreamweaver CS6 Creative Cloudメンバー向けアップデートでは、Adobe Edge Animateのサポート、最新HTML5タグなど、さまざまな新機能が追加されています。

Adobe Edge ツール & サービスの構成は、以下の通りです。

• Adobe Edge Animate - HTML、JavaScript、CSSを使用し、アニメーション対応コンテンツをWebに提供可能な、モーションおよびインタラクションデザインツール

• Adobe Edge Inspect - モバイルデバイス上でHTMLコンテンツのプレビューとデバッグを効率的に行うことのできる、フロントエンドのWebデザイナーおよび開発者向けの検証およびプレビューツール

• Adobe Edge Code (プレビュー版) - Bracketsのオープンソースプロジェクトをベースに開発されたコードエディタ。HTML、CSS、JavaScriptで作業を行うWebデザイナーおよび開発者向けに最適化

• Adobe Edge Reflow - HTMLコンテンツのスタイリング規格、CSSを使用し、レイアウトやビジュアルデザインを作成するための、応答性に優れたWebデザインツール(スニークプレビューでの紹介のみ)

• Adobe Edge Web Fonts - オープンソースフォントの増加するライブラリを、Webサイトやアプリケーション上で使用するための無償のWebフォントサービス

• Adobe Typekit® - Webサイトで使用するため、ホスト型の高品質フォントのライブラリを提供するデザイナーおよび開発者向けサービス

• Adobe PhoneGap Build - HTML、CSS、JavaScriptを使用し、人気のモバイルプラットフォーム向けに開発されたモバイルアプリケーションのパッケージング用サービス

価格と入手方法について

Adobe Edge ツール & サービス(Adobe Edge Reflowを除く)は、Adobe Creative Cloudの無償・有償メンバーシップの一部サービスとして、本日より提供開始されます。特別提供期間の後、Adobe Edge Animateは、継続的なライセンスが499ドル、また単体サブスクリプションの月額価格が14.99ドル(日本円での価格は未定)で提供される予定で、Creative Cloudの場合は有償メンバーシップに含まれます。Adobe Edge InspectとAdobe PhoneGap Buildの追加容量は、単体のサブスクリプションがそれぞれ月額1,000円で本日よりアドビストアより提供し、Creative Cloudの場合は有償メンバーシップに含まれます。Typekitの有償ユーザーは、年間24.99 ドルから99ドル(日本円での価格は未定)の間で利用でき、さらに多くのWebページやフォント、ページビューを利用できる年間49.99ドル(日本円での価格は未定)のPortfolio Planも、Creative Cloudの有償サービスに含まれています。詳細については、< http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud.html >をご覧ください。

アドビストアで販売されるAdobe Creative Cloudの個人版は、年間プランの場合は月額5,000円、1か月ごとの月々プランの場合は月額8,000円です。学生・教職員個人向けには年間プランで月額4,000円のCreative Cloudが提供されます。CS 3.x、CS4、CS5、CS5.5の個人ユーザー向けには、初年度の使用料が月額3,000円の発売記念版を販売中です。詳細については< http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud.html >をご覧ください。

アドビ システムズ 社について

アドビ システムズ 社は、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, Creative Suite, Muse, PhoneGap Build, Photoshop, Lightroom and Typekit are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

© 2012 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.