アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2013年2月15日
アドビ システムズ 株式会社

アドビ システムズ社、Creative Cloudメンバー向けに
HTML5 Webの最新イノベーションを提供

新しいレスポンシブWebデザインツールのプレビュー版を公開、
Webデザインと開発の進化を示す

【2013年2月15日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2013年2月14日)—Adobe Systems Incorporated(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ システムズ社)は本日、ほぼすべての画面サイズを対象としてWebサイトやコンテンツを作成する、Webデザイナーとデベロッパー向けの新しいレスポンシブデザインツールであるAdobe® Edge Reflow(プレビュー版)の提供開始を発表しました。また併せてAdobe Edge AnimateAdobe Dreamweaver®、およびAdobe Edge Code(プレビュー版)もアップデートされ、新しい機能が加わりました。本日発表された製品はすべてAdobe Creative Cloud™の加入メンバーに新しく提供されます。

Adobe Edge ReflowはCSSを使ったレイアウトやビジュアルデザイン作成のための新しいレスポンシブWebデザインツールであり、無償のプレビュー版としてCreative Cloudからすぐにご利用いただけます。Edge Reflowは、直感的に使用できるサイズ変更可能なデザインサーフェイスを持ち、レイアウトやビジュアルがさまざまな画面サイズにおいてどのように見えるかを確認することができます。CSSが持つ機能を最大限に活用することで、ユーザーはEdge Reflowを使い、Webデザインを忠実にネイティブなデザインサーフェイス上に作成することができます。Edge Reflowの機能である、ブラウザでのプレビュー、Edge Inspectと連携したリアルタイムでのデザイン検証、およびEdge Code、Dreamweaver、他のコードエディタでも利用できるCSS抽出により、開発過程を通じてデザインのビジョンを維持できます。プレビュー版の提供期間中は、Edge Reflowをさらに進化させるためユーザーからのフィードバックの提供を奨励しています。Adobeへのフィードバックは < https://github.com/edge-reflow/issues > (英語)のGithubへお願いいたします。

アドビ システムズ社はまたAdobe Edge Animateのアップデートも発表し、グラデーション、CSSフィルター、およびフォント対応の強化を含めたCSSをベースとした非常に強力な機能が加わりました。このアップデートにより、円形または線形のグラデーションを使ってエレメントのスタイルとアニメーションを設定し、また新しいインターフェイス内でEdge Web Fontsをライブでプレビューできるようになりました。Edge AnimateでCSSフィルターが新たにサポートされ、ぼかし、グレースケール、セピア、ブライトネス、コントラスト、色相循環、反転、彩度など最新のWebKitブラウザのCSS機能を活用できるようになりました。(従来フィルター効果にはAdobe Photoshop®などのツールが必要とされていました。)

また、Creative Cloudメンバー向けにAdobe Dreamweaverもアップデートされ、Adobe Edge ツール&サービスファミリーとの互換性が高められると共に、コードオーサリングとワークフローを改善するいくつかの機能が新たに加わりました。Adobe Dreamweaver CS6で初めて導入された可変グリッドレイアウトではIDタグに加えてクラスタグも利用でき、また新しい編集インターフェイスも採用されました。さらにEdge Web Fontsのプレビュー、選択、およびDreamweaverプロジェクトへの導入も容易になりました。(英文フォントのみ)

Adobe Edge Code(プレビュー版)には、コード編集の結果を直ちにブラウザで確認することのできるライブプレビューに加え、ファイル間を行き来することなくコンテキスト内でコードを編集することのできるクイック編集も搭載されています。この最新アップデートではCSSプロパティとHTMLタグおよび属性のコードヒント機能も加わり、Web規格の下で作業を行うWebデザイナーやデベロッパーにとってさらに生産性の高いコードエディタとなっています。

アドビ システムズ社デジタルメディア事業 製品開発担当バイスプレジデントであるポール ガベイ(Paul Gubbay)は、「Web規格の急速な進化と対応を求められるサイズや形態の飛躍的な増加に伴い、Webデザイナーとデベロッパーの作業がさらに難しくなってきています。私たちは、Adobe Creative Cloudを通じて新機能が加わったタイミングですぐにお客様へ提供することによって、デザイナーやデベロッパーが最新のWebに伴う新たな課題を解決し、最新のブラウザやさまざまな画面サイズに対応したWebサイトやインタラクティブコンテンツをより効率的に構築することを支援しています」と述べています。

関連情報
• 今回のアップデートの内容につきましては、本日2月15日 14:00よりUSTREAM < http://www.ustream.tv/channel/adobecsjp > にてご紹介いたします。

• アドビのWeb情報配信USTREAM番組「ADC OnAir」では、本日発表したEdge Reflowを使ったレスポンシブWebデザインをテーマに2/20(水)20:30より配信いたします。「ADC OnAir」はこちら < http://onair.adobe-adc.jp > からご覧いただけます。

• Edge Animateは、押井守監督原作のコミックアニメーション「ちまみれマイ・らぶ」の第2話(近日配信予定)より、コンテンツ制作ツールとして採用されています。
「ちまみれマイ・らぶ」の事例をAdobe HTML & Flash Gallery < http://gallery.adobe-web.jp/web/chimamiremylove/ > にて紹介しています。

• Edge AnimateやEdge Code、Edge ReflowなどのEdgeツール & サービスの最新情報も確認できるアドビ最大のイベント、Adobe MAX(ロサンゼルス)が5月4日から開催されます。
Adobe MAXの詳細はこちら < http://max.adobe-web.jp > をご覧ください。

価格と提供予定
Adobe Creative Cloudの個人向けプランは、年間プランの場合は月額5,000円、1か月ごとの月々プランの場合は月額8,000円です。(アドビオンラインストア価格)学生・教職員向けには年間プランを月額4,000円で提供中です。CS3.x、CS4、CS5、CS5.5の個人ユーザー向けには、初年度の使用料が月額3,000円の特別提供版を販売中です。詳細については、< https://creative.adobe.com/plans > をご覧ください。

Adobe Creative Cloudグループ版は、年間契約ベースで提供され、1ライセンスあたり月額7,000円(アドビオンラインストア価格)でお求めいただけます。また、CS3以降の単体またはSuite製品をご利用のお客様は、初年度の使用料が月額5,000円の特別提供版をご利用いただけます。この特別提供版は2013年4月30日までお求めいただけます。アドビの正規販売代理店であるアドビパートナーコネクション加盟パートナーからは、年間契約ベースの84,000円(市場想定価格。月額7,000円の12ヶ月分一括)でお買い求めいただけます。

Creative Cloudの既存メンバーはEdge Reflowのプレビュー、Edge Animate、Dreamweaver、Edge Codeのプレビューのアップデートされた機能を本日よりご利用いただけます。 Adobe Edge Reflowの詳細に関しましては、 < http://html.adobe.com/jp/edge/reflow/ > をご覧ください。Adobe Edge Animate、Dreamweaver、Edge CodeのプレビューなどAdobe Creative Cloudに関する情報は < http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud.html > をご覧ください。

関連リンク
Twitter
Facebook
Adobe Digital Media Blog(英語)
YouTube(英語)
Adobe Creative Cloud
Adobe Edge Reflow
Feedback for Adobe Edge Reflow (英語)
Adobe Dreamweaver
Adobe Edge Animate
Adobe Edge Code

アドビ システムズ 社について
アドビ システムズ 社は、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, Dreamweaver and Photoshop are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2013 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.