アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2013年3月6日
アドビ システムズ 株式会社

新しいAdobe Experience Managerが
モバイル、ソーシャルにおいて
パーソナライズされたエクスペリエンスを推進

Webコンテンツ管理のAdobe CQ とリッチメディア配信のAdobe Scene7を統合

Bookmark and Share

【2013年3月6日】

米国ユタ州ソルトレークシティ、Adobe Digital Marketing Summit発(2013年3月6日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ システムズ社)は本日、Adobe Marketing Cloudの一部を構成するAdobe® Experience Managerのメジャーアップデートを発表しました。業界をリードするWebコンテンツ管理ソリューションへの改良、ならびに新たに発表されたDigital Asset Managementソフトウェア(別途リリースをご覧ください)によって、アドビ システムズ社はWeb、モバイル端末、ソーシャル コミュニティ、およびビデオのすべてにわたる、パーソナライズされたエクスペリエンスの提供を支援します。

Adobe Marketing Cloud内の他のソリューションと高度に統合されたことで、Adobe Experience ManagerはWebコンテンツ管理のAdobe CQと、リッチメディア配信のAdobe Scene7®双方の機能をAdobe Marketing Cloudにもたらします。このソリューションはCloud内やオンプレミスでのタッチ対応アプリケーション展開を実現し、企業による魅力的な購買体験の構築や、ブランドロイヤルティ形成を支援します。新機能および強化された機能は下記の通りです。

モバイル - コンテンツがデスクトップ、タブレット、およびスマートフォン上でどのように動作するかを正確に把握するため、レスポンシブデザインのレイアウトのプレビューをコンテンツのオーサリング中に容易に行えます。マーケティング担当者は、ビデオや画像のサイズを的確にコントロールし、それにより効果の最大化を目的とした配信が可能になります。Adobe Experience Managerはまた、ひとつのオーサリング環境を持つと共にPhoneGap™とのコンテンツ共有機能も備え、モバイルアプリケーションの迅速な開発と配信を支援します。

ソーシャル コミュニティ – 自社ソーシャルコンテンツとユーザー生成コンテンツ(UGC)をWebサイトに容易に組み込むことによってデジタルプレゼンスを拡大し、また人々が共通の関心事項に基づいて互いに結び付くことのできる、ブランド主導のコミュニティを作り出します。この機能はAdobe Experience Managerの一部であり、企業が顧客との「つながり」を通じて包括的に顧客を把握することを可能にします。Facebookやツイッターなどソーシャルなプロフィールとの統合により、自社所有サイトと第三者所有サイトとの間の連携をさらに緊密化します。

コンテンツマーケティング - 新しい記事ベースのオーサリング機能とAdobe Digital Publishing Suiteとの統合を通じ、コンテンツを、電子出版を含むさまざまなオンラインチャネルに再利用します。これによってコンテンツの発信者は、タブレットおよびスマートフォン用アプリケーションへの配信を目的とした、Webコンテンツとアセットの再パッケージングかかるコストの削減が可能になりました。

業界をリードするアナリティクスとターゲティング機能 - Adobe Targetのパーソナライズ機能に基づき、Webページのどの構成要素も対象とすることができる、新しいテストとターゲットのシナリオを使って、デジタル エクスペリエンス全体の最適化を実現します。マーケティング担当者は、顧客の行動を把握するため、さらにリッチになったAdobe Analyticsから集計されたデータへAdobe Experience Manager内よりアクセスすることができます。

マーケティングキャンペーン管理 - 電子メール、モバイル端末、およびWebサイトのすべてにわたるマーケティング キャンペーンを計画、デザイン、および実行します。すぐ利用できるExactTargetとの統合により、電子メールを利用したキャンペーンのための最適化されたランディングページを構築できるようになりました。

アドビ システムズ社デジタルマーケティングビジネスユニット担当上級副社長 兼 ゼネラル マネージャー、ブラッド レンチャー(Brad Rencher)は、「静的なWebサイトはもはや過去のものとなり、パーソナライズは効果的なWebコンテンツマネジメントソリューションにとって不可欠なものとなりました。当社はこの進化を牽引し、Adobe Experience Managerは、このリーダーシップをさらに拡大するでしょう。企業がブランドを構築し、収益を向上させるために、オンラインにおける一貫した魅力的な顧客エクスペリエンスを提供する上で、モバイル、ソーシャル、ビデオにわたる重要な革新と、Adobe Marketing CloudとCreative Cloudによる盤石な連携という裏付けのある、当社以上の存在はありません」と述べています。

Travelocity、コンテンツマネジメントシステム担当マネージャー、デイビッド マカーティ(David McCarty)氏は、「当社のビジネスは動的であると共に敏速さを必要としており、当社がオンラインで提供する内容もまたこの基準を満たすことを求められます。Adobe Experience Managerを使えば複数のサイトにリッチなコンテンツを配信することができ、またそれを短時間のうちに行えます。当社は今後モバイルの重要性がさらに高まると予想しており、消費者に対して同時に、またそれぞれの消費者が使用するデバイスに対応してコンテンツを配信できることが極めて重要になります。アドビ システムズ社の技術はこれが可能であるという安心感を与えてくれます」と述べています。

ニューメキシコ州運輸部IT Information Systems担当マネージャー、ブルース オークリー(Bruce Oakeley)氏は、「今日の州民に最善のサービスを提供するためには、市民が必要とする情報を迅速、容易に得ることのできる、最高のエクスペリエンスを当部門のWebコンテンツが提供しなければなりません。Adobe Experience Managerはこのゴール達成を支援すると共に、次に何をなすべきかのヒントも提供します。エクスペリエンスを一度だけ開発し、それを多様なデバイスに合わせてシームレスに展開し、その過程において最適化を行えることは巨大なメリットです」と述べています。

Razorfish、グローバルCTO、レイ ヴェレス(Ray Velez)氏は、「進化を続けるメディアをターゲットとするデジタルおよびITエージェンシーである当社は、デジタル マーケティングの管理をタイムリーかつコスト効率良く改善する手段を常に求めています。Adobe Experience Managerはクロスチャネルのキャンペーンをひとつのソリューションによって最適化すると共に、消費者のエンゲージメントをパーソナライズし、記事を統一し、またターゲットの精度を確保する手段となっています」と述べています。

SapientNitro、北米および欧州担当エグゼクティブ バイスプレジデント兼マネージングディレクター、アラン ウェクスラー(Alan Wexler)氏は、「常時ネットに接続している今日の消費者は進化しており、ブランドはストーリーやエクスペリエンスをすべてのモバイル、ソーシャル、およびコンテンツのチャネルにわたってどのように伝えるかの再構築を迫られています。アドビ システムズ社との提携を通じ、当社はブランド、デジタル、およびコマース サービスの組み合わせをアドビ システムズ社の革新的な技術と統合し、画期的なソリューションを開発すると共に、当社のクライアントが価値を実現するまでの期間を短縮しています」と述べています。

Adobe Marketing Cloudについて
デジタルマーケティング担当者が必要な全てがひとつになりました。それがAdobe Marketing Cloudです。Adobe Marketing Cloudは分析、ソーシャル、広告、ターゲティングとWebエクスペリエンスマネジメントの完全なソリューション群と、マーケティング担当者が自らのキャンペーン施策について知るべきすべての知見を得ることができる、ソーシャル対応のUIを含んでいます。これによりマーケティング担当者は、かつてなく迅速かつスマートに、行動に必要なインサイトをデータから得ることができます。詳細は< http://www.adobe.com/jp/solutions/digital-marketing.html >からご覧ください。

アドビ システムズ 社について
アドビ システムズ 社は、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, PhoneGap, and Scene7 are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

© 2013 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.