アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2013年4月4日
アドビ システムズ 株式会社

アドビ システムズ社、NAB 2013にて
新しい映像ワークフローのイノベーションを推進

プロフェッショナル向け次世代映像・オーディオ製品の紹介と
Adobe Anywhere for videoを発表

Bookmark and Share

【2013年4月4日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2013年4月4日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は今年度のNAB Showにおいて、新しいソフトウェアと映像テクノロジーを発表します。これらは、放送局、映画制作者をはじめとするビデオ プロフェッショナルによる、マルチスクリーンに対応した高品質な映像制作スタイルを変革していくものとなっています。

この見本市でのハイライトとして、アドビ システムズ社はAdobe® Premiere® Pro、Adobe After Effects®、SpeedGrade™、Adobe Audition®、Adobe Prelude™、Adobe Media Encoder、およびAdobe Story(英語版)といった、映像分野の主力製品を一般公開に先駆けて紹介します。スピーディでシームレスなワークフローを実現する、最新かつ相互運用性に優れた映像制作ツールを会場でご覧いただけます。

アドビ システムズ社はまた、アドビ システムズ社のプロフェッショナル向け映像制作ツールによる協調制作を目的とした、事実上すべてのネットワーク環境から共有メディアへのアクセスおよび管理に対応する、新しいワークフロー プラットフォームであるAdobe Anywhere for videoの発表も行います(別途リリースをご覧ください)。これらの新しいソリューションは、この4月8日から11日までラスベガス コンベンションセンターで開催されるNAB Show 2013にて、アドビ システムズ社ブース(サウスホール # ブース番号SL3910)で展示されます。アドビ システムズ社のプロフェッショナル向け映像制作ツールは、NAB Showに出展される100社近いパートナーのブースにおいても展示されます。

NABで紹介される新しい機能はまだ一般に提供されていませんが、Adobe Creative Cloud™では最新のアップグレードや機能をリリースと同時に追加料金なしにすぐに利用できることがメンバー向けの大きな特典のひとつとなっています。詳細については< http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud.html >をご覧ください。

アドビ映像制作ツール次期バージョンは、映画制作者、放送局、ビデオプロフェッショナルからご要望に直接応えた機能も包含して開発されています。事実、アカデミー賞を複数受賞したコーエン兄弟は、Adobe Premiere Pro製品チームと直接協力し、2013年末に公開予定の映画制作でAdobe Premiere Proへの移行を進めています。

アドビ システムズ社製品開発担当バイスプレジデントであるスティーブ ワーナー(Steve Warner)は、「放送局、映像制作者、およびビデオ プロフェッショナルからは、今日の進化する映像産業の要求に応えた最新のツールが求められています。本日紹介されたアドビ システムズ社の映像制作ツールは、優れたコンテンツ作成やワークフロー合理化を支援する、ひとつにまとまった強力なツールセットをコンテンツ クリエイターに提供します。コーエン兄弟をはじめとするアカデミー賞を受賞した映像制作者から世界的な放送局まで、これらの革新的なツールは放送とメディア業界によるアドビ システムズ社の映像 ソリューションへの移行を引き続き推進することになります」と述べています。

映像とオーディオの未来を明らかに
NAB Showでは、アドビ システムズ社のプロフェッショナル向け映像制作ツールに組み込まれる新機能の先行紹介も行われます。今後のバージョンに搭載される画期的な機能に基づきユーザーはクリエイティブ作業をより的確にコントロールすることにより、素材の持つインパクトをさらに高め、また強化された処理能力と生産性を通じて日々の作業を高速化できるようになりました。エディターごとに編集のスタイルは異なりますが、次期バージョンのAdobe Premiere Proなら、エディターの思い通りに編集作業が行えます。カスタマイズ設定の拡大、キーボードを多用するスピーディな編集のために大幅に追加されたショートカット、コンフォーム時のインテリジェントな再リンク機能、さらに最新ファイルフォーマットへの対応拡大とあわせて、エディターの編集作業をより快適かつスピーディーなものにします。またカラーグレーディング強化(Lumetri Deep Color Engine)により、リッチなカラー グレーディングをAdobe Premiere Pro内から直接適用できるようになり、またタイムライン上の映像を新たに設計されたAdobe SpeedGradeに送り、映像作品のより詳細な色彩管理ができるようになりました。SpeedGrade次期バージョンでは、作業効率を念頭に置きユーザーインターフェイスを大幅に改善しました。これにより多用するツールはより早く利用できるようになったほか、新開発のShot Matcherにより、色調の異なる映像をワンクリックで合わせることができるようになりました。

Rock Paper Scissorsのパートナーであり、受賞エディターでもあるアダム パートフスキー(Adam Pertofsky)氏は、「アドビ システムズ社の映像制作ツールはリリースごとにますます高速、強力になってきています。コマーシャル用映像の編集では、スピードと柔軟性が極めて重要です。Adobe Premiere Proには明確にエディターをターゲットとした、新しい優れた機能が数多く盛り込まれています。またアドビ システムズ社の映像制作ツールは相互に一体化されているため、テクノロジーに気を遣うことなく、エディターはクリエイティブな思考に集中することができます」と述べています。

Adobe After Effectsの強力な次期バージョンは、モーショングラフィックスやビジュアルエフェクツ制作に、さらに多様なクリエイティブ手段をもたらします。またMaxon Cinema4Dとの強力な連携機能により3Dでの制作もさらに容易になりました。ロトブラシ強化(Photoshopライクな境界線調整機能)により、操作が高速化されると共にその結果が改善され、またワープスタビライザーVFXでは、映像中の任意の場所を指定したスタビライズが可能になります。Adobe Auditionの新しいクリエイティブツールには、サウンド全体の品質を高めるSound Removerとプレビューエディターも含まれています。

ファイルベース収録でのログおよびインジェストツールAdobe PreludeもNAB 2012での発表から成熟し、プロジェクトパネル内でサムネイルをスクラブ操作することにより、読み込んだ映像を迅速にプレビューする、ユーザーから最も要望の高かった機能が組み込まれました。さらに、インジェストの際に、指定したメタデータの一括付加、また日付や連番を追加する一括ファイル名変更も可能となっています。

新しいメディアと映像制作の融合について語る
アドビ システムズ社は4月7日(日)10:30AMからルームN250にて、「From Concept to Delivery: The Fusion of New Media and Storytelling(コンセプトから配信まで:新しいメディアとストーリーテリングの融合」と題されたPost|Production World基調講演も開催します。このパネルにはRock Paper Scissorsのエディターおよびパートナーであるアダム パートフスキー氏、レイン ウィルソンの制作およびメディア会社であるSoul Pancakeのバヤン ジューナム(Bayan Joonam)氏、およびCartoon Networkの「Annoying Orange」の視覚効果スーパーバイザー兼アニメーション監督のパトリック FX マーフィー(Patrick F. X. Murphy)氏が、司会を務めるアドビ システムズ社のチーフストラテジスト、マーク ランドール(Mark Randall)と共に、クリエイティビティとテクノロジーの相互の働きについてディスカッションを行います。

提供予定
NABでは、まだ一般公開されていない、アドビ システムズ社の次世代のプロフェッショナル向け映像およびオーディオ製品が紹介されます。これらの次期バージョンのプロフェッショナル向け映像およびオーディオツールの詳細については< www.adobe.com/go/nab_reveal >、日本語での情報は< blogs.adobe.com/focusin >をご覧ください。アドビ システムズ社の次世代クリエイティブツールについては、5月4日(土)から8日(水)までカリフォルニア州ロサンジェルスで開催されるAdobe MAX, The Creativity Conferenceにおいてさらに詳細が発表されます。

将来予測に基づく表明の開示について
本プレスリリースには、リスクと不確かさを伴うアドビ システムズ社の将来的な製品計画に関連した、将来予測に基づく表明が含まれています。詳細についてはアドビ システムズ社がSECに提出した資料をご覧ください。アドビ システムズ社は将来予測に基づく表明を更新する義務を負いません。

アドビ システムズ 社について
アドビ システムズ 社は、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Adobe Premiere, After Effects, Anywhere, Audition, Creative Cloud, Prelude and SpeedGrade are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2013 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.All other trademarks are the property of their respective owners.