アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2013年5月7日
アドビ システムズ 株式会社

アドビ システムズ社、Creative Cloudのメジャーアップデートを発表

次世代「CC」デスクトップアプリケーションを含め、デバイス間のコラボレーション、
コミュニティ、およびパブリッシング機能を強力に統合

Bookmark and Share

【2013年5月7日】

米国カリフォルニア州ロサンゼルス発(2013年5月6日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、Adobe MAX, The Creativity Conferenceにおいて、クリエイティブ分野のプロフェッショナルに向けたフラッグシップサービスであるAdobe® Creative Cloud™に大規模なアップデートを加えたことを発表しました。新機能を満載したCreative Cloudは、6月に提供開始を予定しており、「CC」デスクトップアプリケーションとデバイス間のコラボレーションおよびパブリッシング機能によってクリエイティブプロセスを新たな次元に導くものです。Mac OS、Windows、iOS、およびAndroidのいずれのOSからも、Creative Cloudを介してファイルを保存、同期、および共有できるようになります。また、世界有数のオンラインクリエイティブコミュニティであるBehanceがCreative Cloudと統合されたことで、ユーザーは作品を全世界に公開し、作品へのフィードバックを集め、作品と作者である自分自身をグローバル規模で展開できるようになりました。Webサイトやモバイルアプリケーション、タブレット向け出版物やオンラインポートフォリオなど、あらゆるメディアやデバイスに向けたコンテンツを公開するサービス機能が強化されたことにより、完成した作品を世の中に公開することが、より簡単に行えるようになりました。

また、常に最新機能やバージョンを入手できるCreative Cloudに、CS6以降の主要バージョンもダウンロードできる機能を提供します。これにより、最先端の技術を使うことも、制作環境の統一のために必要なバージョンを使用することも、どちらも可能になりました。

Creative Cloudのメンバーになると、アドビ システムズ社が提供する最新のクラウドと連携した各種イノベーションを、6月の提供開始と同時にご利用いただけます。

アドビ システムズ社デジタルメディア担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるデイビッド ワドワーニ(David Wadhwani)は、「Creative Cloudには最高の作品を作り出すために必要なものがすべて揃っています。アドビ システムズ社のデスクトップツールの驚くべき新バージョンに加えて、コンテンツのパブリッシングを新たな次元に引き上げるサービスが提供され、またクリエイティブプロフェッショナルが世界中でコラボレーションを行い、作品を共有するための手順もかつてないほど容易になりました。Creative Cloudは、素晴らしい作品を創りだす土台を支え、クリエイティブプロフェッショナルが、世界規模で活発に活動するクリエイティブコミュニティと長期的な関係を構築できる場を提供しています」と述べています。

Adobe Creative Cloudが実現する無駄のないクリエイティブ ワークフロー
Creative Cloudのマイルストーンとなる今回のアップデートは、クリエイティブ プロセス全体を簡素化しました。主な機能は以下のとおりです。

● デスクトップ、Web、およびモバイルからアクセス
Creative Cloudでは、デスクトップ、Webサイト、およびモバイルデバイスを通じて、作業グループやクリエイティブコミュニティと、常に繋がり、連携することができます。Creative Cloudは、アイディアやファイル、フォントや各種設定、通知機能、さらにはグループメンバーの全てを繋げて整理する、クリエイティブ活動全般のハブとなるサービスです。グループフォルダに参加してコラボレーションによる制作作業、共有されたファイルに対する更新状況やコメントの追跡、Behanceに繋がりながら制作、最新アプリケーションのアップデート通知の受信とダウンロード、よく使うカラーパターンやフォント、設定へのアクセスなど、場所を問わず、さまざまな作業を行うことができます。

● 世界有数のクリエイティブコミュニティと一体化
BehanceがCreative Cloudと統合され、メンバーはポートフォリオの公開、気になる他のクリエイティブプロフェッショナルのフォロー、進行中の作品をさまざまな、さらに種類が増え続けるCCアプリケーションから公開し、また世界中のクリエイティブコミュニティからフィードバックを受け取ることができるようになりました。Behanceには世界の140万人を超えるクリエイティブプロフェッショナルが参加しています。(注:日本語版では後日、本機能を提供予定)

● 同期、保存、共有、コラボレーション
ファイルやアセットはすべてデスクトップ、クラウド、およびモバイルデバイス間で自動的に同期されます。たとえばデザイナーは写真をiPadで撮影し、Photoshop® Touchで移動中に修正を加え、次にクラウド経由でそのファイルにアクセスし、MacまたはWindows PC上のPhotoshop CCで画像をさらに洗練されたものに仕上げることができます。共有フォルダを指定して作業を他のメンバーに指示することも可能です。編集結果はバージョンヒストリーに保存されるため、ファイル共有も安心して行えます。個人メンバーには20GBのストレージ容量が提供されます。

● シームレスなパブリッシング
Creative Cloud有償メンバーは、Behance ProSiteを使って高度にパーソナライズしたポートフォリオWebサイトや、Digital Publishing Suite (DPS) Single Editionを使ってiPad向けのインパクトの高い雑誌のパブリシッングができます。また、すべてのデバイスを対象としたモバイルアプリケーションを制作し、公開することができるPhoneGap Buildを利用することもできます。Adobe TypekitにはWebサイトで使用するための従来からのフォントや新しい人気フォントがこれまでにない規模で揃っており、今回のアップデートによりこれらのフォントの多くをデスクトップアプリケーション上で直接利用できるようになりました。(欧文フォントのみ)

新しいCCデスクトップアプリケーションファミリーをCreative Cloudメンバーのみに提供
Creative Cloudの今回のアップデートでは、Adobe Photoshop® CCInDesign® CCIllustrator® CCDreamweaver® CC、およびPremiere® Pro CCを含むアドビ システムズ社製デスクトップアプリケーションの次世代バージョンも提供されます。Creative Suite®(CS)として知られてきたアドビ システムズ社のデスクトップツールはCreative Cloudの必要不可欠な要素となったことを反映して、今回CCに名称が変更されました。また、これらのアプリケーションは、さらに直感的な、インターネットへの接続を前提とした作業スタイルに対応するため、新たに開発し直されました。Creative Cloudにはプロフェッショナルレベルのコンテンツ制作を行い、印刷、Web、モバイルアプリケーション、ビデオ、および写真などすべての媒体を通じて作品を公開するための30種類を超えるツールとサービスが用意されています。

アドビ システムズ社が業界を構築してきたデスクトップツールの最新バージョンには、何百種類もの機能が新しく盛り込まれました。これらのイノベーションのいくつかを以下に紹介します。

● Photoshop CC(別途リリースをご覧ください)には新しい「シャープ」ツールが搭載され、またデザイナー向けワークフローが強化されました。手ぶれ補正ツールは、カメラの動きによりぼけて使えなくなった画像からぶれを除去します。まったく新しい機能のスマートシャープツールはテクスチャやディテールを浮き立たせ、またAdobe Camera Raw 8には画像を修正し、完成するためのさらに強力な制御機能が加わりました。

● デザイナー向けには、Illustrator CCの文字タッチツールが文字に関する新たな次元のクリエイティビティを提供します。文字は編集可能な状態を失うことなく、移動、拡大縮小、および回転できるようになりました。この機能はマウス、スタイラスペン、あるいはマルチタッチ機器のいずれにも対応しています。また、Illustratorは写真から作成したブラシも使えるようになりました。アート、パターン、および散布ブラシにはラスター画像を含められるため、複雑で有機的なデザインもシンプルなブラシ操作を通じて簡単に作成できます。InDesign CCでは新しいアーキテクチャを通じて処理速度を大幅に向上し、またコードを書くことなくHTMLによるWebサイトを制作、公開することのできるデザイナー向けツールであるAdobe Muse™ CCがブラウザ内での編集に対応したことにより、クライアントが公開したWebサイトに修正を加え、デザイナーがそれを確認、承認、およびアップデートすることが可能になりました。

● ビデオ分野のお客様のためには、作業効率を改善する新しい編集機能、カスタマイズ機能、および改良がAdobe Premiere Pro CCに加えられました。Premiere Pro CCには強力なカラーワークフローが一体化され、Lumetri™ Deep Color Engineが加わったことによりリッチなカラーグレーディングを適用できるようになりました。Adobe After Effects® CCは強いインパクトを与える新バージョンとなり、動画や視覚効果のアーティストにさらに豊富な選択肢を提供すると共に、Maxon Cinema4Dが組み込まれた新しいLive 3D Pipelineにより3D作業も容易になりました。また新しいバージョンのAdobe SpeedGrade CC、Audition® CC、Prelude™ CC、およびAdobe Story CC Plusも加わりました。

● Webデザイナーとデベロッパーには、アドビ システムズ社のEdgeツール&サービスファミリーに加えられた大きな改良にご期待いただけます。最新のEdge Animate CCを使えば、ネイティブのHTML、CSS、およびJavaScriptによりアニメーションやインタラクティブコンテンツを簡単に作成することができます。またPhotoshop CCからEdge Reflow CCへの新しいワークフローも発表され、Photoshop内でWebデザインを作成し、それをレスポンシブWebサイトに容易に変換できるようになりました。Dreamweaverのユーザーには、直感的なビジュアル編集ツールであるCSS Designerを通じた最新のCSSとプロパティにご期待いただけます。また、Adobe Flash® Pro CCには、高速性と信頼性改善のために最初から開発し直された、モジュール構成になった最新の64ビットアーキテクチャを採用しています。

価格と提供予定
このCreative Cloudのメジャーアップデートは6月に提供開始を予定しています。今すぐCreative Cloudメンバーシップに加入すれば、最新のクラウド対応のイノベーションを6月のリリースと同時に利用することができます。Creative Cloudメンバーシップ個人版は年間契約の場合月額5,000円となっており、またCS3からCS5.5までをすでにご利用のお客様の場合は最初の1年間について月額3,000円の特別提供版をご利用いただけます。学生・教職員版の料金は通常月額4,000円ですが、2013年6月25日までは初年度は月々3,000円になる特別提供版をご利用いただけます。CS6をお持ちのお客様には、さらにお得な、初年度月額2,200円の年間プランを、2013年7月31日まで、お求めいただけます。さらに、Creative Cloud取扱い販売代理店各社では、デザイン家電などが当たるCreative Cloud 1周年記念キャンペーンを実施中です。詳細は< www.adobe.com/jp/life/ >をご覧ください。

Creative Cloudグループ版では個人版に含まれるすべての製品とサービスに加え、100GBのストレージと一元化された展開および管理機能が提供されます。Creative Cloudグループ版の料金はシートあたり月額7,000円です。CS3以降のバージョンをお持ちのお客様の場合、Creative Cloudグループ版に2013年8月31日までにご加入いただくことによりシートあたり最初の1年間は月額4,000円の特別料金が適用されます。

なお、大手企業や教育機関、官公庁向けには、カスタマイズ導入が可能なCreative Cloudエンタープライズ版も提供中です。詳細については、< https://creative.adobe.com/plans >をご覧ください。

アドビ システムズ 社について
アドビ システムズ 社は、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, After Effects, Audition, Creative Cloud, Creative Suite, Dreamweaver, Flash, InDesign, Illustrator, Muse, Photoshop, Premiere, and Prelude are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

© 2013 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.All other trademarks are the property of their respective owners.