アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2013年11月13日
アドビ システムズ 株式会社

アドビ、Adobe Anywhere for Video 1.5を日本で発売

協調映像制作を支援するサーバー製品を12月中旬より提供開始予定

Bookmark and Share

【2013年11月13日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京品川区、代表取締役社長:クレイグ ティーゲル、以下 アドビ)は、すべてのネットワーク環境から共有メディアへのアクセスおよび管理に対応する、ビデオ プロフェッショナルの協調映像制作を支援するAdobe Anywhere for Video1.5を12月中旬より日本で発売することを発表しました。Adobe Anywhere for Videoは、大規模な協調制作システムでの導入を目的として画期的な技術を採用したサーバー製品となっています。なお、Adobe Anywhere for Video1.5は、本日より11月15日(金)まで幕張メッセで開催されるInter BEE 2013のアドビ システムズ社ブース(幕張メッセ ホール8 ブース番号8502)で展示されます。

Adobe Anywhere for Videoは、このサーバー製品を通じて仮想チームを構築し、Adobe Creative Cloudより提供しているAdobe Premiere Pro などクロスプラットフォーム対応ビデオツールの最新バージョンと連携して、標準的なネットワーク接続が可能な場所ならどこからでも映像作品の記録、編集、共有、および仕上げを行えます。また、オープンで、かつ既存のインフラの機能を拡張し、標準的なITハードウェア、ソフトウェア、ネットワークと連携するよう設計されています。Adobe Anywhere for Videoは、Adobe Mercury Streaming EngineとAdobe Anywhere Collaboration Hubの2つの主要コンポーネントから構成されており、強力なAdobe Mercury Streaming Engineにより大規模なファイルの転送や複製に多大な時間を費やす必要がなくなり、チームメンバーはどこからでも瞬時にファイルにアクセスすることができます。そしてAdobe Anywhere Collaboration Hubはプロジェクト間の境界をなくし、複数のメンバーがさまざまなアプリケーションを使い、同じプロジェクトファイルに同時に作業を加えることができます。

提供予定
Adobe Anywhere for Video 1.5は12月中旬より販売されます。Anywhere for videoについては下記のフォームからお問い合わせください。
http://adobe.ly/aw_jp

また、Adobe Anywhere for Videoの詳細については下記をご覧ください。
http://www.adobe.com/jp/products/adobeanywhere.html

Adobe Anywhere対応インテグレーター
Adobe Anywhereのシステム構築にあたっては、メディアアセットマネジメントシステムとの連携など、インテグレーション作業が必要となります。国内のAnywhere対応インテグレーターは以下の2社となります。

– ビジュアルグラフィックス株式会社
– 株式会社フォトロン

Inter BEE 2013への出展の詳細については、アドビのビデオ・オーディオ製品公式ブログ「Focus In Blog」をご覧ください。
http://blogs.adobe.com/focusin/2013/10/inter-bee-2013-adobe.html

アドビ システムズ社について
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud and Adobe Premiere are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

©2013 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.