TV広告とデジタル動画の融合

Adobe Advertising Cloudは、業界初のトータルなプログラマティック広告基盤です。ブランド広告から運用型広告まで、検索広告からディスプレイ広告、ソーシャル広告、デジタル動画やTVまで網羅し、メディアからニュートラルな立場として、透明性を確保し、真にビジネスに効果のあるメディアの買い付けを支援します。一貫性のある適切な広告を、最適なオーディエンスに提供します。メディアのプランニングとバイイングのプロセスは、プログラマティックなひとつの仕組みとして統合されます。

Adobe Advertising Cloud
チャネル横断的な広告出稿
TV、検索、ソーシャルを含むあらゆるスクリーンや広告フォーマットで、クリエイティブ、データ、メディアバイイングをシームレスに統合できます。
コアとなるオーディエンス
優良オーディエンスセグメントを特定し洗練させることで、より的確なパーソナライズとターゲティングが可能になります。
妥協のないパフォーマンス
ブランドセーフティと広告の質を維持し、十分な透明性を保ちながら、求める成果を上げることができます。
データにもとづくクリエイティブ制作
顧客の関心と行動履歴を明らかにするデータ分析を利用して、最適な広告を制作できます。

Adobe Advertising Cloudのユーザー事例

Heineken
 
HeinekenはAdobe Advertising Cloudを使用して、グローバルの動画広告を活性化しました。
Sears
 
Searsは予算を増やすことなく、顧客と収益の増加を実現しました。
Starcom
 
Starcomは、クライアント別に最適化された戦略にもとづく検索連動型広告を展開しています。

築き上げたブランド価値を傷つけない広告戦略

Adobe Advertising Cloudにより、ブランドイメージを傷つけるような不快なコンテンツと自社の広告キャンペーンが並んで表示されることを回避できます。

Adobe Advertising Cloudで実現できること

AMO検索

検索を最大限に活用

Adobe Media Managerの検索機能を使用すると、検索マーケティング戦略で最も収益性の高い最適なオプションをシミュレートしたり、そのオプションに従って迅速に行動することができます。
AMO DSP

デマンドサイドプラットフォームで広告を管理

Adobe Media Managerのデマンドサイドプラットフォーム(DSP)は、TVやモバイルからディスプレイやソーシャルに至る様々な広告キャンペーンを単独で計画、実行、最適化、測定できるプラットフォームです。
AMO DCO

クリエイティブの動的な最適化によって魅力的な広告を制作

Adobe Media ManagerのDCOを使用して、パーソナライズされた広告をリアルタイムで視聴者に配信できます。

最適なAdobe Advertising Cloud ソリューションを提供いたします。
日本でのパートナー一覧(Adobe Media Manager エージェンシープログラム)はこちら ›
 

関連ソリューション

 

 

Adobe Marketing Cloud
Adobe Marketing Cloud
Adobe Analytics Cloud

Adobe Analytics Cloud

 

多様なチャネルをシンプルに


複雑化するデジタル広告運用の領域。日々様々なメディアに接する消費者に対し、これまでの広告運用は適切ではありません。求められている広告取引のあり方を解説します。
 
  • Adobe Cloud Platform:顧客体験の基盤

    コンテンツとデータを一元化する唯一のプラットフォームです。アドビの人工知能(AI)とマシンラーニングを統合したフレームワークであるAdobe Senseiを活用します。また、パートナーによる拡張を可能にするAPIとコアサービスを含むAdobe I/Oも利用できます。これらは、様々なAdobe Experience Cloudのアプリケーションを効果的に統合するために役立ちます。
  • Adobe Cloud Platform:顧客体験の基盤

優れた顧客体験の構築をお考えですか

顧客志向への道筋:真に顧客の期待に応える組織になるための前提条件
モノ売りからコト売りへ――このような市場環境で企業が勝ち抜くため、「エクスペリエンス」を磨くことは企業にとって経営課題そのものになっている。企業が顧客と深く向き合い、理解するために、どのようなデジタルアプローチが必要なのか。
顧客の志向を読み解き、感情を揺り動かすことが、最高の体験を生む
デジタルエコノミーの時代、企業はテクノロジーをどのように生かしライバルに差をつけるのか。その方向性を探るビジネスカンファレンス「Adobe Summit 2017」が3月、ラスベガスで開催された。基調講演より、企業が最重視すべき顧客体験の在り方について紹介する。
人工知能/機械学習で何が変わるのか――Adobe Sensei登場のインパクトを探る
人工知能が注目を集めている。さまざまなテクノロジーをビジネスに生かしてきた企業にとって、人工知能の活用は雲をつかむような話ではない。今回、「Adobe Summit 2017」で発表されたAdobe Senseiは、どのような意義をもち、どこがユニークなのか。人工知能の歴史から紐解く。
顧客体験中心への変革とは
 
あらゆる業界で市場構造が激変している、デジタル時代。いま企業に求められているデジタル変革あり方と、目指すべき企業の姿エクスペリエンス ビジネス(顧客体験中心のビジネス)とは、どのようなものでしょうか。
「デジタル変革ナビ」で、確かめてみましょう。
それぞれの業界をリードする国内外のブランド企業が、アドビをビジネスパートナーとして選択しています。アドビのコミュニティの一員になることで、ソリューションだけでなく、さまざまな知見やベストプラクティスも共有できるからです。また広範なアドビのパートナーエコシステムにより、企業は既存投資を最大限保護しながら、戦略から運用までの幅広い支援を得ることができます。

デジタル時代の企業変革リーダーための情報サイト「UNITE」

 

市場環境が激変するなか、企業に問われているのがデジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)の実践と深化です。そのためには、どのような視点が求められているのでしょうか。目的に向けて組織や戦略を一体化し、ビジネスとマーケティングのあり方を変革するための、トレンドやインサイトをお届けします。


さらに詳しく ›