広告の新時代へようこそ

Adobe Advertising Cloud(旧称Adobe Media Manager)は、従来のTVとデジタルフォーマットをまたぐ広告管理のための、独立したエンドツーエンドのデジタル基盤です。TV広告や検索連動型広告、ディスプレイ広告、ソーシャル広告などをあらゆるデバイスに様々な形式で配信できる、統合されたひとつのプログラマティックソリューションとしてご利用いただけます。

Adobe Advertising Cloud
チャネル横断的な広告出稿
TV、検索、ソーシャルを含むあらゆるスクリーンや広告フォーマットで、クリエイティブ、データ、メディアバイイングをシームレスに統合できます。
コアとなるオーディエンス
優良オーディエンスセグメントを特定し洗練させることで、より的確なパーソナライズとターゲティングが可能になります。
妥協のないパフォーマンス
ブランドセーフティと広告の質を維持し、十分な透明性を保ちながら、求める成果を上げることができます。
データにもとづくクリエイティブ制作
顧客の関心と過去の行動を明らかにするデータ分析にもとづいて、最適な広告を制作できます。

Adobe Advertising Cloudがもたらす大きな効果

検索を最大限に活用

検索を最大限に活用

Adobe Advertising Cloud Searchの検索機能を使用すれば、検索マーケティング戦略で最も収益性の高い最適なオプションをシミュレートしたり、そのオプションに従って迅速に行動することができます。
 
Demand Side Platformで広告を管理

デマンドサイドプラットフォームで広告を管理

Adobe Advertising Cloud DSP(デマンドサイドプラットフォーム)は、TVやモバイルからディスプレイやソーシャルに至る様々な広告キャンペーンを単独で計画、実行、最適化、測定できるプラットフォームです。
クリエイティブの動的な最適化によって魅力的な広告を制作

クリエイティブの動的な最適化によって魅力的な広告を制作

Adobe Advertising Cloud Creativeを使用して、パーソナライズされた広告をリアルタイムで視聴者に提供できます。
TV広告の訴求力を高める。

TV広告の訴求力を高める。

Adobe Advertising Cloud TVは、データと自動化を駆使して、魅力的な顧客体験の提供を支援します。
AIで適切なオーディエンスを見つける
Adobe Senseiを活用すれば、お使いのDMPで価値の高い新たなオーディエンスを発見し、オーディエンスへのリーチをより確実に推定できます。

Adobe Advertising Cloudで実現できること

Adobe Advertising Cloudが、現代のマーケティング広告の課題解決にどのように役立っているかを、実際のユースケースでご覧ください。
 

デジタルを通じた心地よい体験により、顧客を惹きつけるために、Adobe Summit 2018で披露されたデジタル基盤の進化とは。
 

 

ビジネスがデジタルにシフトするにつれ、広告の役割は徐々に変化している。「マーケティング全体における広告の役割」を考える。
デジタル広告のメリットは、効果測定と精微なターゲティング。しかし大きな労力がかかる。これを解消する要素とは何か。
 
顧客体験中心への変革とは
 
あらゆる業界で市場構造が激変している、デジタル時代。いま企業に求められているデジタル変革あり方と、目指すべき企業の姿エクスペリエンス ビジネス(顧客体験中心のビジネス)とは、どのようなものでしょうか。
「デジタル変革ナビ」で、確かめてみましょう。
それぞれの業界をリードする国内外のブランド企業が、アドビをビジネスパートナーとして選択しています。アドビのコミュニティの一員になることで、ソリューションだけでなく、さまざまな知見やベストプラクティスも共有できるからです。また広範なアドビのパートナーエコシステムにより、企業は既存投資を最大限保護しながら、戦略から運用までの幅広い支援を得ることができます。

デジタル変革の最新情報

デジタル時代の企業変革リーダーための情報サイト「Adobe Insights」

 

市場環境が激変するなか、企業に問われているのがデジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)の実践と深化です。そのためには、どのような視点が求められているのでしょうか。目的に向けて組織や戦略を一体化し、ビジネスとマーケティングのあり方を変革するための、トレンドやインサイトをお届けします。

ようこそ
Experience League

新しい支援プログラムをご案内します。ガイドに沿った学習、専門家による個別のサポート、活発なコミュニティへの参加を通じて、Adobe Experience Cloudを最大限に活用できるようになります。