ブランドエクイティを守る

慎重に築き上げてきたブランドを守る

慎重に築き上げてきたブランドを守る
ロゴや広告、ブランド名が、問題が多く嫌悪されるようなコンテンツとともに表示される事態は避けたいものです。アドビは長年にわたる不正防止の経験を生かし、ユーザーのブランドエクイティの保護を積極的にお手伝いしています。Adobe Advertising Cloudはデジタル広告をコントロールし、ブランドイメージにふさわしくない場面やコンテンツとともに表示されないようにします。
アドビはデータ処理者に課せられる要件の多くを既に満たし、残りの要件についても遵守に向けて取り組んでいます。アドビはデータ処理者として、あらゆるAdobe Experience Cloudソリューションに利用できる単一の統合サービスの提供を目指しています。

Adobe Advertising Cloudのブランドセーフティ機能

サイトやアプリレベルでの選別

サイトやアプリレベルでの選別

専任のチームが各サイトの品質とコンテンツを確認し、違法コピーやヘイトスピーチ、過激な内容などがあれば広告在庫から削除します。
コンテクストに即したターゲティング

コンテクストに即したターゲティング

出稿する広告に関連するコンテンツのページだけをターゲットにします。また、ブランドを傷つけたり、不適切なコンテンツや特定のURLを排除することもできます。
入札前のフィルタリング

入札前のフィルタリング

広告が不適切なコンテンツとともに表示されるのを検出、防止します。

充実した保護機能

安全で効果的なメディアへの広告出稿を実現する、4つのステップをご用意しています。
充実した保護機能
詐欺の防止
ノンヒューマントラフィック(人間以外のアクセスによるトラフィック)を最小限に抑えることから始めましょう。ボットによるトラフィックの削除とブロックによって、広告を実際の人間に届けるようにします。
 
ブランドセーフティ
詐欺の可能性を最小限に留めたら、次は複数段階においてコンテンツと品質を選別します。広告はブランドにとって安全なコンテンツとともに表示されます。
 
表示の可能性
ブランドセーフティの管理体制が整えば、チャネルやデバイスをまたいで入札前に広告を最適化する仕組みを利用して、表示される可能性が高く、費用対効果の優れたメディアに広告出稿をおこないます。
 
サードパーティとの連携
サードパーティによる入札前のフィルタリングとビューアビリティレポートを追加することにより、メディアの品質をさらに高めます。

広告在庫全体にわたってブランドイメージを保ちます。

公開取引

公開取引

世界中で毎日実施されている10億件以上のオークションに一元的にアクセスできます。
直接取引

直接取引

広告提供を合理化し、パブリッシャーとの直接取引においてリアルタイム入札による意思決定を可能にします。
オンデマンド

オンデマンド

150以上に及ぶプレミアムパブリッシャーやテレビ局との取引をワンクリックで実行できます。

アドビが提供するのはユーザーのブランドセーフティだけではありません。

Adobe Advertising Cloudでブランドイメージを高めるその他の方法についてもご覧ください。