ブランドセーフティツール

アドビの業界最先端のツールを使い、広告表示の管理に最善をつくし、ブランドイメージを保ちます。ページスクリーニング機能によって不良な広告在庫を検出および削減し、入札前のフィルタリングによって不正、ブランド基準違反および視認性の問題を検出および回避します。


多方面からのブランドイメージの保護

広告のパフォーマンスを最大限に高めるには、単に優れたコンテンツやクリエイティブ、顧客第一主義にもとづいたエクスペリエンスを提供するだけでは不十分です。セキュリティの確保と両立させる必要があります。多方面からの脅威にさらされている今日において、ブランドセーフティおよび不正防止は、かつてないほど重要になっています。しかし、セキュリティを重視するあまり、キャンペーンのパフォーマンスが阻害されるようなことがあってはなりません。

不正およびブランドセーフティに対する強力な保護機能を備えた業界最先端のアドビのブランドセーフティツール群は、その両方のニーズを実現します。最適なパフォーマンスになるようキャンペーンを構築できるだけでなく、追加された安全機能によって不正や疑わしい広告在庫を検出でき、不適正なメディアへの広告出稿とそれに伴う無駄な支出を回避できます。

次のような機能があります

目標の最適化
パフォーマンスおよびブランディングの最適化に関する様々な目標をUIから直接選択できるので、主要なKPIの向上に目標を絞り込むことができます。目標には、広告の費用対効果、顧客獲得単価、クリック単価、および表示可能なインプレッションあたりのコストなどがあります。

品質および安全性
Advertising Cloudデマンドサイドプラットフォーム(DSP)は、ディスプレイ広告と動画広告をまたいで不正および不良な広告在庫を検出し、削減します。実在しないURLや偽のURLなど、疑わしいアクティビティを特定することで、不適正な広告在庫への支出を回避することができます。

マシンラーニング(機械学習)
Adobe Advertising Cloudのパフォーマンス最適化機能によって、検索連動型広告キャンペーンを最適化し、コンバージョン率を向上させることができます。

目標の重み付け
次にどこに支出すれば最も高い効果を得られるかを判断できます。Adobe Analyticsを通してサイトデータを収集し、最も重要なサイトユーザーの行動にもとづき最適化の目標を設定できます。受信するデータ量が増えるほど、最適化ツールはより効果的な入札をおこなう方法を学習できます。

業界トップレベルの連携
サードパーティとの連携によって入札前のフィルタリングおよび視認性レポートを活用することで、不正防止、検証、およびブランドセーフティの保護をさらに強化できます。

Adobe Advertising Cloudのブランドセーフティツールについて詳しく見る

常にブランドイメージを監視

不快なコンテンツに広告が掲載されたり、ブランドイメージが損なわれたりしないようにする方法について、アドビのブログでご確認ください。

ブログを読む(英語)

あらゆる意味で適正であること

ノンヒューマントラフィック(人間以外のアクセスによるトラフィック)からのインプレッションに対する補償プログラム、および不正な広告出稿を回避する方法について、ヘルプセクションでご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

エンタープライズDSPツール

高度なデータ処理によって、より優れたインサイトを入手します。生のアクティビティログが、ユーザーのデータベースやデータ管理基盤に直接つながるリッチなキャンペーンアクティビティを提供します。レポート用APIを使用して、パフォーマンス指標を広告主のネイティブアプリケーションに直接取り込みます。

プレミアム広告在庫管理

保証型のプライベート広告管理を自動化します。同様に、100以上のパブリッシャーやTV放送局から、あるいはオーディオや屋外デジタル広告、ソーシャルメディアなどの非従来型メディアからプログラマティックに提供される、オンデマンドなプレミアム広告在庫の管理も自動化します。

クロススクリーンプランナー

あらゆるスクリーンや形式をまたいで広告を計画、購入します。現行のTV広告とデジタル広告の計画およびデータセットの組み合わせを取り込み、最適な広告在庫の組み合わせやチャネルごとの予算配分を判断し、さらにオーディエンスへのリーチ、頻度、影響度などを正確に測定します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します