ブランド調査とテスト

アドビのA/Bテストツール、Experiment Designerを使い、ブランド広告の影響度を把握します。また、ブランドリフトおよびチャネルの影響度の測定には、無料のリアルタイム調査ツールを使用します。


オンラインからオフラインまで、キャンペーンを包括的に捉えます

広告キャンペーンは、ただ単にテストすればよいわけではありません。誰に対して効果があったのか、そしてなかったのかを把握することが重要です。しかしながら、従来のテストツールおよび調査ツールは相互に連携していなかったので、消費者の好感度はばらばらのまま提示され、その分析は場当たり的にならざるを得ませんでした。

Adobe Advertising Cloudの統合ブランド調査では、ばらばらだった情報がまとめられ、あらゆるキャンペーンの包括的なスナップショットをいつでも表示できます。偏りをなくすための簡単なテストと、チャネルをまたいだ評価による影響度と効果の計測によって、個々のキャンペーンの動向を常に把握することができます。

次のような機能があります

リアルタイムテストの設計
アドビ独自の使いやすいツールを使用して、A/Bテストに適した単純でわかりやすいテストを作成できます。コーディングや開発のための煩わしい手間は不要です。オーディエンスやクリエイティブのテストだけでなく、頻度、時間帯、オーディエンス、クリエイティブなど、広告出稿でターゲット化できるあらゆるものをテストできます。結果をリアルタイムで受け取ることにより、戦略を絶え間なく調整および変更できるので、継続した向上が望めます。

 

オンラインおよび実店舗を含めた結果の把握
オフラインセールスに対するオンライン広告の効果を測定することで、デジタル広告およびTV広告が実店舗のコンバージョンに与えている影響の全体像を把握できます。この包括的なアプローチによってクロスチャネルの点と点をつなぎ、よりスマートな意思決定に結び付けることができます。

完全な透明性
認知度、認識度およびインテント(検索意図)に関するブランドリフトをリアルタイムに把握し、次いでクリエイティブコンテンツ、フォーマット、オーディエンス、広告在庫のソース、リーチ、頻度についてテストすることで、クロスチャネルキャンペーンのパフォーマンスを包括的に理解できます。

Adobe Advertising Cloudのブランド調査とテストについて詳しく見る

詳細な調査を成果につなげる

的を絞ったブランド調査によって、どのように最適化や収益化を促進し、キャンペーンを成功させるために必要な情報を入手することができるのか、アドビのブログでご確認ください。

ブログを読む(英語)

関連機能

クロススクリーンプランナー

あらゆるスクリーンや形式をまたいで広告を計画、購入します。現行のTV広告とデジタル広告の計画およびデータセットの組み合わせを取り込み、最適な広告在庫の組み合わせやチャネルごとの予算配分を判断し、さらにオーディエンスへのリーチ、頻度、影響度などを正確に測定します。

多変量ターゲティング

サイト、アプリ、カテゴリーにもとづいた広告在庫のターゲティングなど、複数のオプションを使用して、理想的なターゲティングの組み合わせを選択します。または、オーディエンスセグメント、デバイスタイプ、メーカー、OS、ブラウザー、接続性、もしくは国レベルから郵便番号レベルまでの位置情報にもとづいてターゲットします。

ブランドセーフティツール

アドビの業界最先端のツールを使い、広告表示の管理に最善をつくし、ブランドイメージを保ちます。ページスクリーニング機能によって不良な広告在庫を検出および削減し、入札前のフィルタリングによって不正、ブランド基準違反および視認性の問題を検出および回避します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します