コンテンツとデータの統合

Creative CloudのアセットライブラリとAdobe AnalyticsおよびAdobe Audience Managerの顧客データを連携させ、デザインチームとマーケティングチームの緊密な共同作業を実現します。すぐにキャンペーンに使用できる承認済みのクリエイティブ要素を組み合わせて、インサイトにもとづくパーソナライズされた一連の広告を構築します。


制作チームと分析チームの連携

パーソナライズされた広告エクスペリエンスをリアルタイムで創出することは、マーケティングチームにとってもデザインチームにとっても過酷なことであり、これに異論を挟む余地はないでしょう。顧客はパーソナライズされたエクスペリエンスを求めるものですが、その要求に応えることはデザインチームにとって大きなプレシャーです。それに加えて、マーケティングチームから成果に直結するパーソナライズされた広告を求められて、苦労が増すのが常です。

しかしここで、コンテンツとデータを統合することができれば、このような不毛なサイクルに終止符を打ち、驚くほど優れた広告を作成できます。独創性に富むAdobe Creative Cloudのアセットと連携させることで、デザインチームとマーケティングチームの緊密な共同作業が可能になります。出稿するあらゆる広告クリエイティブを対象にして、エンドツーエンドの効果を測定できます。Adobe Experience Manager Assetsを使用して顧客データとパフォーマンスデータをひとつにまとめることでクリエイティブを最適化し、マーケティングキャンペーン全体で一貫性を維持できます。

次のような機能があります

Creative Cloudとの連携
すぐにキャンペーンに使用できる承認済みのクリエイティブ要素を検索およびアクセスして、一連の広告を構築します。デザインチームとマーケティングチームが協力して、ブランドイメージに即してパーソナライズされた広告の提供を追求できます。

Experience Cloudとの連携
Adobe Analytics Cloudとの連携により、オーディエンスを見つけ、あらゆる広告出稿をまたいで動的なクリエイティブを活用できます。データにもとづいて広告のパーソナライゼーションをさらに進め、パフォーマンスを測定するという一連の作業を繰り返します。

関連機能

ルールベースのエクスペリエンス

ルールベースのデシジョンツリーを利用し、カスタマージャーニー全体を通して、またデバイスやwebサイトを変えても連続性を保った広告を展開します。

クリエイティブのための直観的ワークフロー

直観的なセルフサービスUIと、様々な要素を編集できるカスタムテンプレートを使用して、ブランドの一貫性を確保するレイアウトのルールを維持しながら、デジタル広告のクリエイティブ開発コストを削減します。

カスタムクリエイティブサービス

デジタル広告の最前線に遅れることのないよう、アドビがサポートします。顧客が思わず感嘆の声を上げるようなインタラクティブな広告作成し、カスタマイズする方法を、アドビのエキスパートが披露します。単に商品の販売を目的とするのではなく、オーディエンスとの関係性が一段と深まるような広告を、最新のテクノロジーを使用して作成します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します