データ主導型ターゲティング

TV広告で使用されてきた年齢と性別という時代遅れのデモグラフィックを脱却し、視聴パターンやファーストパーティデータ、ブランドへの好感度、消費者行動、心理学的属性などを含む多面的なデモグラフィックへと進化させます。カスタムオーディエンスの行動と属性にもとづいて、視聴パターンを予測しきます。


顧客データを最大限に活用

今日のTV視聴者からは膨大なデータが得られていますが、大半のマーケターは何から始めればよいかわからず、手を出せずにいます。また、年齢や性別といった旧来の要素によるターゲティングを脱却し、ターゲットオーディエンスごとにさらに詳細にパーソナライズしようとしても、それをあらゆるスクリーンをまたいでシームレスに実現するにはどうすればよいのでしょうか。また、既存のデータを最大限に活用するためには、何が必要なのでしょうか。

データ主導型ターゲティングを導入すれば、データをより深く分析することによって目的のオーディエンスに適切なメッセージを提供し、TV広告に新しい可能性をもたらすことができます。視聴パターンを読み解けば、オーディエンスの今後の傾向を予測できます。また、ファーストパーティおよびサードパーティのデジタルデータを使用して、オーディエンスごとに最適なTV視聴プランを作成できます。Adobe AnalyticsとAdobe Audience Managerを連携させれば、既存のデータを活用して投資対効果を最大化することも可能です。

次のような機能があります

より詳細な戦略的ターゲティング
心理データや視聴パターン、ファーストパーティデータとサードパーティデータ、ブランド好感度や消費者行動などを統合してターゲティングの精度を高めることができます。また、これらのデータを活用して、より視聴者の興味関心に即したエクスペリエンスを創出できます。

アドビのデータとの連携
TV放送に関する広告取引の計画と実行について、アドビのデータを最大限に有効活用できます。

メディア消費分析
アドビのクロススクリーンプランナーを使用して、ターゲットオーディエンスへのリーチ率が高い複数のデータセグメントを組み合わせて使用できます。

データ主導型ターゲティングについて詳しく見る

データを深く分析

データ主導型ターゲティングによって価値の高いオーディエンスを見つけ出し、その数を増やす方法をご確認ください。

動画を見る(英語)

統合によってインサイトの質を向上

Princess Cruise Linesは、Adobe Advertising Cloudを使用してデータ主導型の意思決定を取り入れました。アドビのブログでご確認ください。

ブログを読む(英語)

関連機能

TV分析とアトリビューション

ブランド調査、デジタルコンバージョンとオフラインコンバージョンの測定オプション、重複分析、リーチと頻度のランキング、およびNielsen認定の透明性の高いオーディエンスリーチレポートを組み合わせて使用し、顧客のニーズを把握します。

TVからデジタルまでの包括的プランニング

デジタルからTVまで、広告プラン全体を確認し、重複箇所や費用の効率化、オーディエンスリーチの機会を特定します。デジタルデータと視聴パターンを使用して、デジタル広告と従来のTV動画広告を連動させることで、お茶の間のオーディエンスをより効果的にターゲティングします。

あらゆるTV方式に対応

あらゆる方式の電波放送およびケーブル放送の広告在庫にアクセスし、プライベートマーケットプレイスを利用して、テレビを視聴する場所や形式を問わず、消費者にリーチします。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します