ひとつのデマンドサイドプラットフォームであらゆるメディアを一元管理  

デマンドサイドプラットフォーム(DSP)がマーケティング業界で隆盛を極めています。今日、モバイルブラウザーやアプリ上のスペースに出稿するための広告取引を実施するとなれば、迷わずモバイルDSPを使用することでしょう。オンラインバナー用にはディスプレイDSP、デジタル動画には動画DSPという具合に、様々なメディアに対応した専用のDSPが存在します。一般的なDSPは一部のメディアに対応しているだけですが、アドビのDSPはあらゆるメディアに対応しています。

2つの世界を合体すれば、ビジネスチャンスが一気に広がります

広告取引も今や自動化される時代となりました。手作業ではスピードに追いつけない今日のビジネス状況を考えれば、それも当然です。メディア戦略がかつてないほど複雑になっている今、複数のサイトにわたって一斉に、容易に、webページのロード時間と同程度のスピードでほぼ瞬時に戦略を展開できるDSPが必要です。

DSPの中心的役割を担っているのはデータです。データによって個人を識別し、オーディエンスに最もリーチできる組み合わせを割り出します。しかし、DSPの中には特定のメディアタイプにしか対応していないものがあり、活用できるデータが限定されるために個人の識別が不完全になり、オーディエンスへのリーチも妨げられます。デジタル広告の取引はDSPでおこなわれるようになっている一方、従来型のTV広告は手作業によるプロセスで計画、管理することがいまだに主流となっています。しかし、その両方を統合できるなら、顧客のイメージをより詳細に把握できるでしょう。

デジタル広告とTV広告をひとつにまとめられれば、ファーストパーティ、セカンドパーティ、サードパーティ、オンライン、オフラインのあらゆるデータを単一の基盤で取り扱うことが可能になります。ゴールデンタイムのテレビCMで商品を知るところから、他社の商品と比較するために好みの検索エンジンを使用してFacebookフィードを閲覧するところまで、カスタマージャーニー全体をまたいで顧客とブランドとの関わり方を把握できます。

このような統合が進めば、ブランディングとパフォーマンスの双方のインテリジェンスを活用して認知度を高め、コンバージョンを向上させ、効率化を促進できます。統合された基盤では、あらゆる結果を、ひとつの場所から確認することができます。購入したメディア在庫を正確に管理し、ブランドの安全性が確保された質の高い場所に広告を出稿できるので、適切なオーディエンスへのリーチを最大限に高めることができます。

アドビがお手伝いします

Advertising Cloud DSPは、クロススクリーンとクロスチャネルの連携を図りながら、計画、購入、測定、最適化できる、チャネルに依存しない業界初のDSPです。あらゆる形式のTV(リニアTV、アドレサブルTV、コネクテッドTVなど)、動画、ディスプレイ、ネイティブ、オーディオ、ソーシャルメディアおよび検索キャンペーンをサポートする唯一のオムニチャネルDSPです。

即座に届くリアルタイムのレポート、カスタムレポート、未加工のアクティビティログ、レポート用APIなどを使用することで、キャンペーンのパフォーマンスを極めて柔軟に分析し、豊富な情報にもとづく最適化を短時間で実現します。アドビ独自の広告クリエイティブ管理基盤や統合されたブランド調査など、Adobe Experience Cloudの他のツールと組み合わせれば、広告の掲載スポットを購入するだけでなく、パーソナライズされた魅力的なエクスペリエンスの提供が可能になります。

Advertising Cloud DSPは、広告を管理するための、チャネルに依存しないエンドツーエンドの基盤であるAdobe Advertising Cloudの構成コンポーネントです。ブランドイメージをの一貫性を維持しながらパフォーマンスを向上させ、経済的な透明性が得られると同時に、アドビが提供するデータおよびクリエイティブ機能を存分に活用できるのはAdvertising Cloudだけです。また、グローバル規模での広告費用のコントロールが強化されることで、ビジネス目標がより達成しやすくなります。

導入のご相談

buxのロゴ

「事業をスタートした当時の顧客獲得単価(CPA)は600ドルでしたが、Adobe Advertising Cloud SearchとSocial、Displayを導入して戦略の最適化を進めた結果、CPAはわずか40ドルまで下がりました」

Danika Houghton氏、bux、最高マーケティング責任者

デマンドサイドプラットフォームの機能

クロススクリーンプランナー

あらゆるスクリーンや形式をまたいで広告を計画、購入します。現行のTV広告とデジタル広告の計画およびデータセットの組み合わせを取り込み、最適な広告在庫の組み合わせやチャネルごとの予算配分を判断し、さらにオーディエンスへのリーチ、頻度、影響度などを正確に測定します。

プレミアム広告在庫管理

保証型のプライベート広告管理を自動化します。同様に、100以上のパブリッシャーやTV放送局から、あるいはオーディオや屋外デジタル広告、ソーシャルメディアなどの非従来型メディアからプログラマティックに提供される、オンデマンドなプレミアム広告在庫の管理も自動化します。

ピープルベースマーケティング

Cookieとデバイスによる個人のターゲティングから一歩進み、複数のデバイスを関連付けてひとつの顧客プロファイルを作成します。オープンでチャネルに依存しないアドビの基盤を使えば、容易にデータを結合して、プロファイルを拡張できます。それらのプロファイルを類似(look-alike)モデリングで利用して、さらなる顧客を開拓します。

関連トピックス

その他の利点

クリエイティブ管理

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します