予測モデリング

人工知能(AI)による、目標と予算を最適に組み合わせるためのレコメンデーションを利用し、コンバージョン率を最大限高めます。検索マーケティング戦略に、予想クリック数、コスト、CPC、ランキング、および収益のモデルを使用したキャンペーン予測を活用します。


オーディエンスの次の行動を予測

限られた予算内で、できるだけ多くのコンバージョンを得なければならないとすれば、トレードオフのポイントを的確に見定める必要があります。しかし、今日の消費者は複数のデバイスを使用し、複数のチャネルを介して企業とやり取りするため、オーディエンスの行動を予測することはかつてないほど困難になっています。

予測モデリングは、アドビの人工知能およびマシンラーニング(機械学習)のフレームワークであるAdobe Senseiを利用し、設定したシナリオにもとづいて、今後最も起こりそうなことを予測します。人工知能により、オーディエンスの今後の閲覧行動を予測し、オーディエンス、デバイス、位置および時間に関する適切なパスを選択するだけでなく、判断の難しいトレードオフの意思決定もおこないます。その結果、限られた予算内でコンバージョン率をアップしたり、さらにはコンバージョン率を維持したまま、予算を削減することもできます。

次のような機能があります

予測モデリング
オーディエンスに最もリーチできる時間帯、スクリーン、キーワード検索に関するインサイトを得ると同時に、予算を最大限に節約できます。

エンゲージメントモデリング
クーポンのダウンロードなど、顧客のマイクロモーメントを特定することで、次の日に検索広告を使用してリターゲティングをおこなうなど、顧客との新しいインタラクションを計画できます。アドビの入札アルゴリズムは、Adobe Analyticsの2,000を超える指標を駆使して、セールスファネル全体を最適化します。

キーワードおよびディメンションのモデリング
アドビのマシンラーニングモデルにより、様々なディメンションをまたいで予想されるクリック数、コスト、CPC、ランキングおよび収益が提示され、その精度についてもレポートされます。キーワードの最適化では、インテント(検索意図)および入札の最適化に関するインサイトが提供されます。サポートされるディメンションには、デバイス、位置情報、曜日およびオーディエンスなどがあります。また、指標および日付を絞り込んで詳細な分析をおこない、キャンペーンのより綿密な計画に活用できます。

広告費に関するレコメンデーション
予測情報をもとに、複数の検索チャネルおよびブランドをまたいで予算を配分できます。メディアプランニングを自動化すれば、投資効果が最大になるように予算配分がおこなわれます。

 

Adobe Advertising Cloudの予測モデリングについて詳しく見る

最強の組み合わせ

Adobe Advertising Cloud SearchとAdobe Senseiの連携によって最強のインサイトを得る方法を、アドビのブログでご確認ください。

ブログを読む(英語)

一歩先を予測

予測モデリングが、なぜ広告における新たな意思決定方法になるのか、アドビのブログでご確認ください。

ブログを読む(英語)

最強の組み合わせ

関連機能

高度なキャンペーン管理

GoogleやBing、Yahoo、Yandexなどの検索エンジンをまたいで対応可能な、自動作成、動的編集およびキャンペーンレポートのための直観的なワークフローやツールによって、検索キャンペーンの作成および更新がシンプルになります。

パフォーマンスの最適化

人工知能(AI)を最適化に活用して、CPCの急激な上昇などの予期せぬ市場変化にもすばやく対応し、ポートフォリオ入札の一日あたりの目標予算の達成率を向上します。

アトリビューションと測定

Nielsenなど、業界大手が提供する測定ソリューションを使用して、オンラインとオフライン、双方のキャンペーンパフォーマンスの全貌を把握します。リアルタイムなキャンペーンデータとカスタムレポートに容易にアクセスでき、実用的なインサイトが得られます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します