TV分析とアトリビューション

ブランド調査、デジタルコンバージョンとオフラインコンバージョンの測定オプション、重複分析、リーチと頻度のランキング、およびNielsen認定の透過性の高いオーディエンスリーチレポートを組み合わせて使用し、顧客のニーズを把握します。


効果の高い広告をしっかりと見極める

新しいデバイスが市場を席巻するたびに、TV広告の世界は複雑さを増しています。スクリーンの前にいる顧客につながりたいと考えるものの、あまりにも急速に変化するTV視聴者の動向に圧倒されているというのが現状ではないでしょうか。これに新しいデータソースが加われば、視聴者のニーズに応え続けるのはさらに難しくなります。広告費の無駄をなくすには、TV広告のパフォーマンスを正確に測定、分析する方法が必要です。つまり、ターゲットオーディエンスがそもそも広告を見ているのかを判断するのです。

プログラマティックなTV分析とアトリビューションを通して、より効率的な個別のリーチが可能になることで、TV広告の展望は様変わりします。TV広告が消費者のブランドイメージにどの程度の影響を与えているかを把握したり、コンバージョンを測定することで、広告がオンラインとオフラインを含む消費者の行動にどの程度作用しているかを確認できるようになります。さらには、Nielsenのパネル参加者の過去または今後の購入を効率的にランク付けし、高価値の視聴者に対してより多くの広告を提示できます。しかも、たったひとつの強力な機能によって実現されるのです。

次のような機能があります

ブランド好感度
Adobe Advertising Cloudのブランド調査機能を使用して、TV広告が視聴者のブランドイメージにどのように作用しているかを確認できます。

コンバージョン測定
TV広告が視聴者の物理的な行動およびデジタルプラットフォーム上での行動にどのように作用しているかを把握できます。そして、デジタルおよびオフラインのコンバージョンをレビューすることで、広告が消費者のブランドエンゲージメントにどのような効果を発揮しているかを確認できます。

透明性の高いレポート
TV広告測定の業界標準であるNielsen Media Researchの戦略的なオーディエンスレポートを採用することで、最も詳細なレベルでは、放送時間帯や番組ごとのレポートを受け取ることができます(利用可能な場合)。

オーディエンスの重複
あらゆる形式のTV広告をまたいでオーディエンスの重複を測定および分析し、広告の有効性や重複している点、無駄な点を把握できます。

リーチおよび頻度の分析
Advertising Cloud TVのプランナーを使用することで、頻度を管理し、新たにリーチする機会を見つけ出すことができます。また、リニアTV、アドレサブルTV、コネクテッドTVをまたいで、より多くのターゲットオーディエンスとつながることができます。

Adobe Advertising Cloudを使用したTV分析とアトリビューションについて詳しく見る

コミュニティを活用

コミュニティフォーラムで、アドビの専門家や仲間からの回答を得ることができます。

フォーラムに参加する(英語)

関連機能

あらゆるTV方式に対応

あらゆる方式の電波放送およびケーブル放送の広告在庫にアクセスし、プライベートマーケットプレイスを利用して、テレビを視聴する場所や形式を問わず、消費者にリーチします。

データ主導型ターゲティング

TV広告で使用されてきた年齢と性別という時代遅れのデモグラフィックを脱却し、視聴パターンやファーストパーティデータ、ブランドへの好感度、消費者行動、心理学的属性などを含む多面的なデモグラフィックへと進化させます。カスタムオーディエンスの行動と属性にもとづいて、視聴パターンを予測します。

TVからデジタルまでの包括的プランニング

デジタルからTVまで、広告プラン全体を確認し、重複箇所や費用の効率化、オーディエンスリーチの機会を特定します。デジタルデータと視聴パターンを使用して、デジタル広告と従来のTV動画広告を連動させることで、お茶の間のオーディエンスをより効果的にターゲティングします。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します