TVからデジタルまで包括的にプランニング

デジタルからTVまで、広告プラン全体を確認し、重複箇所や費用の効率化、オーディエンスリーチの機会を特定します。デジタルデータと視聴パターンを使用して、デジタル広告と従来のTV動画広告を連動させることで、お茶の間のオーディエンスをより効果的にターゲティングします。


スクリーンをまたいで、オーディエンスを拡大

TVはかつて不動の地位を誇っていました。TVは、訴求力の面においても、コスト面においても、この世に初めて登場したリッチメディアであったと言えます。しかし今では、電波放送からケーブル放送、さらにはストリーミング配信まで、TVの形式は多様化しており、スクリーンやデバイスも多岐にわたっています。また、無数のデジタルスクリーンを通してコンテンツを消費する視聴者を抱えるデジタルコンテンツの台頭は、これまでのTVの地位を脅かす勢いです。そのような中、TV広告取引にあたっては、デジタル広告のプランと顧客データも網羅された、詳細なインサイトにもとづく効率的なプランを練る必要があります。つまり、重複するエリアを特定し、問題点を洗い出し、同時に新しいオーディエンスにリーチする機会を探ることができるような、クロススクリーンプランニングのためのツールを手に入れる必要があるのです。

アドビが提供する、TVからデジタルまでの包括的なプランニングは、クロススクリーン広告キャンペーンの計画および実施に役立ち、正確なオーディエンスのターゲティング、リーチの最大化、投資価値の向上を実現します。デジタル視聴者をインターネット接続TVの世帯とマッピングすることで、ケーブルテレビを解約する人や、そもそもケーブルテレビに加入したこともない人にも確実にリーチできるようなTV広告を取引できます。また、閲覧された広告や頻度に関するインサイトにもとづいて、世帯をターゲティングしたり、オーディエンスに対する広告の表示頻度を管理することで、視聴者の広告疲れを減らします。

次のような機能があります

クロススクリーンプランナー
TV広告への投資において、様々なスクリーンをまたいでターゲットオーディエンスにリーチできるプランを構築する、アドビのメディアプランニングツールを使用できます。

TV視聴のプランニング
視聴パターンから今後の視聴習慣を予測したり、コンテンツ、カテゴリー、または視聴された番組にもとづいて有力な世帯を特定できます。

オーディエンス中心のプランニング
ファーストパーティおよびサードパーティのデジタルデータを使用してリニアTVの広告取引をプランニングすることで、デジタル広告とオフラインの動画広告を連動させることができます。

 

Adobe Advertising Cloudを使用したTVからデジタルまでの包括的なプランニングについて詳しく見る

広告の自動化を推進

押し寄せるプログラム化の波がマーケティング業界をどう変えていくかについて、アドビブログでご確認ください。

ブログを読む(英語)

関連機能

TV分析とアトリビューション

ブランド調査、デジタルコンバージョンとオフラインコンバージョンの測定オプション、重複分析、リーチと頻度のランキング、およびNielsen認定の透明性の高いオーディエンスリーチレポートを組み合わせて使用し、顧客のニーズを把握します。

データ主導型ターゲティング

TV広告で使用されてきた年齢と性別という時代遅れのデモグラフィックを脱却し、視聴パターンやファーストパーティデータ、ブランドへの好感度、消費者行動、心理学的属性などを含む多面的なデモグラフィックへと進化させます。カスタムオーディエンスの行動と属性にもとづいて、視聴パターンを予測します。

あらゆるTV方式に対応

あらゆる方式の電波放送およびケーブル放送の広告在庫にアクセスし、プライベートマーケットプレイスを利用して、テレビを視聴する場所や形式を問わず、消費者にリーチします。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Advertising Cloudの機能についてご案内します