インサイトはもちろん、インサイトにもとづくアクションを重視

キャンペーンのパフォーマンスや顧客の反応の良いコンテンツを把握するなど、マーケターは重要なインサイトを獲得するために時間をかけたいものです。基本的なweb解析から、あらゆる関係者がデータにもとづいて行動するインサイト重視の文化の形成まで、Adobe Analyticsがお役に立ちます。

web分析から開始

20年にわたるデジタルイノベーションを経た現在でも、web分析は依然として企業の意思決定の中核を担っています。しかしこの20年間で様々な変化がありました。それらの変化の最前線を歩んできたアドビは、「The Forrester Wave™: web分析」レポートでリーダーに選ばれています。人工知能(AI)やマシンラーニング(機械学習)などの高度なテクノロジーを活用し、訪問回数やページビュー数、バウンス率だけでなく、様々なデータを分析して収益増につながる顧客インサイトを見つけ出すことができます。

チャネル分析とマーケティング分析を活用

今日のモバイルに慣れ親しんだ顧客は、ウェアラブルデバイスやIoT機器を利用し、実店舗に足を運んだりコネクテッドカーを運転したりします。適切なチャネル分析およびマーケティング分析をおこなうことで、これらのあらゆるチャネルにおいて魅力的なエクスペリエンスの提供が可能になります。Adobe Analyticsは、webやモバイル、動画、IoT、アプリ、ソーシャルなど、あらゆるチャネルのデータを統合できる機能が評価され、「Gartner デジタルマーケティング アナリティクス市場のマジッククアドラント 2017」レポートにおいてリーダーと評価されています。統合したデータをリアルタイムで分析することで、これまでにないレベルで顧客に対する理解を深めることができます。

アトリビューションを重視

企業はコンテンツやキャンペーンに多額の費用を投じています。そのため、カスタマージャーニーの中でも特に重要な段階に投資することが不可欠です。Adobe Analyticsはペイド、オウンド、アーンドのあらゆる顧客接点の影響度を把握できることが評価され、「The Forrester Wave™ : デジタルインテリジェンス プラットフォーム 2019」 レポートにおいて「リーダー」評価を獲得しました。ルールベースのアトリビューションとアルゴリズムによるアトリビューションを組み合わせ、マシンラーニングと高度な統計手法を利用することで、常に的確な投資判断を下すことができます。

予測分析を有効活用

企業はほとんどのケースで、データを利用しても過去に関するインサイトしか収集できていません。Adobe Analyticsの予測分析機能を利用すれば、より効果的にデータを活用できます。人工知能とマシンラーニングを利用した予測ツールはアドビの製品戦略の中核を担っており、GartnerやForresterのレポートでリーダーに選ばれ続ける理由になっています。Adobe Senseiとの緊密な連携により、あらゆる関係者が一貫して、かつてないほどのスピードでビッグデータを有効活用できます。 

ユーザー事例

三井不動産は、グループのシナジーを高めるために、各社が持つデータを統合分析できる環境を整えました。多様な側面を持つお客様の深い理解につながっています。

国内最多の商品を取り扱うYahoo!ショッピングは、Adobe Analyticsの導入によりスピーディな分析環境でデータドリブン経営を加速しました。

TSUTAYAは、​Adobe Analyticsで全社横断的な顧客行動解析を実施。それにより一人一人の顧客体験を高める1to1レコメンドを実現しました。

関連トピックス

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。