Adobe Analyticsのユーザー事例

「Adobe Analyticsは当社のデジタルマーケティング戦略の基盤になっています。顧客に対する理解を深めることができるので、より効果的にパーソナライズをおこない、コミュニティでの交流を活発化できます。この2年間で、ソーシャルメディアを含む当社のデジタルチャネル全体でエンゲージメントが500%向上しました」

Otto Rosenberger氏、Hostelworld Group、CMO

顧客の行動に関するインサイトと、そのインサイトをアクションにつなげるツールを導入することで、Hostelworldはホステル関連サービスを刷新しました。顧客は各自のニーズに合わせ、リアルタイムでパーソナライズされた予約サービスを利用できるようになりました。

「ダッシュボードを表示し、リアルタイムで重要なオンラインイベントを監視できる機能によって、チームの業務が効率化され、パフォーマンス向上に集中できるようになりました。ブラックフライデーのキャンペーンでもwebサイトの更新でも、Adobe Analyticsならリアルタイムでパフォーマンスを監視し、エラーを検出できます」

Scott Sturcke氏、Epson America、オンラインマーケティングマネジメントディレクター

Epsonは多様な顧客層のカスタマージャーニーを最適化し、エクスペリエンスのレベルを高めたいと考えていました。そこで役に立ったのがAdobe Analyticsです。プロセスを高速化し、最小限の労力で異常値を検出できるようになりました。

「こうした新しいコンテンツを手早く作成できることが利点ですが、さらにすばらしい点は、顧客の反応を詳細に把握し、それに合わせてエクスペリエンスを最適化できることです」

Joost van Dun氏、Philips、コーポレートエクスペリエンス担当ITマネージャー

Philipsは、デジタルマーケティングの手法を刷新しようとしていました。アドビの製品を利用することで、顧客によるページの利用状況をすばやく効率的に測定し、カスタマージャーニーの全体像を把握できるようになりました。

「キャンペーンがどれだけ成功するかを予測できるので、顧客に他のチャネルではなく当社のwebサイトでの予約を促すうえで、どのキャンペーンが最適であるかがわかります」

Ahmed Elemam氏、WestJet、シニアデジタルアナリスト

WestJetは、より効果的にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供したいと考えていました。Adobe Analyticsによって、クロスチャネルのマーケティングキャンペーンのあらゆるデータを統合し、それぞれのエクスペリエンスが顧客の行動にどのように影響しているのかをマーケターが把握できるようになりました。

「Progrexionの顧客になり、以降も継続的にサービスを利用する可能性が最も高いのは、問い合わせてきた顧客です。クロスチャネルのエクスペリエンスを強化して、コールセンターを通じた問い合わせ件数を増やし、売り上げ増につなげるためには、どこに力を入れるべきなのかを的確に把握する必要がありました」 

Kirk Nielson氏、Progrexion、PMO担当アシスタントディレクター

Progrexionはweb分析を利用して、より有用な対話を交わすことで、あらゆるセグメントやチャネルで顧客との関係を強化しました。 

「アトリビューションデータを利用して、キャンペーンとチャネルをまたいだ理想的な予算配分を可能にする予測分析の活用を進めています」

Alexander Gaertner氏、DER Touristik、デジタルアナリティクス責任者

旅行客は最初から最後まで、詳細にパーソナライズされたエクスペリエンスを求めています。DER Touristikはそのニーズに応えるために、データ管理を通じて顧客体験の質を高め、収益を増加させています。

日産はコミュニケーションを改善し、顧客満足度と信頼性を高めることで、販売サイクルを短縮しました。

Sky UKは、Adobe Campaignを使用して毎月600件を超えるキャンペーンを展開し、電子メールやダイレクトメール、モバイル、プッシュ通知などの複数チャネルをまたいで一貫性のあるメッセージを提供しています。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。