Adobe Analyticsと他社製品の比較  

市場には多数の分析ツールが出回っていますが、Adobe Analyticsは、アナリストレポートでの評価や顧客満足度が常に他社製品を上回っています。その理由を説明します。

マーケティング分析ソリューションを選ぶ際の重要な評価基準について、無料のガイドをご覧ください。

他社製品

Adobe Analytics


収集と測定

限られた数のソースからデータを収集し、サンプリングをおこなうので、特定の時点での完全なデータセットの一部を表示することしかできません。

音声やOTT(オーバーザトップ)、オーディオ、IoT機器など、幅広いチャネルからデータを収集でき、あらゆるデータにいつでもアクセスできます。


調査と理解

カスタマイズしにくい静的なダッシュボードとレポートを利用するので、データ分析が難しく、時間がかかります。

専門技術を持つアナリストとマーケターの両方が利用できるインタラクティブなダッシュボードで、セグメントの作成と適用、アルゴリズムによるアラートの設定、効果的なビジュアライゼーションなどを、思考を妨げることなくスピーディーにおこなうことができます。


予測とモデル構築

データサイエンス機能が限定的で、関係者の誰もが使用して行動に活かすことは困難です。

予測分析アルゴリズム、組み込みの統計分析機能およびAdobe Senseiのマシンラーニング(機械学習)を活かし、アナリストとマーケターの両方がデータサイエンス機能を活用できます。


共有と行動

他のデジタルサービスとの連携機能が限定的であったり、使いにくかったり、欠けていたりするので、インサイトにもとづくアクションが困難または不可能です。

Adobe Experience Cloudのに含まれる、Adobe Audience Manager、Adobe Target、Adobe Campaignなどのトップクラスの製品との連携機能を利用できるので、インサイトにもとづくアクションを迅速かつ容易におこない、ワールドクラスの顧客体験を提供できます。


Select


Prime


Ultimate


社内の分析施策

新しい分析施策

成熟した分析施策

高度な分析施策

Analysis Workspaceでの高度分析
データテーブル、ビジュアライゼーション、各種コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメント、時間粒度)を、何個でもプロジェクトにドラッグ&ドロップできます。

ルールベースのアトリビューション
ファーストタッチ、ラストタッチなど。

オフラインデータの統合
CRMシステムなどの他のソースからオンラインまたはオフラインの企業データ(ロイヤルティプログラムのレベルなど)をインポートして統合し、分析用のディメンションとして追加できます。

3

15

200

セグメントIQによる高度なセグメント化
あらゆる指標とディメンションを自動的に分析することにより、セグメント間の統計的に最も有意性の大きい差異を特定します。

異常値検出
データ内の予期しないトレンドを自動的に検出します。

貢献度分析
データ内の隠れたパターンを発見して統計的な異常値の原因を明らかにし、顧客の予期しない行動の背後にある相関関係を特定します。

10トークン(実行数)

20トークン(実行数)

その他の予測ツール
統計モデリングと機械学習を利用した高度なインサイト。

別途ご購入

別途ご購入

別途ご購入

アルゴリズムアトリビューション
機械学習を使用し、様々なチャネルにわたってアトリビューションを割り当てます。

別途ご購入

別途ご購入

別途ご購入

価格

Adobe Analytics Select

導入のご相談

Adobe Analytics Prime

導入のご相談

Adobe Analytics Ultimate

導入のご相談

Adobe Analytics Select

エンタープライズ規模の分析でオーディエンスを発見
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Prime

エンタープライズ企業向けのマルチチャネル顧客インテリジェンス
あらゆるチャネルをまたぐリアルタイムなデータによって、顧客を理解し、新しいインサイトを見つけて課題を特定します。モバイル アプリの有効性を計測して、あらゆるデバイスで顧客がデジタルエクスペリエンスとどのように関わっているかを把握します。

Adobe Analytics Select

エンタープライズ向けの分析機能。
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Select

エンタープライズ向けの分析機能。
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Select

エンタープライズ向けの分析機能。
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Select

エンタープライズ向けの分析機能。
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

他社製品
限られた数のソースからデータを収集し、サンプリングをおこなうので、特定の時点での完全なデータセットの一部を表示することしかできません。

Adobe Analytics
音声やOTT(オーバーザトップ)、オーディオ、IoT機器など、幅広いチャネルからデータを収集でき、あらゆるデータにいつでもアクセスできます。

他社製品
カスタマイズしにくい静的なダッシュボードとレポートを利用するので、データ分析が難しく、時間がかかります。

Adobe Analytics
専門技術を持つアナリストとマーケターの両方が利用できるインタラクティブなダッシュボードで、セグメントの作成と適用、アルゴリズムによるアラートの設定、効果的なビジュアライゼーションなどを、思考を妨げることなくスピーディーにおこなうことができます。

他社製品
データサイエンス機能が限定的で、関係者の誰もが使用して行動に活かすことは困難です。

Adobe Analytics
予測分析アルゴリズム、組み込みの統計分析機能およびAdobe Senseiのマシンラーニング(機械学習)を活かし、アナリストとマーケターの両方がデータサイエンス機能を活用できます。

他社製品
他のデジタルサービスとの連携機能が限定的であったり、使いにくかったり、欠けていたりするので、インサイトにもとづくアクションが困難または不可能です。

Adobe Analytics
Adobe Experience Cloudに含まれる、Adobe Audience Manager、Adobe Target、Adobe Campaignなどのトップクラスの製品との連携機能を利用できるので、インサイトにもとづくアクションを迅速かつ容易におこない、ワールドクラスの顧客体験を提供できます。

アナリストによる比較

Forrester Wave™:デジタルインテリジェンスプラットフォーム 2017

Forrester Wave™:web分析(2017年第4四半期)

Magic Quadrant for Digital Marketing Analytics 2017

詳しくはこちら

「キャンペーンがどれだけ成功するかを予測できるので、顧客に他のチャネルではなく当社のwebサイトでの予約を促すうえで、どのキャンペーンが最適であるかがわかります」

Ahmed Elemam氏、WestJet、シニアデジタルアナリスト

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。