広告分析

Google AdWordsやYahoo、Bingなどの検索エンジンからインプレッション数、クリック数、コスト、位置、品質の各スコアを容易にインポートできます。これらのトラフィックや費用の指標を、Adobe Analyticsでサイト側のエンゲージメントやリアルタイムコンバージョンに関連付けることが可能です。


広告データを一元管理

広告がビジネスにとって非常に重要になり、インサイトの必要性が特に重要視されています。しかし、これまでの広告スペースは断片的で透明性も低く、広告データを他のデータとともに分析することは、可能ではあっても厄介な問題でした。

Adobe Analyticsを利用すれば、チーム間の分断やデータの分散を解消し、広告の状況を関係者全員が明確に把握できるようになります。リアルタイムデータを取得できるので、データにもとづいてオーディエンスに応じた魅力あふれる広告を作成できます。また、その広告が効果的かどうかを確認することもできます。

シンプルな設定

GoogleやBing、Yahooなどのログイン資格情報を結び付けて、Adobe Analyticsとのネイティブ統合を有効にできます。

シームレスな共有

パフォーマンスの高いセグメントを共有することで、パーソナライゼーション、メッセージ、類似性、リーチを強化できます。

安全なコラボレーション

アナリスト、広告主および代理店が、担当するキャンペーンや関連のある指標のみを表示できるようにアクセス権限を詳細に制御することが可能です。

広告分析の詳細

広告データを分析

Analysis Workspaceで広告データを分析することにより、広告と分析を隔てる垣根を取り払う方法を紹介します。

動画を見る(英語)

広告分析の機能概要

Adobe Spark Pageを用いた広告分析の説明コンテンツで、各種機能やFAQ、ユースケース、活用例などの詳細をご確認ください。

さらに詳しく(英語)

AnalyticsとAdobe Advertising Cloudを連携

このヘルプページでは、Adobe AnalyticsとAdobe Advertising Cloudの連携によって得られる大きなメリットについて説明します。

連携について確認(英語)

関連機能

柔軟な分析

Analysis Workspaceを使えば、堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成できます。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度)をプロジェクトにドラッグ&ドロップして分析します。

異常値検出

統計モデリングで指標を分析して値の下限、上限、予想される範囲を決めることにより、データ内の予期しないトレンドを自動的に特定できます。予期しない急上昇や急下降が見つかった場合は、レポート上で通知されます。

貢献度分析

データ内の隠れたパターンを発見して統計的な異常値の原因を明らかにし、予期せぬ顧客の行動や範囲外の値、特定指標の突然の上昇や下降の背景にある相関関係を、オーディエンスセグメントをまたいで特定できます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。