オーディエンス分析

Adobe AnalyticsとAdobe Audience Manager(DMP)の連携により、デモグラフィック情報やサイコグラフィック情報、CRMデータ、広告インプレッションデータなどのオーディエンスデータを任意のAnalyticsワークフローに組み込むことができます。


オーディエンスを容易に把握

オーディエンスをより的確に把握すれば、それだけ多くの価値を提供できます。実際には、まずオーディエンスの外面的な特徴を把握し、次に内面的な特徴を理解することが必要になります。オーディエンスの行動や自社のブランドとのやり取りなどを把握することには、非常に大きな価値があります。しかし、オーディエンスがどのような人物で、何を好み、どのような動機で行動するかを理解することには、それ以上に大きな価値があります。

これらを実現する初の試みがAnalyticsとAudience Managerの統合であり、この統合環境では、DMPと分析エンジンの間でオーディエンスデータを容易に共有できます。セグメント共有が合理化されることで、より包括的にオーディエンスを把握および理解できるようになります。

革新的テクノロジー

市場初となるDMPと分析エンジンの製品レベルでの連携を活用しています。

リアルタイム共有

Audience ManagerのセグメントをリアルタイムでAnalyticsと共有し、オーディエンスの発見、セグメンテーション、最適化に活用できます。

顧客プロファイルの拡充

あらゆるAudience Managerセグメントがデフォルトで共有されるので、Analyticsで顧客プロファイルを拡充できます。

容易な連携

コードの変更を最小限に抑えた、ユーザーインターフェイスによる連携を実現します。

オーディエンス分析の詳細

既存のセグメントの統合

Audience Managerのセグメントを、リアルタイムでAnalyticsと共有する方法について説明します。

動画を見る(英語)

セグメントの使用とセグメントに対するアクションの実行

セグメントを使用してオーディエンスデータを分析、比較、フィルター処理する方法について説明します。

動画を見る(英語)

オーディエンス分析の詳細

Adobe Experience Cloudのヘルプページで、ワークフローやユースケース、FAQなど、オーディエンス分析の詳細をご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

柔軟な分析

Analysis Workspaceを使えば、堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成できます。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度)をプロジェクトにドラッグ&ドロップして分析します。

高度なセグメント化

アドビのセグメントIQ機能では、あらゆる指標とディメンションを自動的に分析することにより、セグメント間の統計的に最も有意性の大きい差異を、セグメント数の制限なしに特定できます。自社のKPIを左右する重要なセグメント特性が自動的に見つかります。

マルチチャネルデータの収集

アドビの測定用オープンプロトコルでは、音声や動画、コネクテッドカー、IoT機器、CRM、インターネットなど、あらゆるソースからデータを収集できます。また、JavascriptやモバイルアプリSDKのデータ収集ライブラリを利用することもできます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。