A/Bテストによるセグメンテーション

様々なターゲティングプラットフォームやアルゴリズムモデルの効果を主要業績評価指標(KPI)にもとづいてテストするために、セグメントを相互排他的なグループに分割します。これにより、成功指標に確実にフォーカスできます。


デザインだけでなくプラットフォームのテストも実施

キャンペーンの準備には時間とコストがかかるため、最も成果の上がる配信先を見極める必要があります。しかし、テストは一筋縄ではいきません。ある配信先で好ましい結果が得られているように見えたとしても、実際には、デバイスタイプなどの不均衡な変数が考慮されず、偏った結果になっている可能性があります。

従来のA/Bテストでは、クリエイティブごとの比較のみをおこなってきました。しかしAdobe Audience ManagerのAudience Lab機能では、クリエイティブの比較だけでなく、DSPを含む広告やコンテンツの様々な配信先の相互テストを実施できます。Adobe Senseiを利用したAudience Labでは、セグメントを相互排他的なテストグループに分割して様々な配信先にマッピングすることで、最善の結果をもたらす配信先を特定できます。また、Adobe Audience Managerは、プラットフォームにテストツールを組み込んだ唯一のデータ管理プラットフォーム(DMP)であり、インサイトからアクションにすばやく移ることができます。

次のような機能があります

広告配信先の比較
相互排他的なテストセグメントを作成して様々な配信先の効果を比較、測定することで、セグメントのコンバージョン率やマッチング率が高い配信先を検出できます。

クリエイティブの比較
Audience Labでは、同じ配信先に複数のクリエイティブを送信して、最も効果的なデザインやメッセージを見極めることができます。

データプロバイダーとモデル
Audience Labでは、データプロバイダーやモデルのテストも実施できます。異なるデータセットを使用して、複数の類似(look-alike)モデルを作成し、最も良好な結果につながるものを特定できます。

広告タイプ
Audience Labでは、パブリッシャー向けの様々な広告商品だけでなく、動画やバナーを含む様々な広告タイプのテストも可能です。これにより、CPMを最適化する広告タイプを特定できます。

A/Bテストによるセグメンテーションの詳細

失敗から学ぶ

A/Bテストで見られる典型的な2つの失敗とその回避方法についてご覧ください。

さらに詳しく(英語)

新たなテスト手法

他の様々なテスト手法とそれぞれの特徴をご覧ください。

さらに詳しく(英語)

A/Bテストの詳細

A/Bテストを実施して最適な選択肢を判別する方法についてご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

Audience Marketplace

アドビの安全性の高いプライベートなマーケットプレイスを利用して、サードパーティデータを容易に売買したり、セカンドパーティデータのパートナーシップに参加できます。

リアルタイム配信先連携

セグメント情報のリアルタイムな転送を可能にするために、多数の配信先をアクティブ化します。顧客がサイトを訪れ行動を起こすたびに更新される顧客情報を活用し、顧客にリアルタイムにリーチします。顧客がサイトを訪問したりサイト上でアクションを実行するたびに顧客情報を更新することで、常に最適なタイミングで顧客にリーチできるようになります。

オーディエンス分析

Adobe Analyticsからの双方向のリアルタイムデータ転送により、他の追随を許さない顧客インテリジェンスを獲得します。2つのソースを統合したオーディエンス分析を実施し、セグメントレベルのパフォーマンスを示す強力な統合レポートを生成し、最適化に活用します。

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。