到達可能なオーディエンス

DSPのようなターゲティング基盤とオーディエンスの重なりを分析し、セグメントをアクティブ化する前にキャンペーンのリーチを予測します。


オーディエンスの数より確実なリーチの方が重要

オーディエンスの数をやみくもに増やすだけでは意味がありません。重要なのは、その配信先を選んだとき、どれだけの人が実際にメッセージを目にすることができるかです。そして、リーチを拡大するには、様々なチャネルに向けて、パーソナライズされたリアルタイムのエクスペリエンスを提供する必要があります。

到達可能なオーディエンスの機能により、各種広告サーバーを含む様々な配信先ごとに、リーチ可能なオーディエンスの合計人数を把握できます。これにより、アクティブ化する前にマッチング率を検討し、メディア予算と主要業績評価指標(KPI)をより正確に予測することが可能になります。また、到達可能なオーディエンスでは、遡る期間を設定して、指定期間における利用者の実数を調べることもできます(ライフタイムでの遡及も可能)。こうした機能を活用することで、よりスマートなメディアバイイングを展開できます。

次のような機能があります

予測と計画
オーディエンスのターゲティングとアクティブ化のために配信先へ送信するセグメント像を明確に理解することで、将来に向けた精密な計画を立案できます。

容易な共有
的確なオーディエンスセグメントの構築とターゲティングに役立つデータを配信先パートナーに送信できます。アドビは主要な配信先との100を超えるサーバー間統合により、技術面でのオーバーヘッドを低減し、共有を容易にしています。

到達可能なオーディエンスの詳細

サイエンスとマーケティングの融合

オーディエンスを魅了し、マッチング率を高める方法を、アドビのホワイトペーパー「Activating Audiences Across Channels」でご確認ください。

さらに詳しく(英語)

到達可能なオーディエンスについて

到達可能なオーディエンスの作成方法と、メッセージ受信率を高める方法について、ご覧ください。

さらに詳しく

関連機能

ターゲット市場のセグメンテーション

セグメントビルダーを使用してプロファイルを様々なセグメントに分類し、最も価値の高い利用者をターゲティングしたり、セグメントの人数をリアルタイムに測定してキャンペーン成果の向上に生かします。

類似(look-alike)モデリング

Adobe Senseiを利用したアドビ独自のTraitWeightアルゴリズムによって、主要な顧客の外側にリーチを拡大し、ユニークで価値の高いオーディエンスをサードパーティデータから新たに見つけ出します。

リアルタイム配信先連携

セグメント情報のリアルタイムな転送を可能にするために、多数の配信先をアクティブ化します。顧客がサイトを訪れ行動を起こすたびに更新される顧客情報を活用し、顧客にリアルタイムにリーチします。顧客がサイトを訪問したりサイト上でアクションを実行するたびに顧客情報を更新することで、常に最適なタイミングで顧客にリーチできるようになります。

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。