オーディエンス分析

Adobe Analyticsからの双方向のリアルタイムデータ転送により、他の追随を許さない顧客インテリジェンスを獲得します。2つのソースを統合したオーディエンス分析を実施し、セグメントレベルのパフォーマンスを示す強力な統合レポートを生成し、最適化に活用します。


2つのエンジンを使用した強力な分析

豊富な顧客データを所有し、価値の高いセグメントを把握していたとしても、オーディエンスが次にどのようなアクションを取り、どのようなメッセージに反応するかを予測することは困難です。 

オーディエンス分析は、Adobe Analyticsが創出するインサイトやレポートとAdobe Managerのデータを組み合わせて活用します。顧客がデジタルコンテンツを訪れるたびに、オーディエンスセグメントの情報を収集してAdobe Analyticsに送信し、分析をリアルタイムに進めます。Adobe Analyticsなら、利用者とセグメントごとの全体像を把握するために、データの活用とワークフローを統合できます。

次のような機能があります

詳細なレポート
Adobe Analyticsはデータを分析し、複数のソースにもとづくカスタマイズされたレポートを作成します。Analyticsのレポートは、セカンドパーティやサードパーティのソース、メディアキャンペーン、登録ファイルなどから入手した特性を包括的に考慮し、データソース別ではなく、セグメントの観点からのインサイトを提供します。

リアルタイム共有
Adobe Audience Managerは、Adobe Analyticsとリアルタイムにデータを共有します。常に正確かつ適切な情報にもとづいてオーディエンスやセグメントを把握し、効果的なキャンペーンを構築できます。

プライバシーと利用条件
プライバシーと利用条件を侵害せずに共有できるデータだけがAdobe Analyticsに送信されます。Adobe Audience Managerのデータプライバシー制御を使用すれば、各データソースのプライバシーの設定を制御できます。

オーディエンス分析の詳細

よくある質問と回答

オーディエンス分析の仕組みに関するFAQをご覧ください。

さらに詳しく

顧客インテリジェンス

異なる動機を持ち、別々の行動を取る消費者の姿は、企業にとって捉えどころが無いように映るかもしれません。顧客を煩わせることなく、相手をあらゆる側面から理解し、コミュニケーション施策に活かす方法を解説します。

ガイド「動機を読み解く」を読む

関連機能

ターゲット市場のセグメンテーション

セグメントビルダーを使用してプロファイルを様々なセグメントに分類し、最も価値の高い利用者をターゲティングしたり、セグメントの人数をリアルタイムに測定してキャンペーン成果の向上に生かします。

A/Bテストによるセグメンテーション

様々なターゲティングプラットフォームやアルゴリズムモデルの効果を主要業績評価指標(KPI)にもとづいてテストするために、セグメントを相互排他的なグループに分割します。これにより、成功指標に確実にフォーカスできます。

ID管理

ターゲティングパラメーターの絞り込みや拡大のために、デバイスを個人レベルや世帯レベルにリンクさせる方法を定義します。設定したプロファイルルールにもとづいてIDを管理し、あらゆるデバイスをまたいで一貫性のあるエクスペリエンスを提供します。

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。