Data Explorer

構造化および非構造化データから特性を生成することで、オーディエンスの創出とセグメンテーションを改善します。これにより、Adobe Audience Managerに流入するあらゆるデータを活用して、すばやいアクションにつなげます。


実効力のあるデータを活用

マーケターの最大の目標は、エンゲージメントを高め、見込み客を生み出せる価値の高いキャンペーンを展開することです。かつて、マーケターの成功は、終わりのないデータ分析や特性の識別、セグメントの作成などに左右されていました。しかし、今は別の選択肢があります。

Data Explorerなら、非構造化データからトレンドのシグナルを迅速にとらえる独自の能力を備えた強力な機能スイートを利用できます。Signalsが提供するレポートから直接特性を作成し、すばやく活用できます。これにより、特性の作成にかかる時間を短縮し、データにもとづく優れた意思決定の方に時間を費やせるようになります。

次のような機能があります

Data Explorerがもたらす価値

価値の高いオーディエンス獲得の強化
万が一の場合に備えて、事前にあらゆる特性を作成する必要はありません。価値の高い特性のみを作成、維持するだけで、より優れたシグナルを獲得できます。

ワークフローの向上
シグナルのインサイトからアクションにつながる特性をわずか数クリックで獲得し、ワークフローの効果を最大化します。履歴データを検証し、リアルタイムに特性を追加できます。

非構造化データの利用
未使用のシグナルからデータを取得して、構造化および非構造化データから特性を作成できます。データの収集前には定義していなかった行動にもとづく特性も作成可能です。

データ逸失の回避
特性に関する過去のデータを復元して活用することで、あらゆるインタラクションを把握できます。

Adobe Audience ManagerのData Explorerの詳細をご覧ください

新しいData Explorerをもっと知る

新しいData Explorerをもっと知る

アドビブログでは、Data Explorerの詳細についてご紹介しています。

Data Explorerについて記事を読む

関連機能

データ収集

CRM、顧客ID、コールセンター、PoS、IoTデバイス、セットトップボックスなど、様々な顧客接点でのやり取りや公開された情報から得られるオンラインとオフラインのデータを横断的に集約します。

デバイスグラフ

Adobe Audience Managerにデバイスレベルのデータを取り込み、決定論的モデルと確率論的モデルの両方でデバイスをリンクします。ファーストパーティデータやプロファイルリンクからのログインデータ、Adobe Experience CloudのDevice Co-opデータなどを使用してデバイスグラフを作成したり、外部デバイスグラフを使用してリーチを拡大します。

データフィード

ユーザーID、特性ID、セグメントIDのほか、カスタム分析やモデリングに使用できる様々なパラメーターを含む大量のデータをダウンロードします。このデータは外部システムで使用することも、Adobe Audience Managerにセグメントとして返すことも可能です。

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。