エクスペリエンス中心型のデータ管理基盤(DMP)で始めるエクスペリエンスビジネス

DMPの能力は、企業の競争力に直結します。DMPは、社内組織に分散していたデータをひとつに集約し、決して知ることのできなかったオーディエンスの理解を促進します。従来のDMPはメディアベースのソリューションですが、Adobe Audience Managerは新しいタイプのデータソースとエクスペリエンスにもとづくテクノロジーに対応した次世代型のDMPであり、価値の高いオーディエンスセグメントをより適切に定義し、活性化します。

データを統合して全体像を把握

次世代型のレンズを通して顧客をさらに深く理解

今日の顧客は、かつてないほどのパワーを持っています。企業といつどこで接触するか、完全に無視するかを自身の判断で選択できます。顧客にリーチしようとする企業は、顧客の属性や、顧客が探している商品、顧客が次に購入しそうな商品など、実に多くの情報を把握する必要があります。

適切なDMPは、あらゆるデータソースを統合し、POS、CRM、web、電子メールなどから収集したファーストパーティデータに加え、セカンドパーティやサードパーティから購入したデータを取り込み、顧客の全体像を構築します。また、データセキュリティとアクセス制御の実現、部門別データの集約、データからアクションへの転換、大規模なデータ管理といった課題に対応し、顧客への注目を維持します。

さらに重要なのは、優れたDMPはメディアベースの要素だけでなく、あらゆるマーケティングテクノロジーに対応できるという点です。オーディエンスセグメントから実用的なインサイトを導き出し、より正確なターゲティングとパーソナライズされた顧客体験を複数のチャネルをまたいで実現します。

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Adobe Audience Managerは、Adobe Experience Cloudとシームレスに統合できる次世代型のデータマーケティング基盤です。様々なチャネルをまたぐデータイン統合とデータアウト統合の両方に対応し、価値の高い顧客に最適なエクスペリエンスをタイミング良く提供することができます。 

Adobe Audience Managerは、顧客体験を中心とするDMPであり、分散しているアセットを収集し、つなぎ合わせて、顧客インテリジェンスを促進できます。このソリューションは業界のリーダーと認められ、「The Forrester Wave™:データ管理プラットフォーム(2017年第2四半期)」では現行製品の中で最高ランクに位置付けられています。

導入のご相談

関連機能

デバイスグラフ

Adobe Audience Managerにデバイスレベルのデータを取り込み、決定論的モデルと確率論的モデルの両方でデバイスをリンクします。ファーストパーティデータやプロファイルリンクからのログインデータ、Adobe Experience CloudのDevice Co-opデータなどを使用してデバイスグラフを作成したり、外部デバイスグラフを使用してリーチを拡大します。

ID管理

ターゲティングパラメーターの絞り込みや拡大のために、デバイスを個人レベルや世帯レベルにリンクさせる方法を定義します。設定したプロファイルルールにもとづいてIDを管理し、あらゆるデバイスをまたいで一貫性のあるエクスペリエンスを提供します。

データ収集

CRM、顧客ID、コールセンター、POS、IoTデバイス、セットトップボックスなど、様々な顧客接点でのやり取りや公開された情報から得られるオンラインとオフラインのデータを横断的に集約します。

関連トピックス

その他の利点

リアルタイムアクション

オーディエンスのセグメンテーション

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。