データプライバシー制御

組み込まれている制御機能によって、データプライバシーや使用許諾契約に違反するデータ利用を回避します。データの使用方法とデータの使用者、さらに個人情報(PII)に関連付けるデータソースや配信先を制御できます。


しっかりとしたデータ保護機能で信頼を維持

顧客は企業を信頼してデータを預けています。パートナー各社も企業を信頼しています。PII は慎重に扱う必要があり、顧客の信用を失うような使い方をしてはなりません。そこで重要になるのが、データプライバシーやコンプライアンス、ガバナンスを重視したデータ管理プラットフォーム(DMP)です。

Adobe Audience Managerでは、PII はDMPに入力する前に匿名化し、PII に関連付けるデータソースや配信先を明示的に制御できます。この制御によって、プライバシーや使用許諾契約に違反するようなデータ利用を回避します。利用者のタイプごとに権限レベルを設定し、慎重な扱いを要するデータソースを特定の利用者グループから遮断することができます。

次のような機能があります

データレベルでの制御
個々のデータを法規制にもとづいて利用するための方法を設定します。情報をデータレベルで分類することで、顧客やパートナー、規制機関などから入手したデータが、要件に違反しない配信先にのみ送られるように制御します。

配信先の使用
データ書き出しラベルによって、規制対象の特性を持つデータセグメントが配信先に送られることを防止できます。Cookieと配信先のURLに複数のラベルを設定できます。

役割のカスタマイズ
役割ベースのアクセス制御により、アクセスできる機能やデータソース、パートナー、エージェンシーなどを設定できます。

データプライバシー制御の詳細

データ書き出し制御のセキュリティ設定

データプライバシー制御の詳細と、慎重な扱いを要するデータソースを一部の利用者グループから遮断する方法について、ご確認ください。

さらに詳しく

Adobe Audience Managerの活用ヒント

DMPを有効に活用するためのヒントやコツをご覧ください。

さらに詳しく

関連機能

Audience Marketplace

アドビの安全性の高いプライベートなマーケットプレイスを利用して、サードパーティデータを容易に売買したり、セカンドパーティデータのパートナーシップに参加できます。

オーディエンス分析

Adobe Analyticsからの双方向のリアルタイムデータ転送により、他の追随を許さない顧客インテリジェンスを獲得します。2つのソースを統合したオーディエンス分析を実施し、セグメントレベルのパフォーマンスを示す強力な統合レポートを生成し、最適化に活用します。

データ収集

CRM、顧客ID、コールセンター、PoS、IoTデバイス、セットトップボックスなど、様々な顧客接点でのやり取りや公開された情報から得られるオンラインとオフラインのデータを横断的に集約します。

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。