デバイスグラフ

決定論的モデルと確率論的モデルの両方のリンク手法を使用して、デバイスの向こう側にいる相手を理解します。ファーストパーティのログインデータとプロファイルリンクを使用してデバイスグラフを作成したり、Adobe Experience CloudのDevice Co-opを使用して規模を拡大したり、外部デバイスグラフを使用してリーチを拡大できます。


リーチを広げてオーディエンスを拡大

今日の広告テクノロジーを利用すれば、パーソナライズされたメッセージをターゲットデバイスに送信することは容易にできます。しかし、商品やサービスの購入を判断する顧客は、デバイスではなく人です。つまり、様々なデバイスの向こう側にいる人にリーチする必要があり、そのためには雑多なメッセージを送信したり、連続性のない顧客体験の提供を避けなければなりません。 

デバイスグラフを使用すれば、デバイスグループを定義する一連のIDをマッピングし、これらのデバイスを個人や世帯に関連付けることができます。これにより、顧客のデバイスを包括的に把握し、幅広いオーディエンスセグメントをリアルタイムにターゲティングできます。そして、どのようなスクリーンを使用する顧客接点に対しても、一貫性のあるカスタマイズされた顧客体験を創出できます。

次のような機能があります

プロファイルリンク
CRMレコードなどのファーストパーティデータや、オンラインの認証イベントなどにもとづき、決定論的モデルにもとづく独自のデバイスグラフを作成できます。

外部デバイスグラフ
外部パートナーとの連携により、決定論的モデルと確率論的モデルにもとづくリンク手法を使用するデバイスレベルデータを組み込むことができます。

Adobe Device Co-op
Device Co-opに参加している他の企業とデバイスに関するデータを共有、公開できます。

デバイスグラフの詳細

デバイスリンクの機能

デバイスをリンクし、デバイスグラフを活用して一貫性のある顧客体験を提供する方法について、ご覧ください。

さらに詳しく

複数のデバイスをまたいでオーディエンスを追跡

Adobe Device Co-opを活用し、複数のデバイスをまたいでオーディエンスを追跡する方法をご覧ください。

Device Co-opの動画を見る

関連機能

ID管理

ターゲティングパラメーターの絞り込みや拡大のために、デバイスを個人レベルや世帯レベルにリンクさせる方法を定義します。設定したプロファイルルールにもとづいてIDを管理し、あらゆるデバイスをまたいで一貫性のあるエクスペリエンスを提供します。

データ収集

CRM、顧客ID、コールセンター、PoS、IoTデバイス、セットトップボックスなど、様々な顧客接点でのやり取りや公開された情報から得られるオンラインとオフラインのデータを横断的に集約します。

データプライバシー制御

組み込まれている制御機能によって、データプライバシーや使用許諾契約に違反するデータ利用を回避します。データの使用方法と個人情報(PII)に関連付けるデータソースや配信先を制御します。

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。