ID管理

ターゲティングパラメーターの絞り込みや拡大のために、デバイスを個人レベルや世帯レベルにリンクさせる方法を定義します。顧客がログインしているときや匿名で接触しているときに、エクスペリエンスをパーソナライズする方法を決定します。設定したプロファイルルールにもとづいてIDを管理し、あらゆるデバイスをまたいで一貫性のあるエクスペリエンスを提供します。


複数のデバイスを使用する顧客にも一貫性のある顧客体験を提供

今日、ほとんどの人が個人でスマートフォンやタブレット、ノートPC、スマートウォッチなど、複数のネット接続デバイスを使用しています。また、世帯ごとに共有して使用するデバイスまでを考慮すれば、使用デバイスの数は増加し、複雑さはさらに高まります。しかし、顧客は企業に自分の情報を一度提供したら、あらゆる接点で、どのデバイスを使用しても、一貫性のあるエクスペリエンスが提供されることを期待しているのです。 

Adobe Audience Managerのプロファイル結合ルールでは、オーディエンスのセグメンテーションに使用するデバイスデータの種類とレベルを制御できます。同じ世帯の利用者は、商品の購入を世帯内で相談して決定する場合が多く、デバイスをグループ化して関連付け、メッセージの送信先を制御する機能が有効です。また、特定の利用者がログインしたときに、その利用者のみにメッセージを見せるように厳密に指定することも可能です。

次のような機能があります

ターゲットの絞り込み
顧客がログインしたとき、または前回のログインアクティビティにもとづいて、その顧客専用のオファーを提供できます。Adobe Audience Managerなら、認証済みプロファイルとデバイスオプションを利用して正確なパーソナライズを適用できます。

ターゲットの拡大
ターゲティングに利用できるデータセットのサイズを増やすことで、世帯を構成するメンバーやデバイスを共有するメンバー全員にリーチできます。デバイスグラフとプロファイル結合ルールを利用すれば、データ主導型のアプローチによってリーチを拡大できます。

ID管理の詳細

プロファイルのエキスパートになる

デバイスプロファイルと顧客プロファイルの違いについて、ご覧ください。

さらに詳しく

デジタルマーケティングに欠かせない要素

データ管理プラットフォームを最大限に活かす5つのベストプラクティスをご紹介します。

さらに詳しく

関連機能

デバイスグラフ

Adobe Audience Managerにデバイスレベルのデータを取り込み、決定論的モデルと確率論的モデルの両方でデバイスをリンクします。ファーストパーティデータやプロファイルリンクからのログインデータ、Adobe Experience CloudのDevice Co-opデータなどを使用してデバイスグラフを作成したり、外部デバイスグラフを使用してリーチを拡大します。

リアルタイム配信先連携

セグメント情報のリアルタイムな転送を可能にするために、多数の配信先をアクティブ化します。顧客がサイトを訪れ行動を起こすたびに更新される顧客情報を活用し、顧客にリアルタイムにリーチします。顧客がサイトを訪問したりサイト上でアクションを実行するたびに顧客情報を更新することで、常に最適なタイミングで顧客にリーチできるようになります。

ターゲット市場のセグメンテーション

セグメントビルダーを使用してプロファイルを様々なセグメントに分類し、最も価値の高い利用者をターゲティングしたり、セグメントの人数をリアルタイムに測定してキャンペーン成果の向上に生かします。

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。