リアルタイム配信先連携

セグメント情報のリアルタイムな転送を可能にするために、多数の配信先をアクティブ化します。顧客がサイトを訪れ行動を起こすたびに更新される顧客情報を活用し、顧客にリアルタイムにリーチします。顧客がサイトを訪問したりサイト上でアクションを実行するたびに顧客情報を更新することで、常に最適なタイミングで顧客にリーチできるようになります。


顧客の期待を上回る体験をリアルタイムに提供

今日の社会では、あらゆるものが早いペースで進行します。顧客も企業にすばやい対応を求めており、リアルタイムの応答とパーソナライゼーションを期待しています。この期待に応えて好機をつかむためには、早い段階から顧客の性質を見極め、セグメント化することが必要です。

Adobe Audience Managerは、顧客がサイトを訪れ、行動を起こすたびに、サーバーサイド接続を使用して最新のセグメントを多数の連携先に送信します。他のデータ管理プラットフォーム(DMP)よりもリアルタイム性に優れた連携先を使用することで、より多くの顧客に最適かつ最新の顧客体験を提供できます。

次のような機能があります

サーバー間の統合
Adobe Audience Managerは、コンテンツプロバイダーがデータを送信すると即座にターゲティング用の新しい特性とセグメントを作成します。サーバー間のリアルタイムなデータ転送と一括転送をサポートしています。

配信先ビルダー
配信先ビルダーのインターフェイスで配信先を安全に作成、管理、削除できます。これにより、導入前のテストに要する時間を短縮し、すばやくアクティブ化することができます。

最新のセグメンテーション設定
リアルタイム転送に対応する最新のセグメンテーションを活用し、顧客の興味関心に即したコンテンツを提供し、特定のコンバージョンポイントにもとづいてキャンペーンを調整できます。

リアルタイム配信先連携の詳細

データ転送の詳細

リアルタイムのデータ転送を設定し、適切なタイミングで顧客にリーチする方法についてご覧ください。

さらに詳しく

リアルタイムインタラクション管理

自分好みの情報を求める顧客に対し、そのニーズをくみ取り、それに合った最適な情報を提供する方法を解説します。

ガイド「思いがけない冒険を」を読む

関連機能

ターゲット市場のセグメンテーション

セグメントビルダーを使用してプロファイルを様々なセグメントに分類し、最も価値の高い利用者をターゲティングしたり、セグメントの人数をリアルタイムに測定してキャンペーン成果の向上に生かします。

A/Bテストによるセグメンテーション

様々なターゲティングプラットフォームやアルゴリズムモデルの効果を主要業績評価指標(KPI)にもとづいてテストするために、セグメントを相互排他的なグループに分割します。これにより、成功指標に確実にフォーカスできます。

到達可能なオーディエンス

DSPのようなターゲティング基盤とオーディエンスの重なりを分析し、セグメントをアクティブ化する前にキャンペーンのパフォーマンスを予測、計画します。データを広告サービスやDSP、広告ネットワークなどの配信先と共有する選択肢もあります。

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。