リアルタイムのアクションにデータをすばやく活用

リアルタイムに対応ができるかどうかが、顧客を長期的に獲得できるか、競合他社に顧客を奪われるかの分岐点になることがあります。従来の手作業によるプロセスを脱却し、データ管理プラットフォーム(DMP)全体をまたいでリアルタイムのアクションを可能にすれば、データとインサイトを有効利用して、最適なエクスペリエンスを適切なタイミングで提供できます。

必要なときに必要なスピードで対応

現代の速いペースについていくのは容易ではありません。大量に収集されるデータを分析しても、レポートが完成するときにはすでにそのインサイトは古くなっている可能性があります。問題をさらに悪化させているのは、旧式のDMPです。古いDMPは静的なデータしか扱えず、リアルタイムに繰り返されるデータ更新のメリットを生かすことができません。

マーケティングテクノロジーにリアルタイムのアクションを取り入れるには、エクスペリエンス中心型の最新のDMPが必要です。つまり、リアルタイムに転送されるデータを取り込み、配信先にすばやくデータを送信できるDMPです。リアルタイムにデータを生み出すソースと、分析してインサイトを導き出すツールも必要です。さらに、新しいセグメントの作成、顧客情報の更新、リターゲティングなどをリアルタイムに実行できる機能が不可欠です。

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Adobe Audience Managerは、顧客が起こす行動をリアルタイムに追跡します。この行動データから有益なインサイトをリアルタイムに獲得し、最新版のセグメントをサーバー間転送によって様々な配信先に送信できます。 

Adobe Senseiのインテリジェンスを使用してみれば、アドビの類似(look-alike)モデリングは非常に高速で、リーチのすばやい特定と拡大に役立つことがわかるでしょう。また、セグメントのA/Bテストという業界初の機能を備えた組み込みのAudience Labを利用することで、セグメントの有効性を測定し、結果をリアルタイムに把握できます。

導入のご相談

「優れた顧客体験の提供はデータから始まります。当社ではAdobe Audience Managerをデータウェアハウスの中枢に据え、顧客インサイトを活用するための基盤にしています」

Gordon Ho氏(Princess Cruises、グローバルマーケティング兼北米セールス担当シニアバイスプレジデント)

リアルタイムアクション機能

リアルタイム配信先連携

セグメント情報のリアルタイムな転送を可能にするために、多数の配信先をアクティブ化します。顧客がサイトを訪れ行動を起こすたびに更新される顧客情報を活用し、顧客にリアルタイムにリーチします。顧客がサイトを訪問したりサイト上でアクションを実行するたびに顧客情報を更新することで、常に最適なタイミングで顧客にリーチできるようになります。

類似(look-alike)モデリング

Adobe Senseiを利用したアドビ独自のTraitWeightアルゴリズムによって、主要な顧客の外側にリーチを拡大し、ユニークで価値の高いオーディエンスをサードパーティデータから新たに見つけ出します。

オーディエンス分析

Adobe Analyticsからの双方向のリアルタイムデータ転送により、他の追随を許さない顧客インテリジェンスを獲得します。2つのソースを統合したオーディエンス分析を実施し、セグメントレベルのパフォーマンスを示す強力な統合レポートを生成し、最適化に活用します。

関連コンテンツ

その他の利点

オーディエンスインサイト

データ管理プラットフォーム

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。