ターゲット市場のセグメンテーション

セグメントビルダーを使用してプロファイルを様々なセグメントに分類し、最も価値の高い利用者をターゲティングしたり、セグメントの人数をリアルタイムに測定してキャンペーン成果の向上に生かします。


ターゲットを絞り込んで精度を向上

サイトの訪問者は誰でも、そこで費やす時間に見合った体験を求めています。訪問者が知りたいのは、その企業が自分のニーズを理解しているかどうかです。だからこそ、精密なセグメンテーションが必要になります。 

そこで役立つのが、アドビのセグメントビルダーツールです。このツールを使用すれば、パーソナライズされたメッセージを送信するための、的確に絞り込まれたターゲットオーディエンスセグメントを作成できます。セグメントビルダーでは、まず「シグナル」と呼ばれる単一の特性(価格、色、性別など)を定義します。次に、シグナルを組み合わせて、オーディエンスを絞り込むための特性を作成します。最後に、これらの特性を組み合わせてセグメントを作成します。サイトの訪問者をセグメントグループに分けて整理することにより、類似したキャンペーンメッセージを送信してオーディエンスを活性化できます。

次のような機能があります

ブール演算
「AND」、「OR」、「AND NOT」などの演算子を使用してグループの特性をすばやく組み合わせ、適切に絞り込まれたオーディエンスにリーチできます。

自動セグメンテーション
上級ユーザーならば、コードエディターをプログラミングして、オーディエンスのセグメンテーションの基準を作成できます。セグメントの作成を自動化することで、マーケターはキャンペーンに専念できるようになります。

リーセンシーとフリークエンシー
訪問者を日々のアクションの発生や反復にもとづいてセグメント化します。これはサイトやセクション、特定のクリエイティブに対する訪問者の実際の(または認識された)関心レベルによって判定できます。

セグメントサイズの見積り
Adobe Senseiによって、セグメントの人数をリアルタイムで見積り、これから構築するオーディエンスのサイズを把握できます。この情報は、適切に絞り込まれたオーディエンスにリーチするために役立ちます。

ターゲット市場のセグメンテーションの詳細

シグナル、特性、セグメントの活用法

小さなデータ要素を活用してセグメントを構築し、キャンペーンの成果を向上させる方法をご覧ください。

さらに詳しく

セグメントビルダーの使い方

検索機能やポップアップオプションなどの詳細をご覧ください。

さらに詳しく

関連機能

到達可能なオーディエンス

DSPのようなターゲティング基盤とオーディエンスの重なりを分析し、セグメントをアクティブ化する前にキャンペーンのパフォーマンスを予測、計画します。データを広告サービスやDSP、広告ネットワークなどの配信先と共有する選択肢もあります。

Audience Marketplace

アドビの安全性の高いプライベートなマーケットプレイスを利用して、サードパーティデータを容易に売買したり、セカンドパーティデータのパートナーシップに参加できます。

A/Bテストによるセグメンテーション

様々なターゲティングプラットフォームやアルゴリズムモデルの効果を主要業績評価指標(KPI)にもとづいてテストするために、セグメントを相互排他的なグループに分割します。これにより、成功指標に確実にフォーカスできます。

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。