Analytics for Audio

顧客のデジタルオーディオエクスペリエンスに対する理解を深めましょう。Analytics for Audioを使用すれば、再生されている音声コンテンツとユーザー、コンテンツ変更の理由、再生履歴などを確認できます。それにより、デジタルオーディオコンテンツのリーチを拡大したり、ユーザーの興味を最大化したりできます。


顧客の言葉に耳を傾け、魅力的なコンテンツを提供

音声コンテンツと顧客のエンゲージメントを詳細に把握すれば、顧客がコンテンツの聴取を開始、停止する場所を正確に把握できます。Analytics for Audioの包括的な「ハートビート」機能(10秒間隔)を活用すれば、再生、一時停止、ミュート、四分位数、完聴取数、聴取期間などの重要な指標を用いてコンテンツを追跡できます。

過去と現在のデータをベンチマーク評価することにより、同時聴取しているオーディエンスを割り出して正確なリーチを測定したり、ユニークオーディエンスを特定します。また、こうした分析から導出されたインサイトを活用すれば、デジタルオーディオのレコメンデーションをパーソナライズし、購読のアップグレードを促すタイミングを把握し、オーディオ広告によってエンゲージメントを向上させることなどが可能になります。

ダウンロードされたオフラインコンテンツの追跡

インターネット接続の有無にかかわらず、コンテンツをダウンロードしてからの顧客行動の全体像を把握できます。

フェデレーテッド分析

消費状況の包括的な全体像を把握するために、コンテンツ配信会社からオーディオ分析データを受け取り、共有します。

リアルタイム分析

トレンドになっている音声をリアルタイムに計測して、人気のあるコンテンツを把握します。

オーディオ広告指標

広告分析により、自社のオーディエンスにとって最も魅力的な広告の長さ、位置、種類などを特定します。

音声、モバイルアプリケーション、サイトアクセス情報の統合

異なるコンテンツとデバイスをまたいで、カスタマージャーニー全体とナビゲーションパターンを追跡します。

ユーザー指標を用いて分平均のオーディエンス数を把握

コンテンツを聴取している毎分ごとの平均ユニークオーディエンス数を、デバイスをまたいで正確に測定します。

Adobe AnalyticsのAnalytics for Audioについて詳しく見る

オーディオ広告にも対応

オンラインとオフラインをまたぐオーディオコンテンツの分析を、業界で初めて提供

Analytics for Audioを使用して顧客のアクセス経路や離脱地点、次のアクセス先、離脱した理由などを特定する方法についてご紹介しています。

記事を読む

視聴デバイスを顧客ごとに把握

オーディオ広告にも対応

アドビブログでは、クロスチャネル広告キャンペーンをデジタルオーディオ形式で展開する方法について解説しています。

さらに詳しく(英語)

オーディオ広告にも対応

関連機能

Analytics for Video

Analytics for Video

複数のプラットフォームをまたいで視聴者のエンゲージメントを正確に測定することにより、視聴エクスペリエンスの予測とパーソナライズの精度を高めます。Analytics for Videoは主要指標を標準化し、詳細な分析とアトリビューションを実施し、データをAdobe Analyticsの他のソリューションと容易に共有し、セグメント化して統合します。

マルチチャネルデータの収集

アドビの測定用オープンプロトコルでは、音声や動画、コネクテッドカー、IoT機器、CRM、インターネットなど、あらゆるソースからデータを収集できます。また、JavascriptやモバイルアプリSDKのデータ収集ライブラリを利用することもできます。

フロー分析

フォールアウトおよびフロー分析では、事前に定義した一連のページ内で訪問者が離脱した場所や次に進んだ場所などを表示します。セグメントの比較やファネルステップの順序変更、値の組み合わせを可視化しておこなえます。

Adobe Analyticsがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Analyticsがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。